山野草図鑑歳時記3

ブログ 『山野草図鑑歳時記2』の続編です。 ★ は自薦ブログ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

                               * 2014.11.27



3506) ハナヤスリ (コヒロハハナヤスリ)


 『おお! なんだ!? この植物は??・・・・』

 その全体は独特の花穂をもった単子葉系の植物に見えるが、根元の葉を見るとだだ広い葉の双子葉系植物に見える。

 その穂の部分は2cm程のものだが、花穂というには遠すぎる。手でたまたま触ったら、穂の部分から「胞子」のような粉がファ〜ッと空気中に飛び散ったのだ。

 『これは、もしかしたら、シダ類(*A*)なのかも・・・・・』

 それこそ、見たことも、聞いたこともないものだった。

 
 例の親切なサイト(*B*)に尋ねたところ、[T・O]さんから「ハナヤスリ」の仲間ではないかというお返事をいただいた。ハナヤスリ、コヒロハハナヤスリ、ヒロハハナヤスリなどはどうだろうと、貴重なコメントをいただいたのである。

 「ハナヤスリ」と聞いて、ピ〜ンときた。その花穂の部分のことだと直感したのだ。その部分は、言われてみると、確かに、『平たい棒の鑢(やすり)』に似ているのだ。

 この「ハナヤスリ」というシダ植物は、意外にも珍しい種類のものかもしれないので、どこで見つけたかを明かす訳にはいかない。

 ハナヤスリ科には、ヒロハハナヤスリ、コヒロハハナヤスリ、ハマハナヤスリ、そのほかに、ハナワラビ科(*C*)のフユノハナワラビ、アカハナワラビ、オオハナワラビ、ナツノハナワラビ、ナガボノナツノハナワラビなどがあるようであるが、これら2グループを同じ科とする考えもあるようである。

 このハナヤスリは、どうも「コヒロハハナヤスリ」のようだ。小さな葉(草体)の方のハナヤスリの「コヒロハハナヤスリ」というのである。
 本当は珍しいのかどうか全く解からないのだが、決して、多い植物ではないと短い山野草の観察経験からそう思う。


 今後、この『ハナヤスリ』という名前を忘れることは無いだろうと思う。

 (コヒロハ)ハナヤスリの成体では葉の上の分枝として胞子葉(花柄に見えるところ)をつける。この胞子葉は栄養葉(葉に見えるところ)の基部かその近くから枝が出て、栄養葉の葉身の面から上向きに出るので、全体としては立体的な構造をとる。
 外見的には、広がった葉の間から穂が伸びているように見える。ハナヤスリやハナワラビの「ハナ(花)」という呼称は、この印象によるものらしい。
 胞子葉には葉身がなく、軸の両側に胞子嚢が並んだ状態である。なお、これらの葉や根などの各部分が他のシダ類(*)の植物体のどこと対応しているのか、あるいは対応が取れるのかどうかについては定説がないという。

 近年の分子系統解析から、マツバラン類(*)に近縁であるという結果が出てきているらしい。このことから、このハナヤスリ類はマツバラン綱に含めるという体系が主流派になってきている。マツバランの見かけ上 原始的な特徴が二次的なものであると考えられている。

 まあ、変な格好のシダ類であることには間違いがない。





*【参照HP】 シダ類(*A*): a. シダ植物(*1547):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/51191621.html ]、b. ホウライシダ[](*3370):[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/11837519.html ]、c. オオアカウキクサ[](*3321):[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/11430986.html ]、d. オオアカウキクサ[](*3322):[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/11435965.html ]、e. ホウビカンジュ(*2494):[ http://blogs..co.jp/ryujumihouchida/60546159.html ]、f. サイゴクホングウシダ [もしくは、ホングウシダ ?](*2268):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/59611086.html ]、g. トラノオシダ(*1723):[http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/54535822.html ]、h. トラノオシダ[](*1919):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/57103308.html ]、i. オオハナワラビ [ハナワラビ属](*2693):[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/7474770.html ]、j. ゼンマイ[](*1645):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/53396057.html ]、k. ゼンマイ(*1496):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/51451350.html ]、l. ベニシダ(*1660):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/53543619.html ]、m. ベニシダ(の一種)[](*3405):[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/12114463.html ]、n. カナワラビ(*1593):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/52537231.html ]、o. カナワラビ [コバノカナワラビ?](*1593):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/52537231.html ]、p. ヒメカナワラビ(*2124):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/58833563.html ]、 例の親切なサイト(*B*):草花を愛でる方々のためのお尋ねBBS:[ http://www2.ezbbs.net/18/jswc_3242/ ]、 ハナワラビ科(*C*):⇒ オオハナワラビ [ハナワラビ属](*2693)★:[ http://blogs.yahoo.co.jp/rsytw766/7474770.html ]、 マツバラン類(*C*):⇒ a. マツバラン(*52):[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/27636391.html ]、b. マツバラン[](*2217)★:[ http://blogs.yahoo.co.jp/ryujumihouchida/59223241.html ]

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これはこれは、また分かり易い名前ですねー。一度聞いて、写真を一度見たら、こんな惚けた頭でも忘れない名前ですね。納得しました。

2014/12/13(土) 午後 1:24 meganeoyaji 返信する

顔アイコン

[眼鏡親父]さま、こんばんは。

この『ハナヤスリ』・・多分、珍しいのではないかと思います。本当に、一度見て、名前を覚えれば、忘れることはないと思いますが、
今回の経験を自体を忘れなかったらですね、、、
自信ないなあ…

2014/12/14(日) 午後 7:48 [ rsytw766 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事