全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

死神の精度 伊坂幸太郎
文春文庫 2008年 550円

今までに読んだ伊坂作品(「陽気なギャング」「アヒルと鴨」)は面白かったけれど、予約してまでは・・・という感じです。ただ、もらい物が何冊か積んであります。

「死神を語り手にした物語」とは言っても、ちょっとした人情物です。六篇の連作は、「千葉」という名前をもつ、当局?から調査のために派遣された死神が担当したケースです。人間ではなく死神なので、死を直前にした場面でも常に無感動ですが、人がよく使う言い回しに疎いので、とぼけたユーモラスなキャラクターという設定です。死神の中でも仕事熱心な方なので、期限いっぱい対象に付き合って、たいていは死の直前までを見届けることになるのです。

死神「千葉」が担当した対象だけメモしておきます。
「死神の精度」電気メーカーお客様苦情係の若い女性
「死神と藤田」昔かたぎの中年ヤクザ
「吹雪に死神」吹雪の山荘に泊まる中年主婦
「恋愛で死神」不器用な片恋をしている青年
「旅路で死神」殺人を犯したばかりの少年
「死神対老女」海辺の美容院の70歳の美容師

最後の話が前の方の中途半端な終わり方の話とさりげなく繫がっているので、全体としてのまとまりが良くて楽しめましたよ。こういう仕掛けはホントにうまいですね。ただ欲を言えば、六篇続けて読むと、死神のキャラクターの作り方が少しくどい気がしますし、言い回しにいちいち引っかかってくるのが気になったり、語り口に違和感があったり、人情話がわりとウスッペラだったりと、ああ、やっぱり若い読者向けなんだなあ〜。(スミマセン、年寄りのヒガミです。)

閉じる コメント(6)

人情話の出来不出来はありましたよね〜。僕が一番気に入ったのは「死神対老女」の繋がり方はさすがに上手かったですよね^^人間と違う死神という客観性で人を描写したのも好みでしたし、人が別に好きってわけじゃないけど嫌いでもないMUSIC好きな死神もHITでしたw

2008/10/29(水) 午前 2:01 チルネコ 返信する

顔アイコン

チルネコさん、この小説に対する好感度は、死神のこのキャラクターを気に入るかどうかによるのかしら。
私としては、クールすぎるような、「クールに振舞おうとしてるけどちょっと違うよ、君」みたいな感じです。いや、死神だから人間の尺度があてはまるはずもないですよね(笑)。

2008/10/29(水) 午後 8:34 retro 返信する

人気の伊坂さんを「薄っぺらい」とは、なかなか言えなかったことをよくぞ言ってくださいました(笑)。ストーリーやキャラ作成は得意でも、人間を書いていないんです。もっとも、そこで勝負している作家ではないのでしょうから、「ユーミンは歌が上手じゃない」と言うようなものかもしれませんが(笑)。

2008/10/31(金) 午後 11:28 りぼん 返信する

顔アイコン

りぼんさん、なるほどね。ユーミンの喩えに笑いました。
伊坂作品は、高い評判に期待しすぎてしまったのです。
でもやっぱり「ゴールデンスランバー」を読みたいですから。

2008/11/2(日) 午前 11:08 retro 返信する

私は伊坂作品のリンクやシンクロが好きです。なので、最終章でゾクリとしてしまいました。まだ、若いのかな?(。-∀-)ニヒ
トラバさせて下さいね。

2008/12/2(火) 午後 3:39 金平糖 返信する

顔アイコン

金平糖さん、作品を超えたリンクはコアなファンにとってすごく楽しみな部分なんでしょうね。
私にとっては、伊坂作品は前評判が高すぎて期待しすぎなんですね。

2008/12/5(金) 午後 11:14 retro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事