全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
最後の陪審員(上・下) ジョン・グリシャム
新潮文庫 2007年 各700円

もらい物の未読本を探してきました。リーガル・サスペンスなのかと思って読み始めましたがその要素は少なくて、楽しく読み終わりました。

大学を出たばかり23歳のジャーナリスト志望のウィリーは、破産しかけた地方新聞のオーナー編集人となる。ミシシッピー州の田舎町ではめったにお目にかかれない凶悪事件(レイプ殺人)が起きた。犯人は、悪名高い有力者パジット家の一員ダニー。陪審員評決の結果有罪となるも、おおかたの予想に反して死刑にはならなかった。9年の後ダニーは仮釈放され、当時の陪審員が次々に狙われる。ダニーは再度拘留されるが、なんと皆の目の前で狙撃された。

小説の主題はサスペンスよりも、1970年代のディープサウスの社会情勢にあるようです。陪審員として選ばれた黒人女性カリアを通して描かれる差別の実態。ウィリーの教会訪問の記事から読み取れるバイブルベルトと呼ばれるディープサウスの宗教状況。しかしそれ以上に、その時代のミシシッピーの田舎町へのノスタルジーが色濃く描かれています。

また新米のジャーナリストのウィリーが社会経験を積んで成長していく姿、友人となった黒人女性カリアとの心温まる交流などが好意的に描かれて、一種の成長物語にもなっています。祖母に借りた金で買い取った新聞社を10年の後に非常な高額で売却するというアメリカンドリームも、エンターテインメントを盛り上げ、軽い仕上がりです。

リーガル・サスペンスでありながら、1960年代へのノスタルジーを扱ったスコット・トゥローの「われらが父たちの掟」を思い出しました。純文学風のかなり重い作品で、あれもよかったなあ。このごろずっと図書館に行けないので、エンタメ本ばかりになってしまい多少不満足です。

足のギプスがやっと取れて、近場なら自動車の運転は出来そうです。リハビリして早く図書館に行きたい!!

閉じる コメント(2)

アバター

グりシャムはたいてい読んでいるはずなのですが、これは未読みたいです。
今でこそ、黒人の大統領がいるぐらい変わってきたけれど、少し前までは本当に人種差別はひどく、特に深南部では黒人に対する偏見も相当強かったでしょう。若者の成長物語としても楽しめそうです。
ギプス、とれておめでとうございます。ただ、くれぐれも無理をなさらないでください。

2011/12/9(金) 午前 4:54 Tomato 返信する

顔アイコン

Tomatoさん、私は『ペリカン文書』くらいしか読んでいないような気がします。ずっと本棚に寝かしてあった本で、もっと速く読めばよかったと思いました。

2011/12/11(日) 午前 11:38 retro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事