全体表示

[ リスト ]

ご無沙汰しています。本を読んで読書メーターに記録するだけの日々が半年以上続きました。久しぶりに会った友人にブログの更新がないねと言われて、ここをのぞきに来ましたが、他人のブログのような気がします。
 年末なのに暇になってしまい、(年賀状はまだですが)、読んだ本を思い出してみました。
まずは今読み終わった本から。さかのぼって、できる限り記録しておきます。図書館に返却してしまった本、B○○K ○FFに行ってしまった本はもう思い出せないかも。

イメージ 1

のろのろ歩け 中島京子
2012年 文藝春秋 1300円


中短編3つ。それぞれ三人の若い日本女性の、北京、台湾、台北の街での、さまざまな出会いが、リアルにあるいは少々ファンタジックに描かれています。

『北京の白い服』:20世紀末、北京でファッション雑誌の創刊をマネジメントする夏美。中国人スタッフと夏美の、価値観や意識の齟齬をとおして、いろいろなものが見えてくる。中国社会の伝統と発展、異文化交流、一人の女性の戸惑いと自信などが、さりげなくうまく書かれている。

『時間の向こうの一週間』:上海万博の直後だろうか、先に赴任した駐在員の夫のもとにやってきた亜矢子は、一人で住居を探す羽目になる。夫に頼まれたからと案内をしてくれたイーミンという男性に連れられて、ノスタルジックな上海を味わい夢のような時間を過ごすのだが・・・。人との触れ合いの妙、現代の中国の抱える混沌など、これもいろいろなことを感じさせてくれる。

『天燈幸福』:母の遺した「台湾にいるおじさん」という言葉をきっかけに台北に旅行にでた美雨は、不思議な旅のなかで、母の過去と台湾の過去に出会う。

第一話で、「漫漫走(のろのろ歩け)とはTake it easy!のような別れのあいさつ。」だと教えてくれたコージって、第二話の光司なのでしょうか。だとしたらまた、一人の男の10年の物語もほんのちょっと見えてくるような気がします。

同じ著者の作品は『女中譚』を読みました。トリビュート作品はとりつきにくかったのですが、これはいいですね。ソフトでさわやかな口あたりの中に、深い味わいがあります。

閉じる コメント(2)

アバター

わぁ、おひさしぶりです。
作品は読んでないのに、うれしくってコメしてます。
私もずっと読書関係の書庫は閉じたまま更新していません。
来年は少しずつ更新したいなと思うのですが。
中島京子さん、興味あります。今度手に取ってみましょう。

2012/12/15(土) 午後 8:42 Tomato 返信する

顔アイコン

Tomatoさん、お久しぶりです。
読んだ本を、読んだ端から忘れてしまうので、一回サボるとなかなか立ちあげられません。
それに、ブログをやってないと、読みたい本の情報もなくて、面白い本にいき当たらないんです。またぼちぼちよろしく!

2012/12/16(日) 午後 3:23 retro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事