日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

4月3日から開幕したペナンとレースも今日で終了。ファイターズは2年ぶりのパリーグペナント奪還を果たした。今日は、楽天との最終戦を迎える。今日の試合に勝利すれば、対楽天戦のシーズン勝ち越しが決まる。先発は武田勝と、楽天が青山。

試合ポイント
【1回表】
一死3塁と先制されるピンチを迎えるも、鉄平をサードフライ、山崎をキャッチャーフライに討ち取って、ピンチを脱する。

2回表もランナーを出すも無得点に抑える。

【2回裏】
一死後に、今日誕生日を迎えた小谷野がレフトスタンドに本塁打を放ち1点を先制する。

【3回裏】
先頭の金子がショート内野安打で出塁し、代走飯山。その後、二死1,2塁となったところで、スレッジがセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加する。

【5回表】
一死後に、内村にライト線に二塁打を打たれる。更に打者中島の場面で盗塁を決められ、一死3塁。この場面で、中島のショートゴロの間にランナーが生還し、1失点となった。

【5回裏】
先頭の田中賢がレフトフェンス直撃の二塁打で出塁。森本が犠打を決めると、次の糸井はセカンドを痛烈に襲う打球を放ち、セカンドの失策を誘って1点を追加する。ここで、スレッジに変わって今シーズン限りで引退する小田が代打に告げられると、球場は大歓声が起こる。ここで、小田はライト前に安打を放ち、有終の美を飾った。

6回は2番手の川岸、更に3番手の長谷部を攻めて二死満塁とするも無得点。

【7回裏】
先頭の坪井がサード失策で出塁。次の小谷野の代打の二岡はセンター前安打を放ち無死1,2塁。稲田のショートゴロの後に、紺田が四球を選んで一死満塁とチャンスを作ると、打者鶴岡の場面で長谷部が暴投で1点が入ると、鶴岡が左中間にタイムリー二塁打を放ち、この回3点を追加した。

【8回表】
先頭の内村にサード内野安打を打たれるも、次の中島をサード併殺打に討ち取り、武田勝は規定投球回数を満たし、降板。2番手に、やはり今シーズン限りで引退を表明した伊藤剛が上がり、(空気を読みまくった)小坂を三振に討ち取って、有終の美を飾った。

9回は金森が一安打を許すも、無失点に切り抜けシーズン最終戦を勝利。対楽天戦のシーズン勝ち越しを決めた。

先発の武田勝の8回途中まで1失点の好投と、打線が効果的に機能し最終戦を白星で終えた。

武田勝は、テンポのよい投球で楽天の攻撃を1点に抑えた。また、打線も今日は効果的につながり、7得点。CSに向けて、いい状態で終えることが出来た。

試合終了後には、伊藤、小田両選手の引退セレモニーが行われ、伊藤には同期の建山、小田にはやはり同期の飯山から花束が送られた。(その後、家族からも同様に送られた。)

その後、梨田監督のシーズン終了報告の後に、ペナント、優勝旗を持って球場を一周、最後に選手会長の田中賢の挨拶で今シーズンを締めくくった。

クライマックスシリーズセカンドステージは21日にから開幕となる。それまでに、しっかりと調整して、日本シリーズ出場を勝ち取りたいところ。

なお、今シーズンは144試合82勝60敗2分 勝率.577 チーム成績も本塁打数以外は軒並みリーグ1位の数字を残して終えた。

雑感
伊藤、小田両選手お疲れ様でした。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

インフルが無ければ、90勝してたよね・・・
これだけ艱難辛苦をなめたわけだから、超合金Z並みのチームワークの硬さだね^^

2009/10/10(土) 午後 11:42 step by step 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(16)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事