日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

昨日は、継投ミスと拙攻により勝ち試合を自ら手放すような敗戦。今日は勝利して開幕3連敗は避けたいところ。今日の先発はケッペルと、ソフトバンクがホールトン。


試合ポイント
【1回表】
先頭の本多を安打で出してしまうと、その後に盗塁やワイルドピッチなどもあり二死3塁。ここで小久保にレフト前にタイムリーを打たれてしまい、1点を先制される。

【1回裏】
先頭の田中賢がセンターへの安打で出塁。その後盗塁、稲葉の四球もあり一死1,2塁。ここで高橋が三遊間を抜けるタイムリーを放ち、直ぐに同点に追いつくと糸井もセンターへの安打で繋ぎ一死満塁。この場面で小谷野のセカンドゴロの間にランナーが帰り逆転に成功すると、次の二岡の場面でホールトンが暴投。ランナー二人が一気に生還し初回に4点を取って逆転に成功した。

ケッペルはわき腹を痛め降板。2回から木田がマウンドに上がる。ランナー二人を出すも無失点に切り抜ける。

【2回裏】
先頭の大野が四球を選び、その後も四球などで一死満塁のチャンスを作ると、稲葉がライトへのタイムリー、次の高橋がセンターオーバーの2点タイムリーで7-1として、ホールトンをKO。ソフトバンク2番手の大場も同様に攻め、糸井が左中間フェンス直撃のタイムリーで2点追加、小谷野が四球、二岡のライトへの安打で再び一死満塁とすると、大野はセカンドフライも、金子が右中間を破る走者一掃のタイムリーで3点追加、田中賢、紺田も連続タイムリーを放ち、この回10得点。14-1と大きくリードした。

その後、木田が6回までランナーは出すものの要所を締めて好投。3番手の金森も7回表、8回表を無得点に切り抜ける。

【8回裏】
ソフトバンク5番手の久米から、中田、小谷野が連続四球を選ぶ。ここで代打の坪井が一塁線を破るタイムリーを放ち、ランナー二人が生還して2点を追加。坪井は通算1000試合出場達成に華を添えた。その後もチャンスは続くが、この2点とまり。

【9回表】
この回から、昨日あっさりと同点に追いつかれた江尻が登板。更に途中からサードに飯山が入っていると、悪い予感が的中。先頭の多村のサードゴロを、守備固めじゃない守備の人である飯山がしっかりとエラーで出塁させると、その後あれよあれよと4失点。大量得点に守られたものの後味悪い勝利となった。

序盤の猛攻で大勝。今シーズン初勝利を挙げた。

先発のケッペルの故障によって急遽登板となった二番手の木田だったが、ベテランの経験からソフトバンク打線を抑え、チームの今シーズン初勝利に貢献、お立ち台にも投手で始めて上がった。

また、打線も昨日の拙攻とは打って変わって今日は打線が繋がり、相手の暴投もあったが16得点と、繋ぐ打線らしい攻撃であった。

また、今日の勝利により梨田監督は監督として通算500勝を達成した。

雑感
1.9回表から、昨日の継投は完全な采配ミスと裏付けられたねw
2.飯山さんはエラーするために、試合に出場しているんですか?

閉じる コメント(1)

顔アイコン

1.出直すべきでしょう・・・鍛錬!鍛錬!
2.守備固め!のはず・・・去年から怪しい^^;

2010/3/22(月) 午後 11:04 step by step 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事