日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

昨日は、延長サヨナラ勝ち。今日の先発は、武田勝と、楽天が田中マー君。

試合終了
【1回裏】
一死後に、森本がライトへの二塁打で出塁すると、次の稲葉がレフトオーバーのタイムリー二塁打で1点を先制。その後、二死3塁となったところで、二岡もレフトへタイムリーを放ち2点を先制する。

【2回表】
先頭のフィリップスに四球を出すと、山崎、中村ノリ、嶋に連続安打を浴び1点を失う。その後も満塁のピンチが続くが、聖澤を6-4-3の併殺打に討ち取りピンチ脱出。

3回4回はファイターズランナーを出すも無得点。4回は満塁のチャンスを生かせず。

【5回表】
4回から登板していた木田が、二死1,2塁からフィリップスにセンターにタイムリーを打たれ同点に追いつかれてしまう。

【5回裏】
二死2塁から、二岡がレフト前にタイムリーを放ち1点勝ち越し。本塁クロスプレーに抗議した楽天のブラウン監督はここで通算10回目の退場。次の高橋もレフトにヒットを放つが、走者の二岡がタッチされていないにも関わらず、本塁憤死で1点止まり。

【7回表】
この回から林が登板も、先頭打者に四球を出し交代。次の谷元がその後、二死1,2塁のピンチを招くと、フィリップスにタイムリーを打たれ、再び同点に追いつかれる。

【7回裏】
先頭の田中賢がライトへの安打で出塁、次の森本は犠打失敗も、稲葉がレフトへの安打で出塁、小谷野はセンターフライで二死1,3塁となると、次の二岡が四球を選び満塁となる。ここで高橋がレフトスタンドに満塁本塁打を放ち一気に4点差となる。

その後は継投で逃げ切り勝利。函館二連戦、更に交流戦前最後のカードを連勝で終えた。

二度のリードを追いつかれるも、7回に高橋の満塁弾が飛び出し連勝。交流戦前最後の試合を白星で飾れた。

打線は今シーズン不調気味だった選手に安打が出るなど、交流戦に向けてよい状態で望めると思われた試合内容であった。


雑感
交流戦はいきなり、甲子園での阪神戦はついてないような?ww

閉じる コメント(1)

顔アイコン

成せばなる!・・・じゃないかな?
とにかく最小失点で粘り強くいこう。
応援もね!^^

2010/5/10(月) 午前 0:11 step by step

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事