ここから本文です
酒と泪(るい)とギターと自転車
ミュージシャン泪(るい)のお気楽ブログ

ライブのお知らせ

来週末のライブのお知らせです。

■日時  3月24日(金)

■場所  守山J'sカフェ 

■時間  オープン18:00
   スタート19:00

■チャージなし 投げ銭

出演
Bless (Vo: Kumi AG: 泪)
ヨスガ

★当日はパティスリーRui特製スフレチーズケーキを持参します。
早いもの順で無料にて振る舞いますので食べに来てね^^

イメージ 1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


シルバーウイングスでのライブは出演順に変更がありましたのでお知らせします。3番目から4番目に変わります。

期待してお越しください^^


■日時  3月25日(土)
■場所  京都祇園SILVER WINGS(シルバーウイングス)
■オープン 18:00
■スタート 18:30
■前売り   ¥1,700+1drink
■当日   ¥2,200+1drink
 
出演者(出演順)
1. Yas&Negi
【18:30〜19:10】
2.Special Task Force
【19:20〜20:00】
3.Miho
【20:10〜20:50】
4.Ruistormy
【21:00〜21:40】

イメージ 2

この記事に

3月25日(土)祇園SILVER WINGSでライブ決定です。


イメージ 1

■場所    京都祇園SILVER WINGS(シルバーウイングス)

■オープン    18:00
■スタート    18:30
■前売り    ¥1,700+1drink
■当日     ¥2,200+1drink
 
出演者(出演順)
1. Yas&Negi
【18:30〜19:10】
2.Special Task Force
【19:20〜20:00】
3.Ruistormy
【20:10〜20:50】
4.Miho
【21:00〜21:40】

わがバンドはどう立ち向かうか思案中です(笑)

皆さまぜひご期待ください!!

この記事に

本日は旅行最終日。少し遅めの8時過ぎ起床でホテルの朝ごはんを食べに食堂へ。

全開と同じくパンとゆで卵とスープを食べ、食後にコーヒーをいただく。

10時前にチェックアウトをすまし、ホテルを出発。

外は雪ではなく雨。この季節北海道では雨は珍しいそうだ。

とりあえずお土産を買いにすすきのへ。

皆さんに配布するお土産を購入。


飛行機は17時30分くらいのフライトなので、北海道テレビ塔に登ってみる。

イメージ 1

お約束の顔出し。

イメージ 2

札幌市内が一望できます。

イメージ 3

ガラスが斜めになっているので、乗り出す形になりちょっと怖い。

高いところは苦手です。


このあと、雨ということもあり空港でのんびりすることに。

昼過ぎに新千歳空港に到着。

そういやぁ北海道で寿司を食べていないので、空港内の回転寿司へ。

イメージ 4

ここで初めて、いくらとウニを食べる。回転寿司とはいえ一皿1000円近くする!

さすがにウマイ。ウニって安物しか食べたことないからミョウバンの苦い味のイメージしかないけど、本物は違うね。隣りの赤い皿はにしんです。これも滋賀じゃ見ないよね。

お腹が膨れたら空港内を散策する。

イメージ 5

北海道といえばロイズ。空港内にチョコレート工場もありました。

イメージ 6

ポーラーベアがいたので記念撮影。


そろそろ疲れてきたので、少し早いが搭乗口付近で待機することに。


・・・


待つこと1時間ほど。

そろそろ搭乗のコールがあってもいいころなのだが・・・

搭乗口間違ったのかと不安になる。


予定より30分ほど遅れてコールがある。どうやら遅れているようだ。

さらに待つこと30分。

・・・

イメージ 7

キャビンアテンダントのねーちゃんが搭乗口にやってきた。

やっとか・・・

マイクでアナウンスが入る。


CA「本日の関西行きJJP156便は機材整備のため本日はフライトできません。」





なんですと!?



CA「なお、この後の便も関西行きの振り替え便はありませんのでご了承ください」






な、なんですと!?





CA「明日の便も搭乗予約が満席の為、振替便はあさって日曜の10時40分です」






ちょ、ちょっとまて!!




予想外の展開に思わず、笑いが漏れる(笑)


個人の力ではどうしようもない。


仕方ないのでとりあえず、搭乗カウンターへ戻り手続きをする。


カウンターで保障の事を尋ねると、宿泊費1泊分1万円、食事代3千円、交通費3万円までは保証してくれるという。

いや、でも2日泊まんなきゃいけないやん・・・。


企業のマニュアルに勝てるはずもないので、カウンターのおねいさんには文句は言わない。彼女らも仕事でやってることだしね。


とりあえず、急いでホテルを探す。

金曜の夜ということで空いているところは少ない。

ネットなどで探してやっと2日分のホテルを確保。

もう一度、札幌へとんぼ返りだ(笑)


土、日に入っていたレッスンもキャンセルしないとなぁ・・・すいません。


札幌に着くと、天気は雨から雪に変わっていた。

ホテルは日が変わるまでにチェックインすればいいので、夕飯をたべにすすきのへ出る。

しかし、時間も9時過ぎで金曜の夜ときたもんだ、いろいろ店に電話するも何処もいっぱい。

やっと見つけたイタリアンバルに入る。

外は雪が吹雪いている。

イメージ 8

なかなかオサレだ。店員さんはイケメン揃いで女性客もおおい。

イメージ 9

料理もオサレ。

なんだかんだで、泥酔してホテルに帰りました。


つづく


この記事に

あさは7時に起床してホテルで朝食。

ツアー内容には朝食なしと書いてあったが、パンとスープゆで卵の簡単なバイキング画ついていた。

それだけでもずいぶんうれしい。

今日は電車で小樽方面へ出かける。

イメージ 1

まずは朝市で海産物の土産を物色。本当は違う市場の予定だったが、タクシーの運転手さん曰く、こちらの方がいいとのこと。

いかにも地元の人が買い物に来るような朝市で、いい買い物が出来ました。

最近は市場のすぐ横にマックスバリューができて、みんなそちらで買い物をしているそうだ。

少し複雑な気分になる。

市内循環バスに乗って小樽駅にもどって、小樽バインという道内のワインを取り扱っているお店へ。

いろいろ試飲させてもらってワインを一本買った。

全体的に甘口の飲みやすいタイプが多かったな。

軽く小樽運河を見ながら散歩して駅へ。

電車に乗って今度は余市へ

イメージ 2


ニッカの余市蒸留所を見学する。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


ウイスキーの蒸留釜。余市蒸留所は世界でも珍しく石炭を使って加熱するそうです。



イメージ 6



イメージ 7




イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14



イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19



一通り見学したらお待ちかねの試飲です
イメージ 20

左からアップルワイン、スーパーニッカ、竹鶴

個人的にはやはり竹鶴がおいしかった。いい香りしてました!

イメージ 21

試飲室から見える景色も、とても雰囲気があります。



博物館にあるバーへ寄ってみました。

ここでは珍しいお酒が格安で飲めます。

イメージ 22

余市のシングルカスク10年と余市ピーティー&ソルティー。

どちらもここでしか飲めないウイスキーです。

イメージ 23

もう一度是非とも来たい!


蒸留所見学の後は遅めの昼ご飯

イメージ 24

ホタテとほっき貝などが入った貝づくしの磯丼

イメージ 25

蟹でだしを取ったてっぽう汁。


お腹が膨れたら札幌へ帰る前に桑園で降りて、北のたまゆらという温泉へ。

ホテルはユニットバスなのでのんびりお湯につかれないので。

イメージ 26

湯上りのビールは最高ですなぁ。キリンプレミアムというのがあったのでそれにしてみました。


札幌に帰ってきたのは夜の9時を回っていたので、夕ご飯はすすきののラーメンへ。

イメージ 29

麵屋雪風(ゆきかぜ)というお店へ。

濃厚味噌ラーメンの美味い事!!ここまでの味噌ラーメンは食べたことがありません。


イメージ 28

有名人もたくさん来られています。


イメージ 27

帰りに時計台によってから、ホテルへ帰りました。


つづく

この記事に

前日、午前4時頃に寝落ちしたが、朝はきっちり7時30分に起床。

まずはレンタカーを借りて、朝ごはんを食べに札幌市中央卸売市場・場外市場へ。

イメージ 1

菊水というお食事処でホッケ定食を食べました。

お腹が膨れたら北海道のお土産の定番、白い恋人パークを目指します。

イメージ 2

お客さんの9割は中国からの観光客でした。

イメージ 3

工場を見学します。次々と白い恋人が流れてくる。

イメージ 4

なぜか、ベートーベンとモナリザがベンチに座ってました。ホットチョコを勧める僕にガン無視のベートーベンと、横目で様子を伺うモナリザ。

イメージ 5

ピノキオもいたので真似をしてみる。

お次は、雪印メグミルク酪農と乳(にゅう)の歴史館へ。

写真撮影が禁止だったのでほぼ写真はありません。

チーズやバターなどの作り方等を教えてもらいました。

イメージ 6

大自然をバックに牛乳とパチリ!

さて、お次は北海道といえばサッポロビール!

サッポロビール工場のプレミアム見学ツアーに参加です。

イメージ 7

イメージ 8

斜め左下に読んでいくと・・・

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

男は黙ってサッポロビール!!

イメージ 17

ビールの海に溺れてみたい。

工場見学の後はお待ちかねの試飲タイム。

イメージ 18

創業当時の作り方をできる限り再現した復刻札幌製麦酒をテイスティング!


イメージ 19

黒ラベルもやっぱうまい!

ビールを堪能した後はお腹も減ってくるということで、夕飯は浜っ子という地元のサ
ラリーマンが集う居酒屋へ。

イメージ 20


途中、出会った強烈すぎる看板

イメージ 21

浜っ子到着!

イメージ 22


イメージ 23

エビを丸かじり(笑)

イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27

値段もリーズナブルでしかもうまい!

この日はこの後ホテルへ帰りました。


つづく

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事