ここから本文です
酒と泪(るい)とギターと自転車
ミュージシャン泪(るい)のお気楽ブログ

今週末はカフェローズ

いよいよ今週末に迫ってきました。

前回でのお知らせでは3組でしたが

もう一人、野田清隆さんの出演がきまり

4組でのライブとなります。

今年の僕は、弾き語りではもっとロック色を弱めて、言葉を大切にした唄を多く歌っていこうと思っています。

ぜひ、カフェローズに遊びに来てね^^

イメージ 1

この記事に

ライブのお知らせ

毎日さむくてこまります・・・。

福井県は大雪で車が動かなかったり。

たいへんだぁ。



さて、ライブです。

2018年2月17日(土)

近江八幡Cafe Rose

18:30オープン
19:00スタート
投げ銭制 (1ドリンク別)
投げ銭 とはライブを見た後に入場料をお客さん一人一人がそのライブの価値に対してお金を支払う形式です。


 ワタナベ サトシ
イメージ 1


 ムジカ イン トゥルー(予定)

イメージ 2


イメージ 3

先日カフェローズさんで砂布均(すなふひとし)さんのフェンスの向こうカバーさせてもらいました。


ぜひお越しください^^

この記事に

クレジットカードというと、ついつい金銭感覚がマヒして使いすぎちゃう・・・とか

リボ払いで返済金が一向にへらない・・・だとか。

郵送された支払い明細みて、青くなる・・・とか。

あんまりよいイメージを持っていない人が多い。

少し前まで、僕もそんなひとりでした。


しかし、小銭がジャラジャラ増えないのはやはり魅力的。

そこで、デビットカードを使うようになるのでした。

イメージ 1

SBIネット銀行のデビットカード。ブラックカードみたいでかっこいい^^



楽天エディやICOCA、nanacoカードはチャージした分だけ使えるカードです。

残高がなくなればチャージすれば、また使うことができる便利なカード。

しかしデメリットもあります。使えるところが増えてきたとはいえ

クレジットカードに比べると圧倒的に少ない。


その点デビットカードはクレジットカードと同じように使えますし

SBIのデビットカードならビザブランドが使えるところならどこでも使えます。

しかも銀行口座から即時引き落としの為、口座に使う分だけ入れておけば

無くなったら引き落とされません。

もちろん口座にお金を入金すればまたその金額分、使うことができます。

ということで約2年ほど愛用していたのですが、だんだん口座に現金を

入金しに行くことが面倒になってきました。


そもそも、なぜクレジットカードは使いすぎてしまうのか?

それは、使った金額の合計がリアルタイムで分からないから。

いちいちレシートを取っておいて家計簿をつけることが面倒くさいから。

これにつきます(笑)

逆に言えばリアルタイムで金額が分かれば、今、合計でこれだけ使ったから

チョット抑えよう。というふうに、することができると思うのです。


最近のクレジットカードの使用金額履歴はホームページで確認することができます。

つまり、スマホで確認することができます。

ということは・・・



もう、クレジットカードでいいじゃん(笑)



ということで、僕はすべての支払いをクレジットカードで済ますことにしました。

それと、クレジットカードのもう一つの大きなメリット。

それは、ポイント。

僕はTポイントをためているのですが、

ヤフージャパンが発行しているクレジットカードをメインに使っています。

イメージ 2

黒色のカード好きだなぁ(笑)あとJCBの優待特典が素敵


このカードでお買い物すると100円で1ポイント溜まります。

水光熱費や電話代、食費等の生活費もすべてカードで支払うと

毎月約10万円ほどの出費。なので1000ポイントほど溜まります。

一年で12000ポイント!

つまり約12000円分タダでもらえることになります。

現金ではこのサービスは受けられません。

さらにポイントが付くサイトを経由して

イメージ 3

例えばこことか^^



ネットショッピングもクレジットカードで支払いをするとさらにお得になります。


クレジットカードを使う事によって得られる恩恵は

知れば知るほどあるんだなぁと、改めて思いました。


最後にJCB。いろんなキャンペーンをやってます。たとえば


イメージ 4

とか


イメージ 5

とか、

JCBのクレジットカードを持ってれば応募できます。

ちなみに上の2つのキャンペーンはYahoo!Japanカードでは応募できなかったので

ファミマTクレジットカードで応募しときました。

年会費がかからないカードでも応募できます^^


上手に使えばすごくお得なクレジットカード。

ここ最近の調べ物で、一番の目からウロコでした。






この記事に

先週の水曜日にFM東近江81.5MhzラジオスイートのMUSICBOXという番組に

ラジオDJのKumiサンとのユニット「Bless」でゲスト出演してきました^^


放送終了後、女の子が遊びに来てくれました^^

イメージ 1


挨拶をしに顔を出したら、随分と喜んでくれてちょっと恐縮^^;



Blessの次回のライブは年末、守山J'sカフェでの演奏になります。

皆さん遊びに来てくださいね^^

「年忘れ歌いおさめライブ2017」
出演:SNa〜Ke!/ ミスターレインボー/ 増田起也/ まいたろ/ bless(泪&kumi)
(17時頃〜21時予定) 入場無料(オーダー別途)
年末恒例イベント!わいわい楽しくやりましょう!

守山J'sカフェhttp://jscafe.inojun.net/schedule.cgi?year=2017&mon=12

この記事に

この前買った、サザンジャンボにL.R.baggs Ibeam Activeを装着しました。

イメージ 1

今回はポイントがたまっていたのでアマゾンで購入。

エンドピンを抜いてドリルで穴をあける。

ここで一つ失敗。12mmの穴のところを13mmで開けてしまった^^;まぁナットで締め付けるので大きな問題はないでしょう。

そして冶具を使ってピックアップをサドル下に張り付けるのだが…

このI beamというピックアップ、ネットでの評判が結構分かれる。

よくあるのが低音が出すぎてハウりまくって使い物にならんという声。

特にボディの低音域の鳴りが良いギターはそうなるようだ。

実際、J-200に装着したとき同じような症状がでた。

そこで低音側の貼り付け位置を少しブリッジピン側へずらしたところ解消した経緯がある。

ギターというのは個体差があるので取扱説明書どおりに装着したからオッケーというわけにはいかないのが楽器の面白いところ。

しかし、楽器屋や経験の少ない人はとりあえず説明書どおりにやっちゃうもんね(笑)

結果、使えなくてすぐ外す。なんてことになるんだと思う。

何のためにスペアの両面テープが何枚か入ってるかってことなんよね。

細かい微調整は自分で好みの音が出るまで、自分でしなきゃいけないピックアップなのです。

そういう意味ではポン付けですぐ使えるタイプじゃないピックアップです。

ピエゾの貼り付け式コンタクトマイクに似てる(というかI beam自体ピエゾの貼り付け式コンタクトマイクなんだけどね)。

音も好みはあるだろうけど、比較的ナチュラルだし。

あとはプリアンプをかまして、イコライザーやエフェクターで整えてあげれば十分使える音だと思うんよね。

ということで無事、ピックアップ張り付けて音出し確認したところ、問題なく鳴っている。

ちょっと3,4弦の音が強い気がするけど、ここら辺はイコライザーで補正できる範囲。

晴れて完了です^^

イメージ 2


あ、そうそう。L.R.baggs Ibeam Activeはボリュームついてるんだけどフルテンで使うと低音が出すぎたり音が割れたり、ピエゾくさいブリブリした感じになりがちなので、真ん中くらいで使うのがバランスいいです。足りない音量はプリアンプで上げる方がいい。


ついでにタスクのブリッジピンを試しに買ってみた。

イメージ 3
中身はもうギターに付けちゃったので入ってません(笑)

J-200の生音の高音がもう少し伸びたらいいなぁと思って、変えてみたところ


驚くほど豹変


とまではいかないが(笑)結構変わった。

まず、低音の鳴りがスポイルされてブンブン響かなくなる。ある意味引き締まる感じかもしれない。そして高音が細く高くなった。イメージ的にはタカミネのギターの高音弦みたいな音に変貌。こんなに変わるとは・・・。

好みではないので牛骨に替えると、また今までのブンブンなる低音に戻りました。

音の太さよりキラメキ感やシャラシャラした感じがほしい人にはいいのかもしれないな。

僕の弾き方には向いていないようだ。

もったいないのでD-18に付けてみたら、ボンボン出すぎていた中低音が収まって、高音がシャープになった。

D-18の方が向いているみたい。ちょっと様子を見てみよう。

サザンジャンボにはD-18に付いていた牛骨のブリッジピン付けてみたが、特に変化なし(笑)

やっぱり、鳴るギターありきなんやねぇ。


なかなか面白い実験結果が取れました^^







この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事