ここから本文です
追憶の彼方へ-ruins rider-
廃墟・廃校をメインに紹介しています。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

川南造船所は佐賀県の伊万里港に残る、まるで遺跡のような廃墟である。
元々この場所はガラス工場であったが、昭和15年日中戦争の最中に長崎から移転してきた川南工業が閉鎖されたガラス工場を取得し貨物船の製造が開始される。昭和18年に軍需工場の指定を受け、海防艦や「人間魚雷・回天」(特殊潜航艇)などが建造された。

最盛時の従業員数は学徒動員なども含め約2500人と言われ、県下でも有数の軍需工場となっていた。
当時、造船所で働いていた方の話によると、戦争が激しくなってからは毎日十時頃まで残って仕事をしたり、ひどい時には24時間ぶっ通しで働くこともあったそうです。敵が日本に向かっているから1日でも早く、一隻でも多く船を造らなければということで、海軍の司令長官が激励に来て、「日本は勝つ。もし負けたら日本人は玉砕して国だけを渡す」という風な訓示もありました。夜作業をする時は、明かりがもれて空襲の目標にならないようにとテントを張って作業をしていた。金属を溶かしたりする為にコークスを燃やしていたが、テントを張っている為に空気が入らず、二酸化炭素中毒で亡くなる人もいました。軍事拠点であったため米軍の攻撃目標となり、たびたび米軍機の機銃掃射を受ける事もあったが、その時には朝鮮の人達が掘ってくれた防空壕に避難していたそうです。

戦後は伊万里湾重工業株式会社として再生し、船舶の建造、修理に加え、鉄道の貨車、客車なども手掛けたが、昭和30年に経営悪化により閉鎖され、以後50年以上廃墟のまま放置されている。



探索日:2007.8.19

  • おぉっ!ここも行かれたのですね。
    相変らず“ラピュタ”状態で、この建物の中だけは時間が止まっているようですね。
    私が行ったのもたしか夏だったような…
    今のような冬枯れの時期に行ければ、また何か新しい発見があったかもしれません。
    また行きたいのですが…当地からだとチと距離が…(^_^;)
    またまたで申し訳ないのですが、TBさせていただきますね。

    [ Kitaro ]

    2008/12/31(水) 午前 1:55

  • アバター

    あつdesuさん
    せっかくの九州なんでキツイ行程でしたが色々詰めて行って来ました^^
    この場所は、このラピュタな感じが本当に良いですよね!
    冬の時期も行って見たいですが、やっぱりここは夏が良いと思います。
    TBありがとうございます^^

    ruins-rider

    2008/12/31(水) 午後 4:51

  • この造船所もいいですね〜〜〜
    マジで遺跡みたいです。
    天窓が素敵♪

    ももてん

    2008/12/31(水) 午後 6:58

  • アバター

    ももてんさん
    この場所は何と言っても、あのラピュタな感じと天窓から差し込む光が見所ですね^^
    夏場の廃墟探索はキツイですが、廃墟と緑が非常にマッチして好きです。

    ruins-rider

    2008/12/31(水) 午後 10:19

  • 顔アイコン

    行って来たんですかー!ここ僕も興味あったんですよね〜。
    建物がカクカクしていて、蔓の絡まり具合がいいんですよね〜^^

    来年もよろしくお願いしますね〜^^

    [ 不思探 ハヤト ]

    2008/12/31(水) 午後 10:29

  • アバター

    ハヤトさん
    ここは良いですよ〜!
    蔦の具合といい、廃墟が緑とマッチしていて本当に良かったです^^
    探索したの真夏だった為に蚊にも喰われるし、大汗掻いて大変でしたけど^^;

    ruins-rider

    2008/12/31(水) 午後 11:21

  • アバター

    ここの藪の中から死後2年は経つ白骨化した遺体が発見されたようです・・・
    近くの木にはロープもあったので自殺とみられ、廃墟マニアが探索中に発見・・・
    死後2年という事は私が行った時にも既に・・・

    ruins-rider

    2009/3/17(火) 午後 10:48

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事