ここから本文です
追憶の彼方へ-ruins rider-
廃墟・廃校をメインに紹介しています。

書庫全体表示

【廃村】廃集落T

イメージ 1
 
写真に写っている道は舗装されていますが、途中から未舗装となり徒歩でないと先に進んで行けません。
この道は「うわごう道」と呼ばれる、かつて生活道路として使われていた道で、いくつかの廃村がこの道で
結ばれています。
 
イメージ 2
 
U小学校の記事でも少し触れましたが、ダムが完成したことによっていくつかの集落と主要施設が沈んでしまったり、林業の衰退、過疎化など様々な理由が重なり、この地を離れてしまったのでしょう。
ちなみに、昭和30年の人口は44人(10戸)となっています。
 
イメージ 9
 
T集落に到着すると、最初に綺麗な建物が目に入りました。
ここはまだ作業小屋としてか使われている雰囲気だったので、更に奥を目指して進みます。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
だいぶ朽ちてきてしまっていますが、土蔵も残されています。
 
イメージ 12
 
この集落がいつ頃に廃村となってしまったのかは分かりませんでした。
いくつかの建物がまだ残っているのですが、その中でもこの建物が一番しっかりしていたので
中に入ってみたいと思います。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
玄関を入るとすぐ横が台所となっていましたが、炊飯器のようなものが残っていますね。
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
廃村などでは多く見かける木桶風呂もあります。
やはりこういう時代を感じるものが残っていると良いですね〜^^
 
イメージ 3
 
もっと中に入って探索しようと思っていたのですが、写真左側を見てもらえれば分かるように
だいぶ倒壊してきていますし特に物も残っていなさそうな感じだったので、深入りはしませんでした。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
廃村にいくと多くの瓶が落ちているのですが、その中にコーラ瓶がありました。
いつ頃の物か分かりますか〜?
 
イメージ 6
 
鳥居の奥には神社もあるのですが、こちらは現在も管理されているようで地図にもちゃんと表記されていました。
昔は、お祭りなどもここで開かれていたのかもしれませんね〜
 
イメージ 8
 
可愛らしいお地蔵様もあります。
 
イメージ 7
 
この集落から「うわごう道」を歩いていけば次の目的地である廃村へ行けるのですが、1時間以上山道を歩いていかなければいけないので、来た道を戻り車で次の廃村へ向かうこととしました。
戻る途中の坂道からもダム湖が見えていました。
 
 
探索日:2010.6.5

  • おはようございます。
    おお〜なんとも言えない哀れな姿になっちやった
    頑丈な土蔵、お宝がいっぱい詰まってたのでしょうね。
    ここれは、コカ・コーラホームサイズの500ml瓶 ポチ!
    2代目の瓶で1966年〜67年ですが中期の瓶があるんです
    500MLかmlの表示で年代が違いますが
    中期の瓶で1968〜1969年の瓶です。
    画像の瓶はプロテクトカバー(破裂防止)がしてないので
    1966年〜67年の製造の瓶かも?瓶に製造エンボスが
    有るので確認できます。
    初期瓶ホームサイズのカタカナ文字の無い両面ML表示
    (1964〜66年)だったら空き瓶でも値が付きます。
    同行して探したいですね〜60年代のままみたいなところですね。
    追伸、板取宿を撮影しました^^本日、画像UPの予定です^^
    情報ありがとうございました。

    コーラ瓶

    2010/10/3(日) 午前 6:49

    返信する
  • 顔アイコン

    すごい・・・まだまだすごい!
    本当に今は現代なんだろうか(’〜 ’

    コーラ瓶にホームサイズと。よこの空き缶と比べても1Lサイズではなさそう。「コーラ瓶さん」が500mlとおっしゃってられるの読んでビックリ!昔は500でホームサイズだったのですね〜〜。

    コーラ瓶様はじめましてです。


    横の空き缶の飲み口の形状が懐かしい!つぶつぶ系に多かったですよね。今でもあるんでしょうか。
    作業小屋しかり、お地蔵様も手入れがされているようで、村が全くの無人状態ではないようですね。

    どろじあい

    2010/10/3(日) 午前 9:53

    返信する
  • 秩父、なかなか侮れないエリアですね!WP!!
    秩父がこんな感じだと、奥多摩〜小菅村辺りにも、
    人知れず朽ちている廃村が、まだあるのかもしれませんね。

    [ Kitaro ]

    2010/10/3(日) 午後 8:01

    返信する
  • アバター

    拝見していてまるで山歩きだと思いました(^ω^;)
    ちゃんとお地蔵さんはいまでも祀られているように見えます〜Wポチっと。

    流浪の民

    2010/10/3(日) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    秩父の廃村って、私がまだまだ知らない所があったんですね。
    お地蔵様はまだきちんと管理されているようで、逆にホッとします。

    たからった

    2010/10/3(日) 午後 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    秩父は魅力的な土地ですね。。
    昭和30年頃には人が住んでいた…ということは、この村も当然、
    戦争を越えてきたんですね。開村がいつかは分かりませんが。。
    そう思いながら残された物や建物のたたずまいを眺めると感慨深いものがあります。
    お地蔵様はまだお世話している方がいるんですね。。

    それにしても「コーラ瓶」様、凄いです=3 勉強になります♪
    Wぽち☆

    [ 西のラッコ ]

    2010/10/3(日) 午後 10:44

    返信する
  • 朽ち果てた様子がたまりませんね(>_<)
    家の中の木造の内装や台所が昭和を思い出します!
    ポチ☆村ポチ☆
    昭和30年代の暮らしだったんですね。土蔵や風呂もとても新鮮でした♪

    Clip-Clop

    2010/10/3(日) 午後 11:33

    返信する
  • アバター

    コーラ瓶さん
    ありがとうございます!
    これだけの少ない情報で年代が分かってしまうなんて凄すぎます!
    多少の前後があるにしろ1960年代ということですね。
    こうやって瓶からも年代が分かると、その場所のことがより分かり助かります(^O^)
    本当にありがとうございます!
    板取宿の記事は後ほど拝見させてもらいますね〜

    ruins-rider

    2010/10/4(月) 午後 4:53

    返信する
  • ひとり廃墟さまからご挨拶頂きましたので
    この場を借りてご挨拶。
    初めまして^^
    画像のリンゴ果汁の350ml缶に見えますが?
    現在流通の350ml缶のラベルの上にプルトップが付いているのと違いラベルが逆のタイプ
    ラベルの下にプルトップが付いてるこの缶は古い缶ですね^^
    もっと古い缶には缶に継ぎ目がありますが・・・確認できませんね〜
    例えですがコーラ350ml缶の場合
    プルトップ外れるタイプ
    1991年 EOE式 プルトップ最終缶
    1992年になるとプルトップは、缶本体から離れないようにPOEステオンタブ式のプルトップになりました。

    コーラ瓶

    2010/10/4(月) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    秩父は好きなエリアなので廃村も多い場所なんですかね?何カ所か廃村を見た事はあります。
    ここは初めて知りました。コーラのホームサイズですから1960年代後半〜1970年代半ばなのかなと勝手に推測してみました。
    Wポチして今夜は寝ます〜

    イコ太

    2010/10/5(火) 午前 0:11

    返信する
  • アバター

    dorojiaiさん
    私もいつもコーラ瓶さんの知識には驚かされていますよ(^_^;)
    つぶつぶのジュースは大好きで、子供の頃はよくオレンジを飲んでいました。

    この集落にある神社はまだ生きていますし、まだ麓からも行きやすい場所なので訪れている方もいるのでしょうね。

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午前 4:09

    返信する
  • アバター

    あつdesuさん
    WPありがとうございます!
    秩父は本当に侮れないですよ!
    この日は疲れて探索出来なかった廃村がいくつかありますし、奥多摩の方もまだまだあると思いますよ!
    奥多摩ならハイキングしている方も多いので、そういった方のサイトに載っている可能性もありそうですね。

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午前 4:15

    返信する
  • アバター

    流浪の民さん
    WPありがとうございます!
    廃村探索の場合は山歩きになることが殆どですね。
    やはり不便なことが多いので山の中から離れていってしまった集落が多いのでしょうね。

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午前 4:19

    返信する
  • アバター

    たからったさん
    秩父は本当に廃村が多いですね〜
    この日は3ヶ所の廃村へ行ったのですが、他にも2ヶ所予定していましたし、
    他にもまだあるのではないかと思います。
    お地蔵様はちゃんと管理されているようで良かったですよ^^

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午後 9:43

    返信する
  • アバター

    西のラッコさん
    WPありがとうございます!
    いつ頃から集落が形成されていたのかは分かりませんが、
    ずっと林業を営んで生活していた場所でしょうから歴史は古いと思いますよ。
    廃村の場合は残留物も豊富で楽しいですが、仰るようにかつてここで生活していた方々の想いもある場所ですし感慨深いものはありますね。
    コーラ瓶さんの情報量には私もいつも驚かされます^^;

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午後 9:50

    返信する
  • アバター

    Clip-Clopさん
    WPありがとうございます!
    この当時のことは実際には知りませんが、廃墟探索に行く事によって自分の知らない
    時代の物を見ることが出来るので廃墟探索は面白いです^^
    木桶風呂は廃村に行けばたびたび見かけますが、普段の生活では今までに見たこともありませんからね。

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午後 9:53

    返信する
  • アバター

    コーラ瓶さん
    この写真を撮影したときには気がつきませんでしたが、確かにラベルが逆になっていますね!
    こんな缶は初めて見ました!
    これからはもうちょっと意識して缶も見ていきたいと思います^^

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午後 9:55

    返信する
  • アバター

    イコ太さん
    WPありがとうございます!
    秩父は本当に廃村が多いですね〜
    それほど遠くない場所に街もありますし過疎化が進みやすかったんでしょうね。
    ダム湖の建設などもこの集落は影響もしているでしょうし。
    コーラ瓶さんも書かれていましたが、イコ太さんの推測どおり1960年代の可能性が高そうです^^

    ruins-rider

    2010/10/5(火) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    この炊飯器の上の部分がひっくり返したお鍋っぽくてかわいらしいですね^^
    お地蔵様の衣装もキレイなのでなんだか安心して見学ができる気がします。

    ォトモ

    2010/10/7(木) 午前 8:45

    返信する
  • アバター

    ォトモさん
    この集落は今でもちゃんと管理されているようですし、廃墟にありがちなジメジメしたような雰囲気もありませんし、他の場所に比べたら安心出来るでしょうね^^
    あの炊飯器もどこか可愛らしさを感じますよね〜

    ruins-rider

    2010/10/7(木) 午後 9:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事