ここから本文です
追憶の彼方へ-ruins rider-
廃墟・廃校をメインに紹介しています。

書庫全体表示

昨日、バイク整備のためにバイクショップへ行ってきたのですが、
 
3連休でかなり混み合っていてナント3時間待ちとのこと。
 
どうやって暇をつぶそうかと思ったのですが、自転車を貸してくれるというので、
 
ショップから比較的近くにあった東京拘置所の周囲を散策してきました。
 
以前から興味はあったのですが、なかなか行く機会もなかったので良かったかも。
 
イメージ 1
 
1971年、スガモプリズンで有名な豊島区から葛飾区小菅に移転した東京拘置所。
 
2006年に改築が終了した拘置所は、地上12階、地下2階建てで3000人をも収容出来る
 
日本最大規模となっています。
 
 
航空写真だとはっきりとその形が分かります。
 
不謹慎かもしれませんが、ちょっと格好よく見えてしまうものがあります。
イメージ 2
 
拘置所の西側と北側には、このような掘りになっています。
 
これも万が一の時の為の脱走防止用として造られたものかもしれません。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
ちなみに、この掘りには以下のニュースもある。
 
東京都葛飾区小菅の東京拘置所外側にある堀に、

犬とみられる動物の頭部約30個が沈んでいるのを通行中の女性が見つけて交番に届けた。

近くに住む食肉業の韓国籍の男性(82)が、共同通信などの取材に対し

「食肉用に輸入した犬の頭を処分に困って捨てた」と話した。

警視庁亀有署は、廃棄物処理法違反の疑いがあるとして男性から任意で事情を聴いた。

男性によると、正規の許可を得て、中国・大連から頭と胴体が切断された冷凍状態で食肉用として輸入。

胴体は食用として既に売れたが、精力剤などに使う頭が売れ残り、

10月下旬ごろ「堀にいるコイの餌になる」と考えて捨てたという。
 
イメージ 8
 
正面入口のすぐ近くには、保釈金を立替しますという
 
なんとも拘置所近辺ならではの看板が掲げられています。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
正面入口には上のような看板があったので敷地内には入らないように
 
撮影したのですが、すぐに守衛さんが来て注意されてしまいました^^;
 
イメージ 11
 
周辺にはこのような明らかな廃屋も何軒か見受けられましたが、
 
基本的には住宅街の中に巨大な拘置所の敷地が広がっている感じになっています。
 
イメージ 12
 
拘置所というと脱走防止の為の高い塀がつきもののイメージがありますが、
 
現在の東京拘置所にはその高い塀が見受けられません。
 
かつてはあったようなのですが、現在は撤去されてないようです。
 
それだけ拘置所のセキュリティが脱走不可能なほど強固のものなのでしょう。
 
イメージ 13
 
面会者入口の向かい側には差入店なる商店があります。
 
この日は残念ながら休みだったので、商店内の様子は分からなかったのですが、
 
営業時間中に訪問したことのある方のサイトを拝見すると、売れ筋商品は
 
女性の裸の写真が載っている週刊誌、缶詰、お菓子、肌着などのようです。
 
缶切り、箸、フォーク、はさみ、筆記用具など鋭利なものは差入出来ないので売られていないとのこと。
 
先ほどの、保釈金の立替や差入店など拘置所近辺の独特なものを見ることが出来ます。
 
イメージ 3
 
拘置所の敷地内には、官舎(写真右側の建物)が何棟もあります。
 
イメージ 4
 
写真左側の団地のような建物は現在使われていなく放置されてしまっていて、
 
右側の大きなマンションはどうやら国家公務員の宿舎として使われているようです。
 
イメージ 5
 
ちょっとした空き時間を利用して思いつきで訪問した場所でしたが、
 
拘置所ならではの独特な雰囲気(町並み)を感じることも出来ましたし、
 
くれぐれもここではお世話にならないように今後も楽しんでいければと思います。
 

  • 顔アイコン

    家の方には府中刑務所がありますが、やはり差し入れ店なるものが
    あるようです。警察御用達なんですね〜何か特殊な絡みがあるんですかね?
    東京留置所は税金で出来てるわりにはかなり立派なんですね。
    なかなか見ようと思っていく場所ではないかもしれないですね。。

    [ Me ]

    2012/7/16(月) 午後 11:33

  • 監視し易い様に放射状の建物にして
    中心が看守の詰め所とする形なのでしょうね。

    これだけの規模の物を建てる必要が有るほど
    お世話になる人が多いと言うのも
    色々考えさせられますね。

    幸せの黒い猫

    2012/7/17(火) 午前 6:54

  • 東京版西成って感じですかね?刑務所とは違うんですか?刑務所は高い塀がありますよね。でも、中国人は犬をほんまに食べてるなんてビックリしました!

    まゆ

    2012/7/17(火) 午後 1:19

  • 顔アイコン

    タイトルに惹かれて来ました〜〜!
    着眼点の勝利っつーか、すんごく興味深い記事です!
    敷地内の写真撮影は裁判所でも怒られた記憶が…。
    中に建ってたブロンズ像を建物と一緒に撮りたかっただけなんですけどね。

    1枚目の写真、田舎もんの第一印象はホテルオークラ(笑)。
    同じ収容されるなら大都会東京のに行きたいです。☆!

    [ ずぼらー ]

    2012/7/17(火) 午後 4:19

  • アバター

    トキミチさん
    ありがとうございます^^
    知らないで見たらとても拘置所とは思えない建物ですよね!
    それにしても昨日も暑くて自転車で周辺をウロチョロしているだけで
    かなり量の汗が・・・今ふと思い出しましたが、そういえば昔のトキジさん時代のブログに汗のネタがよくありましたよね^^

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:14

  • アバター

    あなざぁさん
    WPありがとうございます!
    私も電車の中からだったり高速で見ていて気になっていたんですよ〜
    今回はせっかくの機会なので行ってみました^^
    平日なら差入店もやっていただけにちょっと残念ではあります。

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:16

  • アバター

    トキコさん
    テーラーアベは今でもやっているんですかね^^;
    平日なら確認出来たでしょうし、差入店もやっていただけに
    ちょっと残念ではありますが、拘置所周辺ならではのものが見られて良かったです。
    国家公務員の宿舎も一等地にあるとちょっとどうなのと思ってしまいますが、
    拘置所の隣にある分には一般市民からも文句は出なさそうですよね^^;

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:20

  • アバター

    たあ坊さん
    私もちょっとペンタゴンは思い浮かべました^^;
    この日は、整備した後に柏市にある戦跡と気になる廃墟があったので確認しにいこうと思っていたのですが、あまりの暑さに近場で撮影してすぐ家に帰ってしまいました・・・
    私はとにかく暑さが苦手なので、バイクで遠出は単車で一気に高速で行かないと厳しいです。

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:24

  • アバター

    fmyさん
    イイね!ありがとうございます!
    ブログを始めた当初は普通の観光地もアップしていこうと考えていたのですが、
    今では完全にマニアックなブログになってしまっていますね^^;
    普通の人があまり行かないような場所を見るのも楽しいものですよ♪

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:27

  • アバター

    流浪の民さん
    WPありがとうございます!
    あれ〜流浪の民さんもやはり叱られてしまいましたか(笑)
    別に外からの写真くらい良いじゃないかと思ってしまいますが・・・
    ちょっと気をつかって真正面ではなくて端から撮影したのに^^;

    ruins-rider

    2012/7/17(火) 午後 9:30

  • アバター

    あつdesuさん
    凄い建物ですよね〜
    とても拘置所とは思えないですし、日本の建物にも見えない感じがします。
    私も詳しくは知らないのですが、韓国や中国では犬の肉を普通に食べる文化が昔からあったようなので、向こうでは珍しいことではないのでしょうね。
    日本だと犬は完全にペットにして可愛がるイメージがありますが、昔から伝わってきた食文化をどうこういうのは難しい問題ですよね。
    保釈保証金の立替も調べていないので分かりませんが、あの看板だけのイメージだとちょっと怪しいんじゃないかと勘ぐってしまいたくなりますね^^;
    うわ〜その看守さんのお話は聞いてみたいものです。
    チャンスがあったら是非お話を聞いて記事にしてください。

    ruins-rider

    2012/7/18(水) 午前 10:35

  • アバター

    Meさん
    そうですね、そちらには府中刑務所がありましたね。
    絡み云々は分かりませんが、差入店があるのは便利だと思いますね。
    実際、差入れをすることになったとしても、なにが良くて何が駄目なのかも
    分からないので、こういうお店は重宝しそうですよね。
    まあ、中にも入りたくはありませんし、差入れをする側にもならないのが一番ですが^^;

    ruins-rider

    2012/7/18(水) 午前 10:41

  • アバター

    幸せの黒い猫さん
    あの構造は確かに監視がしやすい様にというのがあるんでしょうね。
    非収容スペースに移動する際は、指紋認証とセキュリティカードの情報が一致しないと扉は開かないようですし、セキュリティはかなり厳重になっているようですよ。
    ここだけで3000人が収容出来るのにそれでも一杯らしいので、
    仰るように色々と考えさせられるものがありますね。

    ruins-rider

    2012/7/18(水) 午前 10:45

  • アバター

    まゆさん
    東京版西成は山谷地区と呼ばれている日雇い労働者の街ではないでしょうか。
    刑務所は刑が確定した者が収容する施設で、拘置所は裁判を受けてその判決が
    出るまでの間、身柄を収容する施設になります。
    確かに日本人からすると犬食というのはちょっと理解しがたいものがありますね^^;

    ruins-rider

    2012/7/18(水) 午前 10:58

  • アバター

    ずぼらーさん
    ポチありがとうございます!
    そう言っていただけると嬉しいです^^
    裁判所もネタとしては良いと思いますし、裁判の傍聴にも凄く興味があるので
    行ってみたいのですが、いかんせん平日は絶対に休みになることがないので
    行くことが出来ないのが残念でしかたありません・・・
    がいこくとかならこういう形のホテルもありそうですが、日本でしかも拘置所が
    こういう形をしているというのがインパクトありますよね〜

    ruins-rider

    2012/7/18(水) 午後 6:19

  • 顔アイコン

    近代的な拘置所、確かに刑務所とはちがうんでしょうけど。
    塀がないだけでずいぶんとイメージがちがいます。

    周辺の設備も珍しく、楽しく拝見しました。

    大阿蘇探検倶楽部

    2012/7/18(水) 午後 8:28

  • アバター

    かさちゃん
    名前が変わっていたのでビックリしてしまいました^^;
    ここも以前の写真を見ると結構高い塀があったのですが、改築されてセキュリティが強化されたことによって脱走が不可能になったのか、今は塀がなくなっています。
    周辺は独特な感じがあって面白いですよね。

    ruins-rider

    2012/7/19(木) 午前 10:16

  • アバター

    東京拘置所の存在は知っていましたし、下町にあるのですが、行ったことはありませんでした。
    興味深い記事です。情報、ありがとうございました!イイねポチ☆

    hsnm下町おやじ

    2012/7/21(土) 午後 4:04

  • アバター

    下町おやじさん
    ポチありがとうございます!
    なかなか行こうと思って行くような場所ではありませんからねσ(^_^;)
    この時はちょうどタイミングが良かったというか行くチャンスだったので、訪問して良かったと思います。

    ruins-rider

    2012/7/22(日) 午前 10:07

  • 小菅ヒルズと呼ばれています。
    ガラからは…

    [ ヨアヒム ]

    2017/7/14(金) 午前 7:33

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事