天体写真

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

世の中、新元号の発表に沸いておりますが・・^^
 
この度、慣れ親しんだYahoo!ブログからlivedoor blogへ引っ越すことにしました。
引越し先はこちらです。


2009年に天文活動を再開したことをきっかけに、2010年1月1日からこちらにブログを開設しまして9年と3ヶ月、ブログを通じて多くの方々とのつながりを持つことができました。
Yahoo!ブログがなければ今のような活動もできていなかったでしょうから、正直サービス終了はとても残念ではあります。とは言っても最近は自身の投稿もだいぶ減ってしまって半放置状態に近かったわけなんですが^^;
 
このままフェードアウトも考えたのですが活動記録として引越し先で続けることにしました。
当ブログには今まで多くの方々にご訪問、コメントをいただき大変感謝しております。
引き続き移動先にも気軽にお立ち寄りいただければと思います。
 
それでは、これにて失礼します。
 
 
イメージ 1

オホーツク海に沈む夕日

城里遠征 M101再び

3月8日 城里まで遠征してきました。

前週も城里までかけておりましてその際はひとりぼっちだったのですが、
今回はmn3192さん、しみちゃんさん、マルさん、sora-canさんと私の5名でした。
やはり撮影仲間がいてくれると心強いし楽しいです^^


空は終始快晴。シーイング透明度ともにまずまずの状況でした。

<撮影風景>
イメージ 1


前回遠征ではリモート不調やノーガイドなどトラブルでまともな作品にできませんでしたので、今回はその撮り直しとしました。
リモートの不調は使っていたWi-Fiルータの故障が原因だったようで自宅で余っていた古いWi-Fiルータに変更することで問題なく動作してくれました。
ガイド信号が出ない件は不明ではありますが、要因になりそうな各接点を清掃することで問題は解消されたようです。
そんなわけで今回は朝までノートラブルで撮影することができました。



M101

イメージ 2

撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73✕
ガイド:BORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -25℃
露出時間:L 10min✕28   , R10min×4 , G10min×4 , B10min×4 , Ha10min×6
撮影地:城里


空の条件の違いはあるとしても前回撮影したM101と比べるとノーガイドとの差は明らかでした^^;
前回データを使うと足を引っ張るのは間違いないのでこの日のデータだけで仕上げました。
赤いポツポツがちょっとクドい気がしますのでまた少しずつてを加えていこうかと思います。


さて、Yahooブログも終了ということでお引越しされている方々もボチボチ出始めているようで、
そろそろ方針を決めないとなぁ〜



城里遠征 M101

3月1日 久々の遠征に城里まででかけました。

晴れ予報を信じてでかけたわけですが撮影地最寄りのICを降りた途端土砂降りの雨。
現地に到着しても星はわずかに見えているながらも小雨が降っていました。
場所の移動を考えましたが面倒なのでそのまま待つことに。
雲が徐々に切れ始め、23時以降は朝まで快晴となりました。


M101 おおぐま座
イメージ 1
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73✕
ガイド:BORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2 のはずがノータッチ
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -30℃
露出時間: L 10min✕19  ,  RGB 各10min✕3
撮影地:城里

 
この日の対象は7年ぶりに撮影したおおぐま座の銀河M101です。
撮影地ではボッチでしたのでPCに撮影スケジュールをセットしてさっさと車の中に、
車内からリモートで監視しようとしたのですが何故かリモート機能が動作せず。
風もないので大丈夫だろとそのまま放置撮影を決め込んで車内で熟睡モードに入りました。
数時間後目覚めてPCを確認するとPHD2のグラフがセンターからずれた状態でRA,DECが並行移動していました。各所色々みてみるとガイド補正信号が出ると点灯するはずのSTARBOOK TENの十字キーが全く点灯せずの状態で、どうやら赤道儀に補正信号が入らない状態で運用しているようでした。
ケーブルを変えたり、PCをシャットダウンしたりしたのですが症状は変わらず原因不明。
とりあえずノータッチで朝まで撮影を継続しました。

撮影用PCの小さい画面ではそれほどガイドエラーがわからなかったのですが、実際処理してみると星に芯は無いしかなり星像が甘い状況でした。

機会があったら取り直しです(´・ω・`)


12月10日 希望が丘まで遠征してきました。
現地ではいそじーさんとご一緒させていただきました。

この日はオリオン座近くの冬の天の川がザラザラと見えるような透明度の高い夜でした。
最近QHY16200Aという新しいカメラを手に入れたこともあって、いそいそとファーストライトにでかけたのですがトラブル続発で、日が変わる頃まで格闘したにもかかわらず新カメラでは一枚も画像を撮影することができませんでした。主な症状は寒い外気にさらされるとフィルターホイールが回りっぱなしになると言うもので、シャッターを切ろうにも切れませんでした。

寒いしイライラは募るし機材を蹴り倒したい衝動に駆られますが、いそじーさんのおかげで平常心を取り戻し予備に持ってきていたデジカメで何とかその場をしのぐことをできました。
予定していた対象ではありませんでしたが、望遠鏡とカメラの組み合わせで撮影したことのない2対象を撮ってきました。

IC2177 かもめ星雲
イメージ 1
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2
架台:Vixen AXD
カメラ:Nikon D810A
露出時間:5min×26 ISO1600
撮影地:希望が丘

この領域はカラフルなところが気に入っていて頻繁に撮影していたような印象でしたが過去記事を見てみるとどうやら6年ぶりに撮影したようでした。
やはりフルサイズだと画角に余裕がありますね。



クリスマスツリー星団〜カタツムリ星雲の周辺
イメージ 2
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2
架台:Vixen AXD
カメラ:Nikon D810A
露出時間:5min×26 5sec×16   ISO1600
撮影地:希望が丘


季節モノなのでこちらは定番の構図で撮影しました。ちょっと右側が空きすぎたような感じもしますが。


帰宅後不調なカメラを調べたところ、フィルターホイールにハード的というか構造的に問題が有ることがわかりまして自前で対策をしました。
昨晩、城里ヶ丘の氷点下環境で動作確認したところ無事に撮影することができました。
だだし昨晩は雲が多く残念ながら作品にはなりませんでしたが^^;
今晩は各地晴れ予報で遠征日和のようですが、留守番なのでニワトリでもしようかと思います。







M78

M78
イメージ 1
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73×
ガイド:BORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2によるオートガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:Nikon D810A
露出時間:10分×66枚
撮影地:11月3日 希望が丘 、11月10日 妙義山

おなじみ、オリオン座の星雲です。
11月3日 希望が丘遠征時に5時間半撮影していました。主鏡の結露が心配されたのですが画像を確認すると問題無し。ということで一旦処理してみたのですがノイジーな部分が気になったので11月10日に妙義山まで遠征してさらに5時間半追加撮影してきました。拡大してみるとまだ一部ノイズの気になるところはありますが、M78中心部の構造もある程度出てくれましたのでこれにて終了です。

M78周辺の星雲は上からNGC2071、NGC2067、NGC2064という番号がふられているようです。




全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事