LOVEシアターでつかまえて!

急性扁桃炎になった…(ノД`)・゜・。

全体表示

[ リスト ]

前回に引き続きまして、『パルレ』のレポです。
よろしければお付き合い下さいな。

パン社長、他●三波豊和サン
三波サンと言えば、去年のレミゼのテナも記憶に新しいですが、非常に芸達者ですね。
歌の上手さもさる事ながら、演じ分けも上手い。

口煩そうな引越し屋、人の良さそうな工場長、金の亡者でワンマンな書店社長etc…。
人の良さそうな役は朗らかに、ワンマン社長は好々爺に見せかけて、眼光鋭い瞬間があって◎。
これはテナを彷彿とさせました。
実に憎たらしい!(褒め言葉)
何故か九州弁を使うのですが、地方出身と言う事を表現したんですかね。
韓国のお芝居なのに何だか不思議。

笑顔が、役によって色んな印象に変わるのが凄い。
二幕のソロナンバーは演歌調で印象的でした。


ヒジョンちゃんママ、他●川島なお美サン
舞台で観るのは初めて。一番気になっていたのは彼女でしたが、これがまた役が合っていて良かった。
メインはナヨンの長屋に住んでいるヒジョンちゃんママですが、離れて暮らしていてヒジョンちゃんに出てきません。
洋服屋を営んでいてバブリーな見た目。だめんずに引っかかってしまいそうな雰囲気。
気が強くて、大家サンとも言い合いになっていましたが、根は良い人で包容力もあります。
カラッとした笑顔が良いです。
大家サンとキャッキャッしているところは可愛かった。

ナヨンの悩みを聞いてあげているところは本当に優しい隣のお姉サンという感じ。
こんな人、近所にいて欲しいなぁ〜く(´□`*)

歌もなかなかお上手。大家サンとナヨンとの“悲しい時〜”は、ハーモニーもちゃんとキレイで◎。
キャスト陣の中では演じ分けが上手な方ではないと思うけど、ヒジョンちゃんママ役は川島サン本人のベテランの魅力が溢れていて良かった。


大家さん、キム・ジスク、他●大鳥れいサン
大鳥サンは、去年のロミジュリのイメージが記憶に新しいですが、今回は名家の夫人とは間逆の関西弁の大家。
こちらも何故か地方弁を使います(笑)。
韓国のミュージカルですが、如何にも関西の勢いのあるオバチャン。
白髪で、モンタギュー夫人とは
気難しい雰囲気でしたが、実は脳性麻痺で四肢切断された娘をずっと世話をしているという事情が。
この設定がなかなかに重苦しくて、それでも娘が死ぬまでは懸命に生きようと決意している彼女の姿は悲しくもあり、逞しくもありました。
途中、白い布を一杯洗っているシーンが出てくるんですが、まさか娘のおむつだったとは(ノД`)・゜・。

ジスクは、ナヨンの書店で働く先輩。
適齢期を過ぎても結婚せずに会社に尽くしてきた女性。
これも大家サンとは大分イメージが違った、黒髪パッツン眼鏡のピシッとした女性。
言われないと別の人に思えます。
クビにされて飲んだくれているシーンは真面目なジスクが思いっきり壊れていて笑えました。

歌は、ロミジュリのイメージでいると、ちょっと……?な部分がありました(すみません)
特に大家サンで感じたんですが、おばちゃんキャラを作る為にそう歌っていたようにも聴こえました。


マイケル、他●安福毅サン
以前、サカケンの舞台『解決します!』で観ています。
あの時は強面だけど情けない社長でしたが、今回は全体的にもう少し若い年齢層の役でした。

彼も三波サン同様芸達者ですね〜。
三波サンと共に演技面で引き締めてくれていました。

マイケルは、ソロンゴと同じ長屋に住んでいる外国人役(何人かは忘却)←駄目
カタコトが非常に上手いです。
本家カタコト(謎)のLENくんと並んでも遜色ないです。

書店社員は社長の顔色を窺うスネ夫的な役。
これも上手い事憎たらしい!

歌も発声のしっかりした歌唱で上手いですね。

ラストは大家サンの息子で一瞬だけ出てきますが、ご丁寧にジャージの背中に「大家の息子」の文字を背負っていてオチっぽくなっていました(笑)。


書店のOL、他●上田亜希子サン&スーパー店主、他●奈良坂潤紀サン
上田サンは、以前LKのナラで観ていましたが、大分雰囲気が違ったので判りませんでした。
あの時は、こもったクセのある歌唱で苦手でしたが、ナラのような低音を出さない今回の方が歌が聴き易くて良かった。
こんなに美人サンだったんですねぇ。OL役もキャピっとしていてカワイイ。

奈良坂サンは、花代ちゃんの旦那サンですね。
アンサンブルや、LKのエドで観ていますが、あんまり覚えていない(駄目)。
タッパがあるので目立ちます。


この日は、花代&LENコンビは千秋楽という事で、挨拶がありました。
花代ちゃんの挨拶は何だか感慨深いですねぇ。
川島サンが隣で泣きそうになっていました(笑)。

LENくんは韓国語での挨拶でした。
本当にあまり日本語が喋れないみたいです。
そう考えるとカタコトとは言え、あそこまで正しいイントネーションで台詞を覚えられたのは凄い。

仲良く手を繋ぐ二人は本当のカップルみたいです。

他の組み合わせも観れば良かった〜(ノД`)・゜・。


今流行?の韓国と言うと、抵抗のある人もいるかもしれませんが、非常に素晴らしいミュージカルだったので、もし再演があるなら色んな人に観て欲しいなぁと思います。
大作とはまた違った良さがありますね。

では、レポは以上で!
お付き合い頂いた方はどうもでした〜。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

パン社長三波豊和です!
ご来場、並びに細かなレポートありがとうございます。
私もお褒めを頂きまして…。

ただ一つ…。
2幕頭のプ・ヨンジュンはLEN君です。
あそこはその日のソロンゴが持ち回りでやりました。
http://www.bballae.puremarry.com/
の記念写真の所をご覧下さい…。

またあなたに見て頂ける舞台に出られるよう頑張ります!!

(成りすましでない証明、Tバックが出来て良かったです…)

2012/2/24(金) 午後 0:47 [ hin*eeh**ima*u ] 返信する

アバター

三波様>うわーー!!こんな辺境の地までわざわざありがとうございます!!(ノД`)・゜・。
しかも、ご親切にご指摘ありがとうございました。
そして、申し訳ございません。
手直しさせて頂きました!
確かに、今思い起こすと顔はLENくんだったな〜と思っておる次第です(汗)。

Tバックと書かれると下着のようですが(笑)。
TBもありがとうございます。

三波サン、とても素晴らしかったです。
テナルディエの時よりも演技も歌も堪能できて良かったです(^^ゞ
こちらこそ、また是非是非拝見させて下さい!
本当にお忙しいところわざわざありがとうございました。
これからも、素敵な歌声と演技を客席から見守らせて頂きたいと思います。

2012/2/27(月) 午前 2:51 梨音♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事