道中道楽

生きてること自体「道中」。だから「道中」を「道楽」しましょ。※昔Livedoorでやってた続きです※

全体表示

[ リスト ]

【映画】羊たちの沈黙

アンソニー・ホプキンス、ジョディ・フォスター(1991年アメリカ/監督ジョナサン・デミ)
---
 最近はあまり映画を見なくなった。どこにいってもアベック(古!)だらけで独り者には不愉快な環境なことも多いし、元来何度も見たい方なので(最初のスターウォーズなんか9回見たよ、映画館で)、ビデオやDVDの出る最近では「待ってりゃいいや」になる。

 だから映画の日とか、大画面で見る価値がある、というより大画面で見なきゃ意味無いとか思えるもの(その代表は「レイズ・ザ・タイタニック」だったと思ってるが)か、違う動機付けの有るときということになる。

 今日は『お台場映画王』のアヤパンのトークショー目当てに台場のメディアージュまで出掛けて、レンタルビデオで見た記憶のある「羊たちの沈黙」を見てきた。
 前から3列目だとメディアージュ13番館程度のスクリーンでも迫力はかなりのもの。隣席の女性は「初めて見る人」に挙手していたが、スプラッタな画面からは目を背けていたね。

 誉める必要もないような名作で、もちろん面白かった・・・ともいいにくいか。けど見て損はしない作品だと思う。

 サスペンス・ホラーってジャンルの作品を誉める言葉って何だろうね?
ドキドキ・ハラハラ感ってのは「面白い」のと同質だけど
なんというか湿度があって明るさがない、という面で何か区別したい。
「楽しい」ってのも何か変な趣味みたいだ。

没頭できた?のめり込んだ?「ハマった」ぐらいか。

この記事に

閉じる コメント(3)

こんにちは。私は、この映画の価値は、アンソニー・ホプキンスの演技に尽きると思います。レクターは、ピチピチの囚人服で登場しますが、あれは、アンソニー・ホプキンスのアイデアだったそうです。その時点で、この映画の成功が決まったのではないでしょうか。

2005/8/28(日) 午後 10:50 [ - ] 返信する

顔アイコン

コメント有り難う御座います。サーバーの遅さに嫌気がさしてグルメブログの方を中心に更新しておりましてここを開いてませんでした。 スミマセンです。

2005/9/29(木) 午前 0:19 [ 流民 ] 返信する

顔アイコン

そういえばずいぶん前の映画で忘れておりましたがそんなハナシを聞いた気もしますね。 原作の場合あれやこれやの説明によって怖さが客(読者)の勝手な想像で膨らみますが、映像の場合は一瞬の視覚イメージにより客の中に侵入してくる怖さといいますか「それがコワイ」訳でなくとも「なんとなく」怖さが増す、心理的な圧力が大事なんでしょうね。 アンソニーホプキンスは役者としての経験からそういう直感を持っていたのでしょうか。たしかに名優ですね。

2005/9/29(木) 午前 0:20 [ 流民 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事