八重川商店

地元九州宮崎からの魅力的な情報やモノを発信します。どうぞよろしく!

野球、スポーツ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今年のオフシーズンは、ホークスファンにとってショッキングなニュースが立て続けに飛び込んできます。
城島捕手の阪神移籍に始まり、突然の森脇コーチの解雇。そして、個人トレーナーの施設立ち入り禁止という球団の判断。これらはそれぞれに性質の違う事項で、同列に扱うべきものではないのかもしれませんが、ファンにとって衝撃的なニュースだったということについては変わりはありません。

城島捕手の件については、もういいでしょう。私も吹っ切れているし、いなくなった人間のことをとやかく言ってもしょうがない。さて森脇コーチですが、この人が今年いなくなるとは考えもしなかった。キャンプでいつ行ってもその姿を見かけない事はなかったし、チームには必要な存在と思っていました。
ここ数年のチームの状態を考えたら、何かを変えなければならないのは理解できる。しかし、そのニュースを聞いたときはビックリしましたし、発表のタイミングが不自然に思えました。まあ、承認をとるべき人の了解を得られなかったとか、いろいろ事情もあったんでしょうが。

そして、球団関係者以外の施設立ち入り禁止。これには、杉内が異を唱えているとおり、練習パートナーがいないなど、困る選手もいるでしょう。特に杉内は血行障害を抱えているから、トレーナーなしにはコンディション維持は難しいでしょうし。斉藤の言い分も分からなくはない。個人トレーナーを雇っても故障者続出や終盤息切れといったここ数年の状況は改善されていないわけだし。だったら球団に、コンディショニングを一任させろという事なんでしょうか。

球団が、チームを強くしようと思って下した判断なら、中長期的に見てチームにとってプラスになると考えての判断であれば、それはそれで尊重すべきことかもしれません。ただし、それが結果につながるかどうかは分からない。

逆の目がでれば、チームは下降線をたどる一方かもしれない。もしかしたら、来年もその次も優勝できないかもしれない。だけど、少し長い目でチームを見守っていこうと思っています。

待ちきれなくなるかもしれないけど。
https://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue.gif
にほんブログ村 (文字をクリック)





失望、絶望。

それしかありません。
マリナーズ城島捕手が、阪神タイガースで日本復帰ですと。

頭では、分かってる。城島捕手は自身の権利を行使して、最も行きたい球団を選んだ。阪神球団も、ルールに則って獲得しようとしたまで。その結果に対して、誰がどうこう言える筋合いのものではない。

しかし、心が、どうしても納得できない。湧き上がる怒りが収まらない。なぜ?どうして??の疑問符が消えない。

報道から1夜明けた今日、球団側、選手側それぞれの内情はこうだったと、各方面からいろんな情報が飛び交ってきます。ただ、はっきりしているのは、僕らの元へもどってきてくれるはずと信じて疑わなかった選手が、手の届かないところへ行ってしまったという事。

どうやら、この球団は、永遠に優勝できない気がしてます。来年は、おそらく、ロッテが巻き返すことでしょう。そして、その次は、西武か、北ハムか。その後は楽天かオリックスと、それぞれに風が吹くのだろうか。

それでも、ファンはやめないけどね。でも現時点で、良い材料は全く見当たらない。

ヘコむときは、正しく徹底的にヘコもう。
https://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue.gif
にほんブログ村 (文字をクリック)





開く トラックバック(1)

過剰な期待を、抱くまいとは思えど、我らが城島が日本へ帰ってきてくれると聞いたときには、ああ、やっぱり俺らのジョーは、ホークスに帰ってきてくれるんだと思いました。

ところが、その後の報道を聞く限り、そうでもないようです。俺らのジョーが、日本へ帰りたがってるというのに、還ってくるなら絶対ホークスと俺らは思っているのに、ホークス球団から聞こえる報道は、獲得に消極的な発言ばかり。ようやく今日、獲得の意思を示したものの、果たしてどこまで信用していいのやら。

僕らは、俺らの城島が還ってくるのならホークスと、信じています。日本国内で他球団のユニフォームを着る城島の姿など、想像も出来ません。ソフトバンク球団様、どうか、我らの城島を九州へ取り戻して下さい!!!

その願いを、ホークス意見メールボックスへ以下の内容で投函してきました。

---
孫オーナー様。
こんにちは。
ソフトバンクホークス球団のファンです。
ソフトバンクホークス球団についてのお願いです。
宮崎在住のホークスファンです。
以前ダイエーからの買収が決まった時、球団応援歌を残して欲しいとお願いした、インターネット上のハンドルネームは八重川deRUNNERと申します。

今年は残念な結果におわりましたが、来年こそはみんなで勝利の栄冠を勝ち取れると信じています。

今回はお願いがあってメールしました。
城島選手を何としてもホークスに戻してあげてほしいという事です。
彼がマリナーズを退団すると聞いたとき、いいニュースのなかった今季にあって、久々に心躍る朗報だとわくわくしました。
これで我らがジョーが、九州へ戻ってきてくれる、と。

ところが、報道をみていると、復帰に消極的な球団関係各位の発言が多く、ソフトバンク球団としては、城島選手を受け入れてくれないのではと、とても不安です。
我らのジョーが、、九州で生まれ育って、大きくなっていったジョーがソフトバンク以外のユニフォームを着るなんで、、とても想像すらできません。考えたくもないんです。

今日の報道では、獲得に参戦したとの事でしたが、信じていいのでしょうか。どうか本気で城島選手を呼び戻して頂く事を切に、心から希望します。

コストや球団内でのバランスなど、事情はいろいろおありでしょう。

だけど、ジョーは、我らホークスの選手なんです。宝なんです。
単に戦力的なプラスマイナスだけじゃないんです。

彼は、ソフトバンクホークスの、城島選手なんです。

田上の成長は認めます。だけど、彼もまだ課題が多い。リード面や送球など。
城島選手が帰ってきてくれたら、決して、彼らの成長の妨げにはならない。
ホークスとメジャーリーグで培ってきたさまざまな経験を、彼は惜しみなくホークスの選手に伝えてくれる事でしょう。
田上だけじゃない。ホークスには将来を嘱望される荒川、高谷、堂上と、有望な選手がいっぱいいます。
彼らを成長させる意味でも、城島選手の存在は欠かせないと考えます。

条件面に関しては、彼はそこまで過剰な要求はしないと思います。金銭面で他球団に遅れを取っていたとしても、球団全員で迎え入れたいという意思が伝われば、彼はきっと帰ってきてくれます。インターネットのファンの声を見てください。ファンは、全員、城島選手の復帰を望んでいます。

宮崎に住む者として、どうかまた、彼が目前で活き活きと練習している姿を見たい。ヤフードームで、颯爽とプレーしている姿を見たい。ファンとしての切なる願いです。

孫オーナー様。
球団関係者様、首脳陣様、
どうか、城島選手を呼び戻していただけるよう、心から、切にお願い申し上げます。
---

ホークスファン全員の、心からの願いです!
https://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue.gif
にほんブログ村 (文字をクリック)





この報道を聞けばやっぱり、胸躍らせざるを得ません。
元ホークス城島が、マリナーズとの契約を破棄し、日本へ戻りたいとの意向を示しているという事ですよ。個人的には3年経過した今年には戻ってきてくれるんではないかと思っていたものの、契約の切れる去年だかに延長したとの報道を聞いて、ああ帰ってくる気はないのかなと、現役でのホークスユニフォーム姿を見ることを正直あきらめかけておりました。

それが、突然、この報道。彼自身のコメントもある事だし、帰国はほぼ間違いないでしょう。一部ではセリーグ球団が狙ってるという事らしいけど、俺らファンは信じて待ってるぞ。俺らの、ジョーの故郷である、ホークスへ帰ってきてくれる事を。

待ってたよ、早く帰っておいで!
https://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue.gif
にほんブログ村 (文字をクリック)





開く トラックバック(4)

今、この時期に優勝争いできている状況を楽しもうじゃないか。って、ほとんど今シーズン最初からそれが出来てない自分自身に言い聞かせているんですが。

福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルス。昨日完全な勝ち試合を、あわや落としそうなところをあやうく拾って、今日はどうなるかと思ったら先発岩崎君ですかい!でも途中まではナイスピッチングだったね。もしかしたら勝てたかもしれない試合だったよ。

俺らにとっては、残り数試合しかない状況としては、負けていい試合など1つもない。だけど、そんなヒリヒリした状況におかれている事を、楽しもうじゃないか。

最後まで何が起こるかわからない。だから、楽しい。
https://www.blogmura.com/img/www80_15_lightblue.gif
にほんブログ村 (文字をクリック)





開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事