全体表示

[ リスト ]

ジャーニーラン日:2014/6/15(日)
その2からの続きです。。)
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=ar34ttixg64RzWZw5YNfWmIqmkmnF6dL9PtyebSkR8ErWJphNx35b_jOGqDLF959p7w7&width=360&height=480&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,34.83381,137.92997,34.83906,137.93442,34.84744,137.94139,34.85589,137.94639,34.86378,137.94503,34.86969,137.94950,34.87919,137.96931,34.90036,137.98306,34.90597,137.99389,34.90828,137.98903,34.91847,137.98661,34.92803,137.98164,34.93322,137.98531,34.94186,137.98989,34.95253,138.00406,34.97014,137.99564,34.97044,137.99728,34.97500,138.00403,34.97558,138.00889,34.97153,138.01239,34.96597,138.01217,34.96111,138.01328,34.95658,138.01375,34.95128,138.01389,34.94800,138.01642,34.94436,138.01567,34.93889,138.01333,34.93853,138.01803,34.93728,138.02497,34.94100,138.03017,34.94436,138.03658,34.94708,138.04339,34.94647,138.04917,34.94514,138.04956,34.94314,138.06050,34.93767,138.06453,34.93850,138.07200,34.93969,138.07197,34.94003,138.07419,34.94072,138.07783&pins=34.83381,137.92997,,blue&ping=34.94072,138.07783,,red&mode=map

春埜山大光寺をあとにして、東海自然歩道を進み、まずは大日山金剛院へと足を進めた
”東海自然歩道”の道標を忠実に進めば良いのだが、5年ぶりにこのコースを巡るため、どうもコースがうる覚えであった

イメージ 1林道を北上して行くと、シングルトラックのトレイルを案内されるので、登って行く













登り始めて、急登となって一気に標高を稼いで行く

イメージ 25年前のことは記憶になく、こんなに急な登りだったことを完全に忘れておりました。
人間、苦しいことは忘れてしまい、楽しかったこと、良い思い出しか記憶していないものです


すると記憶にある”春埜山奥之院”に到着した







更に進んで行くと夕日峠との分岐となったここから夕日峠へルートもいつか行ってみたい
トレイルが緩やかとなり、
イメージ 3「鳥居沢山」へ到着
笹と木々に囲まれた山頂に展望は無かった。

調べたところ、”鳥居沢”は家山川の左俣の雲見集落の源流部の名前ということだ。

鳥居沢山は森町との境界上にあり、ここの標高が森町で一番高い標高点となる

鳥居沢山からは下りとなるが、だいぶトレイルが荒れた道となっていた
転倒しないようにと思いつつ、ペースを上げて下って行った
森町側の西側は植林地で暗い。島田市側の東側は自然林で開けた感じである。
下りが終わると伐採地となり、眺望が開けた。
イメージ 4足元には、シロバナヘビイチゴの白い花が見えていた













下りきったところで、林道を横切って、林道工事で東海自然歩道が分断たようで、進むべき道がはっきりしないが、道標をみつけた

イメージ 5樹林帯の中でコアジサイが群生していた。















更に落ち葉が堆積し滑りやすい、トレイルを一登りして山を越えると、平松峠に到着した
イメージ 6舗装路を右に曲がり、大日山金剛院へと進んで行った。













舗装された参道を登り切ると、大日山金剛院の仁王門が現れた
イメージ 7ここも久しぶり訪れることになった














仁王門を潜り、更に進むと
イメージ 8















イメージ 10霊場大日山金剛院に到着した















イメージ 9ユキノシタ














ここで、休憩をしてこの先の進むべきルートを検討した
ここで、林道を下って森町最奥の嵯塚地区を通過して自宅まで戻るべきか、
はたまた、大井川を目指しこのまま東海自然歩道を家山駅まで下って、電車を乗り継いで帰路へと付くかである
この日の暑さは厳しく、持っていったハイドレーションの水分の残量も気になった
このまま、直接自宅まで走れないことはなさそうだが、ちょっと林道ルートが自信がなかった

したがって、東海自然歩道を家山駅を選択した

イメージ 11この道標を確認して、一気に下って行った。
かなりのペースアップであった













イメージ 13長い林道を右に左に蛇行して山道を下った後、林道となって市井平へ下った。

市井平のミラー












更に長い舗装された林道を下って、下って県道天竜藤枝線と合流した

イメージ 12野守の池を経由して、大井川鉄道家山駅に到着した













到着して、10分ほどで上り電車が入ってきた
日曜の夕方、多くの乗車客で満席だった。駅前の自販機で買ったコーラが一際美味しく感じると共に、
この日の暑さを忘れさせてくれた。ゆっくりと大井川沿いを進む電車に揺られていた帰路についた

(了)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お疲れ様です。

このコースは春、車で走ります。

うっそうとした木立が気持ちいいのです。

なので韋駄天太郎さんのすごさがびしびし来ます。

私の場合は「水目さくら」に会いに行くのです。

お体に気を付けて頑張ってください。 削除

2014/7/4(金) 午後 3:09 [ セレナーデ ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様。今の季節、山は涼しくて気持ちよさそうですね。
いつも時間がどれくらいかかるのかな?と気になっております。

2014/7/4(金) 午後 6:32 のり 返信する

顔アイコン

セレナーデさん

お久しぶりですね。
このコースは過去に数回走っているのですが、前回からずいぶんと時間が経っておりました。
それなりに厳しく、この時期は暑さとの戦いでしたが、
マイペース、自分をコントロールすることの大切さを改めて強く意識しました

2014/7/4(金) 午後 11:58 [ 韋駄天太郎! ] 返信する

顔アイコン

のりさん

この日は日差しが強く、非常に暑い日でした。
山の中はまずまず涼しいです。
今回は写真を撮ったり、道を偵察したりとゆっくりと時間をかけて、走りました

2014/7/5(土) 午前 0:01 [ 韋駄天太郎! ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事