ここから本文です
RUNRUNの道楽diary
4年目突入しました♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ずいぶん前のことになりますが、USB3.0対応のカードリーダが欲しいということで取り付けマウンタ等とともに入手しました。


イメージ 1


イメージ 2



そして今回は、マザーボードに用意されているUSB3.0端子が既にケースのフロントパネルで使われてしまっているために、端子増設用のボードも購入。



イメージ 3


たぶん使いませんが、背面用にもUSB3.0が2つ用意されています。

今回使用するのは内部の端子です。





イメージ 4

ボードはこのように取り付けました(かなり小さい



イメージ 5


取り付け後正常に使用できました。

前PCのUSB2.0仕様のカードリーダと比較しても、同じSDとは思えないほどの速度向上を体感できました・・・当たり前だけど(笑)




これで快適にブログ更新も行える仕様となったわけですが、今後も暫くはこのような不定期更新になると思います。

個人的な話になりますが、おおよそ一年くらいのスパンである計画を立ててまして・・・
結果が表れれば、こちらでも良い報告が出来るんじゃないかな〜と考えています。

イメージ 1

イメージ 2


当記事もこのPCで書いていますが、当然ながら非常にレスポンスが良くて人間の方がもたついてるくらいです(笑)

またWEIのスコア(Win10なので”WinSAT”上にて表示)も今までにないスコアで一番低いのがSSDのサブスコアとなっています(←心当たりあり)


こんな具合に当初の予定通りのハイスペックPCとして使えてうれしい限りですが、現状の主な使い方はfooberで音楽を再生させながらブラウジング、もしくは軽いPCゲームをやる程度(^-^;

まああとは当ブログの更新もこのPCでペースアップ出来るといいですね(汗




・・・・・・しかしブログを更新するうえで一点のみ課題が。


PCを組む時点でカードリーダを入れることを失念していたのです!


当初は前PCのカードリーダをそのまま引き継ごうかとも思ったのですがUSB2.0接続なのがどうにも納得いかず・・・。


やはりここは新たにUSB3.0接続のものを導入しましょう!


(続く)

イメージ 1


今回は、前回の予告通り突如組むことになった新PCをご紹介していきます!



まずこのPCを組むにあたっての背景として、まず今までメインで使用していたPCが古いということがあります。(core2quadとDDR2メモリの組み合わせにGPUはGTX285)

SSDを導入しているので正直レスポンスは結構いいのですが、ほとんどのパーツが中古品の寄せ集めで「とりあえず」組んでいたはずのものをずっと使ってきたので、そろそろメインの座からおろしてあげてもいいのかなと。

(重ね重ねですが、現PCもまだ十分に現役でいける性能です。)

それに加えて、今回の記事のタイトルでもある”Skylake世代”のプラットフォーム(MBやメモリも含む)で構成された最新のPCを使ってみたい!という好奇心が重なって今回の新PCプランがスタートしました。


パーツ構成も非常に悩みましたが、そのあたりのことを書いていると長ったらしくなるので省略しますが、方向性としては、

  • 今後メインで使用することを考えて、将来性のある最新のプラットフォームを使用する(先述)
  • (限度はあるが)それなりの予算を組んでパワー、レスポンス、省電力性を考慮した構成とする。

この二項目を中心に構成を決めていきました。






ではまずケースから。


イメージ 2

とっても大きな箱に入ってやってきました(笑)



イメージ 3


中身はCOOLERMASTERのMASTERCASE5というもの。

後付けオプションを含めた拡張性の高さと水晶の原石のようなスパッとしたデザインに惹かれ選びました。



イメージ 4

内部はかなり広めで、SSD用マウンタや背面の配線用スペースなど最近のトレンドは一通り抑えているように思います。


イメージ 5

見にくくて申し訳ないのですが、マザーボードはZ170 Extreme6にしました。

予算的により安価なH170でもよかったのですが、マザーボードはそうなかなか交換する部品でもないので、どうせならということでZ170に落ち着きました。


イメージ 6

既にケースに組み込まれてますが、電源は省電力性を考慮して80PLUS PLATINIUM認証の「KRPW-PT600W/92+ REV2.0」という長ったらしい名前のを購入。




イメージ 7


さてお次はSSD。
私は今まで何故かADATAのSSDばかり使ってきたので今回もADATA(^^)/

起動用ドライブでデータ用とセパレートで運用するにしても最低でもこの要領は確保しておきたいとのことから、SP550の240GBを購入。

TLCがどうたらこうたらとささやかれていますが私はまったく気にしてませんw



イメージ 8

メモリはDDR4規格の8GB*2枚のものにしました(型番はこれまた長いので省略...)




イメージ 9

GPUはPalitのGeForce GTX 960 JetStream(2GB)をセレクトしました。
動作温度が低い時にはファンが廻らないセミファンレスという、如何にもナウい製品。

たいていのPCゲームもこなせると思いますが、その辺のことはまだあまり理解していないのです・・・(というかPCゲームをほとんどやったことがない)



そして最後はCPU・・・、

イメージ 10



「せっかくだから」「とりあえず」「使ってみたい憧れ」
この3つでおおよそ説明できると思います(笑)

Skylakeの現時点でのメインストリーム最上位CPUである6700Kです!
4コア8スレッドで4.0GHz、ブースト時は最大4.2GHzで動作するようです。



このCPUに、ケースと同じくCOOLERMASTERのHYPER 212 EVOという空冷クーラーを組み合わせました。



これらをケースに組み込んで、各配線を施して・・・・・・・・・、












イメージ 11



ご覧のような内観に。
裏配線が効いて、下手な配線ですが結構スッキリまとまりました。

なかなかにごてごてしてますがどこも干渉していないのは流石みな新品・・・というか実はそこを心配していたので一安心です(*^^*)




では次回は、OSを導入してさらに・・・といったあたりを紹介できればと思います。

p.s.   最初の画像の通り、今回はデータ保存用に3TBのHDD(WD30EZRZ-RT)も用意しました!

イメージ 1

↑の構成で新しいPCを組むことにしましたので、今週中に紹介していく予定です!



それにしても、2016年の最初のひと月がもうすぐ終わろうとしていますが本当にあっという間に過ぎましたね(^^;

今月当ブログは元旦以降全く更新していなかったという危機的状況ww


・・・・・・来月の今頃には、またそこそこ更新できるようになっていると思いますので、それまでは週一更新が限界かとおもいます。


今は時間的なものよりも体力的にきついです(笑)


全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事