過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
70年代、学生運動に信条もなく身を投じた主人公。セクトでの活動、愛、セックス。所属するセクトの活動が過激になり、耐え切れず、逃亡。そして行く当てもないまま精根尽き果てた公園で自分を拾い助けた男。その男との一種の軟禁的生活。飼育される彼女と飼育する彼。そこには心がときめくような愛もなく体が喜ぶような性もない。閉ざされた世界でただ生きているだけ。そして時を経て30数年後、事件の余韻も消え、平穏で満ち足りた生活を送る彼女は偶然パリで彼に再会する。そして彼女は結婚生活を捨て再びあの生活に戻っていくのだ。

彼と一緒に生活した体験は、体験を超えて本能と化した。人間の欲望や欲求って刹那的な恋や性ではなく本能に回帰する。超現実的な体験を共有する2人だけが持つ帰巣本能?あるいは犯人と被害者が共通の意識を抱くストックホルムシンドローム?

生きることの本質とは最後にはここまで行き着くのだろうか?正直、僕には理解できないが・・・・

シテュエーションは違うけど超現実的な体験を通じて生きることの本質を問うという意味では僕的には桐野夏生の『残虐記』とかぶる作品。
イメージ 1
心筋梗塞で急逝した親友、蘭子の不倫相手、ユアサタケヒコとの恋にのめり込んで行く主人公エリカ。男と女はいつだって求め合ったふりをしながらその実儚い束の間の夢を見ているだけ、という達観とも諦観ともいえる気持ちを引きずりながら40過ぎまで心からのめりこむような恋愛をしたことがないエリカ。死んでもいいと言えるような恋愛は幻想でありその存在を否定しながらその実そういう恋愛を求めて急速に激しい恋に落ちていく。否定しながらも恋愛とはこうあるべきというステレオタイプをこころの奥底に持っているから、観念と現実のギャップにはまり込みどんどん空虚になっていく心。結局今までの自分を変えてくれるような恋愛には辿り着けず、再生のないままこの恋は終わりを告げる。

時間の長さは人それぞれだろうが、その瞬間、死んでもいいと思う恋愛をした(あるいはしたと信じている)人は少なくないと思う。僕もそういう恋愛はあると思う。それを自分のライフスタイルや価値観や地位や立場を言い訳にして醒めた考えで否定するのはごまかしであり、逃避なのではないだろうか。

エリカはまたこの恋愛で自分自身の考えにより確信を抱き歳を取って行くのかもしれない。

エリカやタケヒコの生活様式は形式的な虚栄心を満足させるだけの薄っぺらなものに溢れていてどこか嘘っぽい。まあ江國香織の小説よりは現実感があるけれど。虚栄を飾ることにプライオリティをおいた男女の恋なんて所詮はこんなものなのかなと思ってしまった。

ついでに言うとどんなに痩せ型でもどんなにアスリートタイプでもタケヒコみたいな生活している中年は服を脱ぐと無駄な肉のない肉体の人はいないと思う。骨格がしっかりしているとか肩幅が広いというのはあると思うけど。男の体は鍛えなければはっきりと違いが現れる。そしてそういう体を持った人なら、女性との会話にもそういう話題が出るものなのだ。こういうところもなんとなく現実感がないんだよね。

結局周りから見ると「あなたみたいないい女が何やってんの!」て腹立たしくもあり、滑稽でもある恋を、エリカは宮本洸一を通して客観的に見て自分の立ち位置に気づく。洸一の無垢で無心な心だからこそエリカの薄っぺらな生活様式に惑わされない彼女の本質が見えたのか。
その名も「ホルモン建設工業株式会社」というホルモン焼き屋さん。場所は新橋。

イメージ 1

シテュエーションは建築現場。鉄骨で組まれたような店内には建築現場でよく見る注意看板。ますます雰囲気を盛り上げています。イスも鉄骨で組んだベンチ。ちょっとした異質空間です。雰囲気出てるでしょ。

ホルモン部位十数種、タン、カルビ、ロース、つらみ(頭部)、はらみ(横隔膜)などなどどれも美味いっす。かなり上物を使っているようですよ。おねだんはそれなりです、決して安いホルモン焼き屋さんじゃないです、アハハ。

イメージ 2

韓国濁り酒のマッコリの他にマッコリとビールをミックスしたモッコリ???というのがメニューにあったがこれは初めて聞いた飲み物。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事