過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


サブプライム問題、リーマンショック・・・ 他にもいろんな呼び方をされている2007年後半から世界を100年に一度のどん底に陥れた一連の金融危機がどのようにして始まり拡大し爆発し大きな傷跡を残したのかを鋭く抉った名著であると思う。

当時アメリカで(特にニューヨークで)金融関係の仕事をしていた者ならば2007年半ばから金融市場が妙に変な動きをしていたことは知っているはず。そしてその頃から起きていた一連の事象がどういう理由で起きていたのか、この本を読むと良く解る。当然そこに居なかった人にはこの臨場感は解らないと思うしだからこそそれほど面白い本だと感じられないかもしれないが・・・。

この本と同時期に読んだ本に手嶋龍一のウルトラダラーというのがある。別にこの2冊にストーリー的に何かつながりがある訳ではないが、2冊を読みながら同じことを感じた部分があった。

「常識に反したことが起きているとしたら必ず何か理由がある。周辺の事象を丁寧に解きほぐせばその理由が何なのかを見つけることが出来る。」ということである。

もちろん常識というもの自体が客観的な事柄であり、世の中の変化に応じて常に変化するし、唱える人の感性やセンスにそのな精度が大きく依存するので、常識を常にアップ・トゥ・デートにしておくこと自体が相当難易度の高い作業なのだが。

そして変な事が起きている時に皆がそれをやっているから自分もやるのか、やはりそこで変なことの理由を見つけ適切に対処するのか、これが大きな分かれ目なのだろう。エンロンもそうだったし今回の金融危機も然り。

そういえばエンロンが破綻する前には「エンロンのビジネスモデルを理解できない奴はバカだ!」なんてことが平気で声高に叫ばれていた。マンハッタンの投資銀行で働いている奴らはほとんどそういうやつらだった。今回(性質は異なるがある意味では)同じような失敗を(もっと大きな規模で)繰り返したというのは、結局彼らはそこから原理原則や一般論を何も学習しなかったということかも。

ところで、金融の大きな発明を幾つか挙げれば、1.レバレッジの概念、2.指数、3.分解と合成(デリバティブズ)、4.差額決済などがあるが、この何れもが偉大な発明だと思う。

今回の金融危機はこれらが複雑に組み合わされそして途方もなく大規模に使われてしまったということ。もう現物の世界なんかどこかにすっ飛んでしまった。

単純で当たり前のことだが、どんなに素晴らしいものでもその使用量を間違ったり使用方法を間違ったりすれば毒にでも破壊兵器にでもなってしまうということである。

このことを我々はついつい忘れがちだ。

そう言えば、カリフォルニアで働いているとき、同じ部署の無茶苦茶太ったおばちゃんが嘆いていた、「ダイエットコークしか飲んでないのに何故か太っちゃうのよ!」って。そのおばちゃんはたぶんダイエットコークを1日少なくとも3リットルは飲んでたはずだ。1リットルのペットボトルがごろごろ転がっていた記憶がある。いくらカロリーゼロでもそりゃ3リットルも飲んだら別の意味で太るだろうさ。やはり使用量や使用方法は間違えてはいけないのだ。

そしてその使用量や使用方法を制御するものは人間性であり常識なのではないだろうか。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事