雑記帳

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

その1から続く・・・・・・・・・・


【前半】

Kick Off直後から、シカゴ団の動きはNYチームを上回っていた。FWのボール奪取には力強さがあり、BKは攻守ともに前進を意識していた。

前半10分。でました〜。駒形の”何だ?この野郎。やるなら、やってやるぞ。“と喧嘩を挑発。亀井は、思った。「駒形さん、またやってはるわぁ。俺も挑発したいけど、レフリー(三本)に成敗されんのん、いつも俺やもんなぁ。」亀井はここで堪えたが、後に成敗されることを、彼は当然このとき予感していなかった。

NYチームに焦りがでてきた。ボールが奪えない、前進できない。故にペナルティが多発しだした。殆どがNY陣でゲームが進行していた。しかし、シカゴラグビー少年団は敵ゴール前まで進んでも、トライが奪えなかった。

この時、フィールドの外で待機していたロマンス・グレー三戸は苛立っていた。この苛立ちが、後に彼を年齢と相反する動きにさせることとなる。

前半(25分)終了。スコアは、0−0の均衡であった。後半に向けて、シカゴ団は相手の動きを封じ込め、FWでどんどん前進する作戦をとることにした。


【後半】

 Chicagoの Kick Offで開始。Kick Offがダイレクトでタッチラインを越え、NYはスクラムを選択した。そのNYボールのフィールド中央スクラムを、シカゴFWはPushした。左に回ったスクラムサイドから、左フランカー田代がボールを拾い、敵SOへ「どすこい」と体当たり。基本に忠実なダウンボールからラック形成。素早く活きたボールが出され、右へ展開するが、SH木村のパスはショートバウンドとなった。そのボールをCTB三戸が好捕のうえ、敵CTBのタックルを素早くかわしきり、40mを独走。敵ゴール前でNYチームのデフェンスに追いつかれるが、NYふたりのタックルを引き摺りながら、驚異的な足腰のロマンスグレーは、右中間へ両軍の初トライをもたらした。

   

 Chicago 5 − 0 New York


7分

NY陣22m左中間でChicagoはペナルティキックを獲得。NYチームがそのペナルティに対

して、ラグビー協会公認レフリーの三本に暴言を吐いた。その暴言に対するペナルティにより、

更に10m前進。SH木村のチョン蹴から右に展開しようとしたが、そこにはSO大春ではな

く、マウスピースをつけて「映画・猿の惑星」のメイク状態の右フランカー小嶋がパスを待ち

受けていた。ボールはショートバウンドとなり、小嶋はボールをトンネルとなったが、FB寺

尾がボールを拾い、NYのBKの裏へショートパントを上げ、自ら好捕。そのままNYデフェ

ンスふたりにタックルされながら、右中間にトライ。寺尾はトライ後のゴールも成功させ、更

に2点が追加された。



    Chicago 12 − 0 New York 


16分

NY陣ゴール前5m右中間NYボールスクラム。シカゴFWは、強いPushから敵ボールを奪

い、No.8寺林が、左スクラムサイドを大きな顔の重量を利用して、強引にトライ。

  

   Chicago 17−0 New York



シカゴの勝利は確信できた。

しかし、スクラムトライ後の敵Kick Offから、フッカー亀井とロック服部がお見合いとなり、ボールを確保できずに、敵ボールスクラムとなった。

 トライ後の気の緩みに、「大魔神怒る」が炸裂。服部を蹴るつもりであったが、近くに居た亀井を蹴りつけた。大映映画「大魔神怒る」では、大魔神は悪いお代官を成敗するのであるが、我大魔神は団員を成敗する。亀井はレフリーではなく、大魔神に成敗された。亀井は今回も納得のできない成敗のようであった。

 又、大春は、疲れの見えた長老プロップのブル福田に、「ここでスクラムを押せ!」と一喝。地検特捜部の脅しにも屈しなっかた50歳を越えた福田は、大春の言葉に燃えた。

 後半15分。NY副将フランカーの北林の独走トライと思われたが、超人的なバッキングアップでタックル。ピンチを救ったロック錨。やはり、朝焼けのマンハッタンで走り込み、駒形を熱くさせた程の男であった。タックル後のこぼれたボールを、Chicago陣ゴールで押さえ込んだのは、薬物中毒疑惑(実は薬物ではなく、栄養補助食品と自分の身体を酷使することの愛好家)の粟島であった。シカゴラグビー少年団は大きなピンチを脱し、全員が完封勝利を目指していた。  



後半23分

シカゴ陣10m右中間NYボールスクラム。NYチーム-は、左オープンに展開。NY CTB浦添が、シカゴBK陣とFW陣の間を突破。そのまま左中間にトライ。



Chicago 17−5 New York



ノーサイド。1トライを奪われる結果となった。そのトライには悔いを残すが、ノーサイドの笛と同時に、シカゴラグビー少年団団員全員が歓喜した。皆、きれいな男の顔になっていた。BKのトライ。FWのトライ。プロップからフルバックまで、バランスのとれた良いチームに仕上がっていた。

ノーサイドの時刻に、仕事の都合でNYに来られなかった団員達も、各々の地でシカゴラグビー少年団の「勝利」を信じ、心が熱くなっていた。滝は自宅に居ながら、シカゴとニューヨークの時差を忘れ、「少年団勝利」の連絡がこないことに苛立っていた。

芳賀は、緊急の仕事に対処しながら、常に時計を気にしていた。

状況はどうであれ、すべてのシカゴラグビー少年団員が、目標・課題をもった練習に励み、呑み会では友としてのコミュニケーションを通じて、心がひとつになっていたことが、大きな勝因と思える。



NY戦前半出場メンバー

FW:1駒形 2亀井−脇 3山田 4服部  5錨 6田代 7小嶋 8寺林

HB:9木村 10大春

BK:11駒谷 12沼野 13成澤 14粟島

FB:15寺尾



NY戦後半出場メンバー

FW:1福田 2山口−亀井 3山田 4副島−服部 5錨 6田代 7小嶋 8寺林

HB:9木村 10大春

BK:11山田 12沼野 13三戸 14粟島

FB:15寺尾

レフリー:三本 タッチジャッジ:渡辺・植木 ビデオ収録:大場



【懇親】

シカゴとNYの対戦後、シカゴ団とNY団の混成チームでIRISHのCT GEY RFCと対戦。

IRISHチームは、基本に忠実なプレーを披露。寛平(小嶋)は、プロップで出場しながら、モール・ラックでも全てのボールに絡んでいた。又、50歳を超過したブル福田も重いスクラムに耐え、明日への活力を補充していた。植木もボールへの執念を全身から彷彿させる姿を見せた。



 全試合終了後、CT州内のIRISH PUBにて懇親会が開催された。ホストのCT Gey RFCは、日本人がゲストなので、日本酒(熱燗)を準備していてくれた。脇副団長が感激のあまり、大はしゃぎしていた。

 CT GEY RFC主将のPlayer of the dayとして、シカゴ団 SH木村とNYJ CTB浦添にその賞が与えられた。浦添は言った「シカゴチームの両フランカー(田代・小嶋)のタックルは、ひじょうに痛く、恐ろしかった。」

普通は記念品の授与であるはずが、ウイスキーを一気呑みだけの表彰であった。しかし、木村は大人であった。「この賞は、シカゴラグビー少年団員全員の気持ちがひとつになったから、自分を活かせることができました。この全員の知恵と汗、そして喜びを祝って、このグラスの酒を一気に飲み干します。」と流暢な英語でスピーチをした。副団長の脇の眼が潤んだ。



 NYへ戻り、Chinese Restaurantで、NYJチームと懇親会が開催された。我々は大魔神からの厳命の元、紺のブレザーで統一して、紳士である姿に一変していた。

 NYJチームからMVPが発表され、攻守共に大きな活躍をFB寺尾がMVPに輝いた。寺尾は言った「私は、産婦人科医です。普段は遺伝子の研究で毎日電子顕微鏡を凝視しており、ラグビーでストレスを発散しております。このような賞を頂戴して、誠に光栄です。産休。」

 

 Restaurantから二次会への場所が変わり、飲酒の封印を自ら解禁した駒形は美酒に酔った。

シカゴラグビー少年団員全員が、勝利・酒・ゲーム・カラオケ・エメロンシャンプーに深夜まで酔った。

 しかし、さすがニューヨーク。午前4時まで営業している居酒屋があった。我々もやはり日本人。二次会からは各自解散をしていたが、気が付いてみると、シカゴラグビー少年団全員がここに集まり、ラーメンを食していた。しかし、体調不良のデトロイト山田とカロリー天敵の田代は、ここには居なかった。

時刻は午前2時を過ぎていたが、駒形は「俺はラグビーをやっていてよかった。シカゴへ来てよかった。シカゴラグビー少年団があってよかった。」と酔ってはいたものの、珍しく標準語でマンハッタンの電柱相手に語っていた。・・・今日は誰が面倒見るの? 駒形管理役 錨。



【凱旋帰シカゴ】

10月3日。各々勝利と吉牛と摩天楼の余韻に浸りながら、NYのホテルを後にした。

ホテルを後にしたが、日曜日・月曜日とNYに残り、マイクラブを持参して日・月とゴルフに没頭する者もいた。「インク屋さん、あんたや。」

 10月4日。諸事情でNY遠征に参加できなかった、芳賀、滝、春名、岸川、昨年ロス・ゴジラから助人で参加したマサシ、シカゴソフトボールチームMJの「荒井注」からお祝いの讃辞が届いた。

 交通事故の被害にあい、練習にも試合にも参加できず、NYの遠征に同行して試合をビデオ収録した大場からも、皆を称える讃辞が寄せられた。

 試合を目の当たりにして、参加することができないもどかしさを、寺林も木村も昨年経験しており、大場の気持ちを十分理解できていた。

 当対戦で、沼野&三戸のタックルにより、足を骨折したNYJの副将河内君へ、シカゴラグビー少年団全員の快気を願うサインをしたラグビーボールを贈ることが決まった。

 寺林団長は、NYJに「我々は、NYJに追いつけと練習に励んで参りました。今回の試合では、我々勝利をおさめることができましたが、決してまだまだNYJを追い越したとは思っていません。それよりも、ラグビーを通じて多くの方々と懇意にでき、NYに来ることもできました。ラグビーという友の架け橋を大切にしていきたく思います。」とコメントを残した。


末筆ではありますが、遠征時ホストをしていただいたニューヨーク・オールジャパン・ラグビークラブの皆様にこの場を借りまして、厚く御礼を申し上げます。

これからも、我シカゴラグビー少年団と末永いお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。


終わり・・・・・・・・・・パチパチ(拍手)
こんな長いのよく読んだね、あんた。いやいや読んでくれてありがとう。

開く コメント(2)

荷物を整理していたら出てきた。

空気が抜けてぺしゃんこになっていたので空気を入れた。

楽しい海外生活の中でもとりわけ印象深い思い出が蘇ってくる。

これはシカゴを去るときにシカゴラグビー少年団(JRFCC=Japanese Rugby Fottball Club of Chicago)員の皆々さまから貰ったラグビーボールへの寄せ書き。紛れもなく宝物の一つである。

イメージ 1


イメージ 2


このラグビー少年団とは”少年”のような心を持ったオヤジたちの集まりだが、わたくしはこのチームで始まりから草創期にかけてプレーしていた。それからロスアンゼルスに引越ししたのであるがそれ以来この連中とは友人以上の付き合いが続いている。

久しぶりにこの少年団の記録をネットで探していたら草創期のクライマックスともいえる一大イベント、ニューヨークオールジャパンとの死闘の記録が出てきたので、ここに転載しておこう。あまりにも長いので次数制限に引っかかってしまい2回に分けて掲載することとする。

それでは始まり始まり・・・・・・・・・・

(アポロ注) スクール・ウォーズのBGMを流しながら読むと臨場感バッチリ!

シカゴラグビー少年団は、酒、たばこ、深夜残業の不健康な親父化した元ラガーたちが、ラグビーを通じて健全な心身を取り戻し、日本人としての米国シカゴ地域との親交を目的とした、老若男女を問わずに、結成された日本人ラグビーチームである。

 この物語は、2003年にニューヨーク日本人ラグビーチームから大敗を記したシカゴラグビー少年団が、1年後の2004年10月に同チームから大勝利への奇跡を演じた団員達を記録したものである。


【旅立ち】

2003年10月4日、NY Japanese Teamが当地Chicagoへ遠征。我少年団は、0−45のスコアで大敗を喫した。

その悔しさをバネに親父たちは奮起し、冬季はジャズサスアイズで心肺機能を高め、春にはRUGBYの基本を意識した練習を開始した。

殆どが在米日系企業駐在員を中心として構成されたチームであるため、帰任や他州への転勤者が発生し、核となる者の退団もあれば、核となる者の新加入もあり、メンバー構成も大きく変貌しつつあった。

大魔神(寺林団長)の“打倒NY”の号令の基、個々のレベル・アップよりも、チームとしての団結と勝つ意識に大きな成長が伺えた。

 2004年10月1日。前泊組がNYへ到着。一部の者は、“牛丼吉野家”へ直行。現在、日本でも食することができない吉野家の牛丼に、懐かしい味を堪能していた。

(アポロ注)この頃狂牛病で日本で牛丼が食えなかったことは記憶に新しい

 その後、Japanese Restaurant “East NY店”にて、NY前泊組全員で夕食をとることとなった。

NYチームの方々も数名参加頂き、和やかな雰囲気であったが、駒形が“俺は、今週酒を一滴も呑んでにゃぁ。”と静岡三島弁で呟いた。

 我シカゴ少年団員全員が我に還った。“遊びに来たのではない。リベンジである。”

通常では、考えられない夜9:30(シカゴ時間8:30)にはお開きとなり、各人10:30(シカゴ時間9:30)には消灯していた模様。・・・・・当日マリナーズ ICHIROが前人未到の260本安打を記録した・・・・西海岸地区の試合であったので、NY時間1:00amに記録判明。・・・・筆者は起きていた。


【決戦前】

 10月2日。

錨が朝5:30から朝焼けのマンハッタンをランニングしていた。恐らく彼の頭の中には、ロッキーのテーマソング「Eye of the tiger」か、映画ゴジラに立ち向かう日本国自衛隊の出動テーマ曲が、流れていたのであろう。それをホテルの32階の部屋から、駒形は見ていた。駒形は決戦に挑む決意を胸に、今では珍しいマンダムのポマードを使用しながら、1時間を費やして整髪をした。駒形の同室に宿泊をしていた大春が、この頃「うすい」「ひかる」「ぬける」という言葉に敏感になっていたことを、駒形は気遣うことができなかった。

ホテルフロントへ8:00am集合。JFK空港へ向かうJAL国際線乗組員が、同ホテルフロントに集合していた。その集団を見た大春は、近づきたくてしょうがない。

しかし、我チームの試合用ジャージ、遠征バッグ、ウインドブレーカーには、スポンサー“ANA”のロゴマークが目立つように付けられていた。他の日本人宿泊客や周囲からは、全日空のサーカーチームと思われていたようだ。

バス到着が1時間遅れ(米国では当たり前)、朝3:00起床の当日到着組のシカゴチームを空港へ迎えにいった。やはり、皆眠そうであった。

バスに揺られて、スクール・ウォーズのビデオを鑑賞、NYチームが準備して頂いた手造りおにぎりを食べ、約2時間の行程が予定されていた。

バスに水漏れ欠陥が発生(米国では日常茶飯)。道中幾度も水を補充しながら3時間の行程となった。

トイレ休憩時、売店の韓国人おばさんから米国なのに、“アンニョハセヨォ”と声を掛けられた。韓国人観光ツアーの面々と思える大春・三本・駒谷の姿がそこにあった。

スクール・ウォーズで、夕焼け番長時代の回想とエメロンシャンプーの匂いで発奮する駒形。

岡田奈々と岡田可愛の名前の区別がつかない、三遊亭植木。

バス会社へコストダウンを要求する、保険屋寺林。

等々長い3時間が経過して、コネチカット州の試合会場に到着。現地では、寺林団長の後輩三島(NY在住)が待機していた。


【決戦】

昨晩、眠れなかった者が多かったようだ。何故なら、1年前の雪辱を晴らすためにここまで来たのだ。技術・組織の進歩は、格段にUpをしている。あとは、メンタル・コントロールが重要であった。

Kick Off 5分前。全員が集まり、

寺林の言葉。「絶対勝つぞぉ。この試合に来たくても、来ることができなかった人もいるのだぞ。いいかぁ、相手を殺せ!」

大春の言葉。「寺さん、きーさんが昨年(怪我で)出場できなくて、この日を待っていたのだぞ」

木村の言葉。「皆、やるべきことはやった。自分を信じて、ゲームを楽しまそう」

駒形の言葉。「スクラム全押し」

田代の言葉。「早く終わらせて、早くNYで旨い物を腹いっぱい食おう」

皆がひとつの輪になった。


続く・・・・・・・・・・

開く コメント(0)

今日はフレンチブル大好きなおにーさん、おねーさん向けおしゃれの話題です。

じゃじゃーん。

イメージ 1

フレンチブルのロゴの入ったポロシャツ。

で、このフレンチブルがけっこうリアルなんだな。うちのアポロにも似てるよ。

RUEHL No. 925(ルールって読みます)っていうブランドなんですがニューヨークはマンハッタン(ロウワー・マンハッタン=マンハッタンでも下のほう)、グリニッチ・ストリート発祥のアパレル・ブランド。

アバクロ系のデザイン。

アメリカでも店舗数そんなになくてどこでも手に入るというわけではないが日本でもまれに着ている人見かける。

フレンチブル好きにはたまらないブランドじゃない(というかそうじゃないとぜんぜん訴求力なかったりして)?

開く コメント(1)

町を歩いていたら面白い車を見かけた。

一緒に歩いていた友人が「あれはダイキン工業の”ぴちょんくん”だ」と教えてくれた。


イメージ 1


10年前からいるキャラクターらしいが、いままで8年間海外にいたこともあって、僕は始めて見る。

「グータラでボーっとしているそのゆるいキャラクター性は心を和ませ癒し系キャラの先駆け的な存在として根強い人気」とのこと。

環境PRのため全国を3台のぴちょんくんカーが走り回っているらしい。

かわいらしくてたしかに癒し系だ。

友人もキャラクターは知っているがこのぴちょんくんカーは初めてとのこと。

写真撮ろうとしたら運転手さんわざわざ停車してくれたのだが、せっかくなので運転手さん、ダイキン工業さんのHPのぴちょんくんカーみたく、ぴちょんくんの格好で来てくれたらもっとかわいかったのに・・・

開く コメント(0)

復刻堂ウルトラサイダーシリーズも3キャラクター目、ウルトラセブンです。

第2期シリーズ以降宇宙警備隊の隊員でウルトラ兄弟の3番目として登場。

モロボシ・ダンが変身するキャラクターで宇宙ブーメラン・アイスラッガーが頭部についていることなどでもおなじみであるが、元はM78星雲の恒点観測員?だったんだね。

これはウルトラマンファンならば常識なのだろうか?

イメージ 1

そして怪獣はカプセル怪獣のウインダム。

モロボシ・ダンがウルトラセブンに変身できないときにカプセルから取り出され怪獣と戦った。

ウルトラセブンには外せないキャラだ。

愛嬌のある犬みたいな顔だね。

イメージ 2

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事