ここから本文です
Fly fishing in Rural Stream.
釣りに行きたい!

書庫RS釣行記 '18

すべて表示

またまた、またまた、すっかりご無沙汰してごめんなさい。
年に一度の投稿ペースになってしまっていますが、今年も素晴らしい出逢いがありました。

昨年イトウを釣り上げて以来、自分の釣りスタイルはすっかり変わってしまいました。タックルはどんどんヘビーになって#8のスイッチロッドが基本で、ランディングネットも長径74cmの特大サイズを持ち歩くようになりました。
月に一度くらいのペースでイトウのいる湿原の川に通っているのですが、この日もスイッチロッドを片手にさまよっていました。

いつも素晴らしいレッドバンドを持つレインボー達が出てきてくれるプールで、いつもと同じようにライズを狙っていたのですが、どうしたわけか、この時はフライには全く反応がありませんでした。
2XLの#8フックに巻いたCDCたっぷりのドライフライを、ハッチしたてのモンカゲのように水面でちょこちょことアクションをかけてあげると、いつも必ずと言っていいほど反応があるのに、まったく出てくる気配がありません。
ぽつぽつとライズはあるのに、フライにだけは全く反応しないのです。
プール中くまなくフライを流して反応がないので、少し時間をおいてみることにしました。

もうすぐ16時、まとまったハッチはありませんが、あちこちでライズが始まりました。

水面を騒がす派手なライズは25〜30cmクラスですが、このプールの主は50cmを優に超えるスーパーレインボーのはず。
小さなフライでは小物が先に釣れてしまうので、やはり#8フックのドライで勝負しなければなりません。
空気抵抗の大きなフライなので、リーダーは2X、ティペットはステルス性の高い1.5号のフロロです。
これで、キャスト後に少しだけリトリーブすれば、比重の大きなフロロティペットは水面下に沈み、フライだけがぽっかり浮かぶ状態になります。
フライが沈まないよう、真っ白になるまでフロータントとドライシェイクを施し、オーバーヘッドキャストでソフトにプレゼントします。

いつも大物が出てくるのはプール中央。
水草の森をかき分けて流れる流芯に定位しているのです。
ティペットを引っ張って沈めて、さらにフライにアクションをかけながら流すので、狙うのはそのポイントから2m上流でさらに1m奥になります。
流心をまたいでアクションをかけなければならないので、ほんの少しだけ上流からダウンクロスでキャストします。

狙い通りにキャストが決まり、フライ先行でアクションをかけながら流心を横切らせます。
3度めのアクションをかけ終え、ひと呼吸分のナチュラルドリフトに移行した直後、フライの1m上流で金色の巨大魚が水面から飛び出し、大きな口を開けて空から覆いかぶさるようにフライを飲み込みました。
完璧な向こう合わせで、手元のラインはあっという間に引き出され、ディスクドラグが悲鳴を上げました。
猛烈なダッシュ&ジャンプを繰り返すレインボーとは違い、グイグイと力強く川底へ川底へと引きずり込まれるようなファイトに、イトウのアクションを連想しましたが、昨年釣ったイトウのようにフッキング直後の激しいヘッドシェイクが無かったので、これまでに出会ったことのない、未知なるトラウトとの出逢いに心臓が高鳴りました。

鼓動に合わせるように、ラインが少しずつ、ギリッ!ギリッ!とリールから搾り出されて行きました。

バットエンドを腹に当てた#8スイッチロッドは満月にしなり、もうすぐバッキングというところでの膠着状態が数分間続きました。

こちらにも少し余裕が出てきた頃、トラウトの体力が底をつき、一気に引き寄せることができました。

最後は、イトウの為に持ち歩いていた巨大なランディングネットをかざし、その巨大なトラウトを取り込むことに成功しました。


イメージ 1

メジャーを取り出して測ってみたら、なんと71cm!!!
金色の巨大魚の正体は、斑点がほとんどないブラウントラウト(シートラウト?)でした。

トラウト、気象、技術、タックル、運、ありとあらゆる全ての条件をクリアしなければ、到底釣り上げることのかなわない一尾、特別な一尾になりました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事