胡蝶蘭のブログ 美味散歩

大阪空港近隣の美味しいお店などグルメ情報を主に紹介。

全体表示

[ リスト ]

「あの将校さんは自分の命を助けてくれただけでなく、ほかの人に尽くす力も与えてくれたのだった。」
     ―   
前回、台湾人女性、楊さんが少女の頃に、列車から落ちそうになったところを日本人将校に助けられた話を中心に書きました。そこに添えた動画の、現在の楊素秋さんが語っておられる言葉をここに。
 
イメージ 1
 
日本人というのは世界で一番素晴らしい人種でしょ。
なぜかというと律儀。それから嘘は言わない。
でも、今の日本人と昔の日本人と比べると雲泥の差という感じはします。
日本の軍隊は外国に行くときは一番いい軍隊を派遣します。
ゲートルを巻いてきちっとした征服。足並みを揃えて歩くのです。威風堂々と。
それが人には信頼心を与えますよね。
ところがその兵隊さんたちは子供たちに非常に優しいの。
だから今の人は昔の人間が悪かった、兵隊は悪かったとか言うけれど、今の人達の頭の中をもう一度さらってあげたいくらいです。

なぜかというと兵隊さんは国を守るために、命を捨て、家庭を捨て、子供を捨て両親、妻や子を捨てて、敵地に派遣されて行った。
自ら戦争したくてしたのではない。国を守るため 故郷を守るためですよね。
その兵隊さんたちがなくては今の日本はとっくの昔に白人の世界になっていたでしょう。
第二次世界大戦は西洋と東洋の戦争だったのです。白人は東洋を攻めて自分の国にしたいがために、日本に対して総ての食糧とか石油をストップした。
日本が参戦せざるを得ない状況に追い込んだのです。
大戦のおおもとは有色人種と白色人種の戦いだったのです。
日本があって初めて東洋が救われたということを皆さんに知ってもらいたい。
それに比べると支那人は・・・あの国民党が来た時の大変さと比較してみたら、エンゼルと悪魔の違いくらいあります。
皆さんはそういう目にあったことがないから、いわゆる伝え話に気を取られて、日本の兵隊は悪かったと思うけれども、日本の兵隊ほど素晴らしい兵隊はこの世にないと思うよ。

それがなぜ日本は戦ったら悪い。外国は戦って当たり前。そういう話はどこにあるのかって聞きたい。

(自虐史観を)教えている人間に、「あなたは、日本の兵隊は悪いことをした。悪かった。」と言うけれども、その証拠を出せるかと聞いてみてちょうだい。

今の日本人は、昔、国を守った人達のことを考えたことはないでしょう?

靖国神社参拝がいけない。なんでいけない?
国を守ってくれた守り神にありがとうと言えない。それは人間じゃない。それに従う人間もお役人もちょっと頭がいかれていると私は思う。
(日本は)悪い悪いと教えている先生は、自分がその時代の人間になってみて。
戦いに行かなければならない時にあなたは脱走兵になるのか? 外国に逃げて行くのか?
外国に行ってもあなたは死んでしまうんだよ。日本人というならば。
みんなが連合して日本を苛めようとしている時に、立ち上がって守ったのは日本の兵隊さんじゃなかったですか。
国家は歌ってはいけない。教育勅語は捨てろ。それは何ですか。
日本が悪いというならば、どうぞ好きな国に行ってくださいと、あなた達はなぜ言えないの?
 


 
この動画は、中国共産党寄りのNHKが、親日の台湾の人達にインタビューした内容を、日本が台湾に酷いことをしたと取られるように切り取り、歪曲報道したと、台湾の人達が怒っておられるということを取材したもの。
この動画に登場する、台湾の方々の言葉に心を打たれました。
 
 
 


 
(これは私がやっているFBの、台湾のお友達の記事。)
 
イメージ 2
 
日本の統治時代の写真と、戦後に大陸から中国人が踏み込んできたBefore & Afteの写真を並べて、「日本統治時代はこんなに素晴らしかった」と訴えたり、日本の美しい文化などを紹介したり、−。
 
恥ずかしながら先月、台風18号で京都嵐山の桂川が氾濫したことはこの台湾の友人に教わりました。堀北真希主演のTV番組「ミス・パイロット」が始まることも。
複数の台湾のFB友達がいるのですが、富士山が世界遺産に登録されたことも、作家の山崎豊子さんが亡くなったことも、会社からの帰宅後、ニュースを見る前に先にフェイスブックで彼、彼女達から教わりました。

台湾の方々の日本への熱い思い。それは先人の方々の立派な行いの賜物・・・
その方々が戦後、あんまりな言われようをしていることへの悲しみと、感謝の気持ちと。 
 

 
(これはインドネシアのお友達のFBの写真をシェアしたもの。)
 
イメージ 3
 
写真のタイトルは、『戦火で死に行く馬に、自分の最後の水を与える日本兵』 。 
この兵隊さんの優しさが伝わって、涙。涙。
このような素晴らしい写真は沢山あるのに、なぜ日本のマスコミは報道しないのでしイメージ 4ょうか。
 

閉じる コメント(14)

顔アイコン

胡蝶蘭様
お早う御座居ます。
朝からとても嬉しい記事を読ませて頂き誠に有難う御座居ました。
中韓から人非人、鬼畜の如き言われ方で、日本人はウンザリして
居ますが、矢張り真実の日本人を見て下さり、正しくご評価下さ
る方々が多く居られた事に感動致しました。
是非、より多くの方々に知って頂きたく、この記事を転載させて
下さいませ。何卒,宜しくお願い申し上げます。 拝

2013/10/19(土) 午前 6:28 bug*nno*e

顔アイコン

↑の続き
転載ボタンの設定をお願い申し上げます。
m(_ _)m

2013/10/19(土) 午前 6:39 bug*nno*e

顔アイコン

はいさあーい
ちゃーびらさいやいびーん^0^

Have a Nice weekend
素晴しい週末を・・・
またやあーさい

ナイス★ポチ

2013/10/19(土) 午前 9:05 すべらない沖縄JOHO

顔アイコン

とうとう、 菅義偉官房長官が、靖国神社の戦犯も祭ることを正しいと口に出した。なので、私は、今、山梨にいるから、甲府県庁でデモをするから、あなたも、最寄も県庁でデモをしてくれ。世界に届けば、それで、勝ちだ。なので、数千人が必要になるので、あなたも、ネットで呼びかけてくれ。そうしないと戦争になって、あなたの命、財産、家族もなくなるので、絶対のことをすること。また、私にたよらないこと。たよるなら、何もしなくってよい。当たり前の仕事、政府に政治、教育をまかせない民主政治をやること。
"マイデモサイト”、”マイデモニュース”、”マイデモニュース5”、"midemosite", "midemonews", "midemonews5".

2013/10/19(土) 午後 0:31 [ demo4 ]

顔アイコン

それとも、このまま、政府の政治を受け入れて、その意味の重要性を戦争で知るつもりか。あと、下はサイトは、自由に真似しても、改造してもいい。また、あなたのブログにアドレスをリンクしてもいい。最後にまた、警告を出すが、戦争を軽視しないこと。要するに、昔、日本軍が中国大陸にしたことと同様なことが怒ると考えること。あなたの家族と話し合って、下手糞な米国が助けてくれるなど言わないこと。
"マイデモサイト”、”マイデモニュース”、”マイデモニュース5”、"midemosite", "midemonews", "midemonews5".

2013/10/19(土) 午後 0:32 [ demo4 ]

顔アイコン

こんにちわ!
香川イベントのコメント返信ありがとうございました(◎´▽`)ノ

失礼して前回の記事をのぞかせていただいたところ、シリアスな文面のギャップに驚いてしまいました。

"戦火で死に行く馬に、自分の最後の水を与える日本兵"…思わず涙がこぼれそうでした。

マスコミって、結局 数字の取れる(人の好奇心を引く、反感を覚えそうな)映像ばかりを取り上げますもんね。
私もその業界にはまったく無知ですが、視聴率を追い求めなければならない業種なので、仕方がないのでしょうが…

ランキングポチッとさせていただきました☆

ご迷惑でなければこれからも参考にさせていただきたいなと思っているので、相互リンクを貼らせてはいただけませんでしょうか??
ご検討いただければ、嬉しいです(*ノ∀`*)

ミシュランごっこ。 ~奈良・大阪・関西あちこち…レストラン食べ歩き~
『http://66306223.blog.fc2.com/』

2013/10/21(月) 午前 11:45 [ だっちん。 ]

顔アイコン

はじめまして。私のブログを訪問してくださりありがとうございました。

戦時中の日本兵が100%、律儀で優しかったとは言いません。
しかし、80%以上の日本兵は厳しさの中に、敵味方関係なく、優しさを根底に持って接していたと思います。
10年ほど以前、台湾に旅行した時、旅行の案内人の方とお話したときにも、そのようなお話を伺いました。

2013/10/25(金) 午前 9:06 [ afuro_tomato ]

顔アイコン

こんばんは、
さくらの花びら様のブログを時々ほうもんする者です。
「やさしい兵隊さん」と検索したらここに来ました。
思っていた記事に出会えましたので恐縮ながら転載させていただきました。
水間先生の本にも馬に日傘をかぶせてやる兵隊さん、軍用犬を弔う兵隊さんの写真がありましたよね。ああいう写真は一目瞭然でもありますし胸を打たれるものがあります。

2015/12/7(月) 午前 1:33 [ いかづちまる ]

顔アイコン

おはようございます。ご無礼ながら転載させていただきました。
自分も調べたり自分の頭で考えながら近代史を整理している最中です。たとえば中国残留孤児といわれる方々がおられましたよね。
あのように日本人の子供を預かり育ててくれたということは日本の兵隊さんや居住者は中国人から信頼されていた証拠だと思うのです。
自分の知り合いの人のお父さんは中国人の娘さんが結婚するので結婚式に出席してほしいといわれ中国まで行ったそうです。
国と国は対立していますがそれは間違っているように思います。
国民同士はお互いもっと考えを1ランクひきあげないといけませんね。

2015/12/7(月) 午前 8:44 [ いかづちまる ]

アバター

偶然楊素秋さんの言葉に触れたことが、私が践祚について色々調べるきっかけとなりました。
学校の社会科の授業で、先生が教えた、日本兵は残虐だったという話、日本のメディアが伝えてきたことと、あまりに違う、優しい日本の兵隊さんの話に驚愕しました。
この話は真実なのか!?と、記事を書きながら、使う単語、登場する人の名前を片っ端から検索していけば、住む場所が遠く離れていても、年次が違っていても、異口同音に語る海外の方々の存在に、電気に打たれたような衝撃を受けました。
日本人は素晴らしかったのです。戦時中、異国の人々に尊敬されていたのです。
敗戦により、GHQに自虐史観を刷り込まれましたが、今、インターネットにより、「そうじゃない。日本人は素晴らしかったんです」と、一生懸命、子孫の私達に伝えようとしてきてくださってきた人達の言葉を知ることができる。
・・・・・
楊素秋さんの話、日本中に伝わってほしいです。

2015/12/8(火) 午後 9:34 胡蝶蘭

顔アイコン

これが日本の優しい兵隊さんですか。私の知っている優しさとはだいぶ違いますね。
(以下引用)
当時、小野田さんが発見されるまで戦争が終わってるのを知ら
なかったというのは嘘で、確実に知ってたのに出てこなかった
のは上司の命令がなかったからだ、ということは他の書物にも
書いてあったので、ある程度は知っていました。

しかし、ルバング島の島民を「ドンコー」と呼び、動物以下の
存在と考えながら殺傷していた事実にはやはり驚かされます。
例えば、

『こっちには弾に限りがありますからね、
一発で一人殺すんじゃもったいない、何とか二人いっぺんに
殺す方法はないかと考えました。

ドンコーは臆病だから、けっして一人じゃ山に登ってこない。
かならず三、四人でくる。
だから木かげで待伏せすることにしたんです。
そして奴らが横一列になったところをねらってぶっ放つ。
そうすりゃあ一発で二人殺れますからね』

などと生々しく書かれてあります。

↑は「小野田少佐との三ヵ月「幻想の英雄」 津田信」を紹介したブログから

2016/8/5(金) 午前 11:34 [ atu**i73 ]

アバター

「私の知っている」〜 とは違う。
そうなんですよ。私も学校で、戦時中日本兵は酷いことを行ってきたと散々教わってきたので、台湾の方が語る「日本人は素敵だった」という言葉を最初知った時はにわかに信じられませんでした。
私は、― っていうより、戦後日本では生徒たちは皆そう教えられてきたんですよね。
私は長いこと、日本の兵隊さん達を軽蔑してきました。それは親戚の出兵した方々に対してもそうでした。
でも、楊素秋さんの言葉に触れた時、半信半疑ながらも調べていったら、パラオ、トルコ、マレーシア、インド、インドネシア…と、アジア諸国の方々が異口同音に、日本人の素晴らしさを礼賛し、感謝の言葉を語っていたことを知りました。

2016/8/21(日) 午後 10:13 胡蝶蘭

アバター

そりゃ戦争だから、日本兵も殺しています。殺し、殺されるのが戦争。とんでもないことです。国家の命令のもとで行われる、堂々たる殺人行為が戦争。こんなもの絶対嫌です。戦争なんて二度と起こってほしくない。
日本人の誰もが戦争を望んでなんかいやしません。
今も日本で殺人事件が起こる度に、犯人への大批判の声がネトウヨと呼ばれる人たちの中からも湧き上がっていますよね。
どうしたら、日本が戦争に巻き込まれなくてすむのか。
それは、「戦争はいけない」と、ただ当たり前の言葉を連呼するだけでは駄目だと思うのです。そのことは私は子供の頃から思っていました。

2016/8/21(日) 午後 10:13 胡蝶蘭

アバター

最近になって調べたら、チベットやウィグルなど、平和で武力を持たない国の人たちが中国に侵略され、多くの人々が虐殺されているんですよね。
舐められ、攻め入られない強さと毅然とした姿勢を持つことは必要だと思います。そして、 日本人はいい人だから、攻めたらいけないよと、国際的に思われることも大切なのではないでしょうか。
それなのに、先人の素晴らしい行為は一切見えてないふうに振る舞い、日本人はもっと惨い殺され方をしているのにそのことには触れず、日本は戦時中酷いことを行った、謝れ、謝れというフレーズだけを繰り返す人たちの真意を理解できずにいます。
戦争はどのようにして起こり、戦時中はどうだったのかということを、正しく知り、冷静に客観的に考えることが必要だと私は思っています。

2016/8/21(日) 午後 10:14 胡蝶蘭


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事