旅人日記

いつまでも あると思うな親と金 ないと思うな運と災難

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1051ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

30m 312点

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

昨日は、シャフトカットを断行した。
それも2.2僂發澄
ここ数年どころかここ7、8年間極端な低迷を続けていた。
試行錯誤するも一時は良いのだが後が全く続かない。
このパターンで今まで来たのである。
昨日も調子がでなかった。
そればかりかドーンと点数が下がり本当の初心者レベルになってしまって唖然呆然。
何がダメかというとフォロースルーが全くダメなのだ。
フォームの崩れというのが日常茶飯事になっている。
だから気持ちもよくない。
力み過ぎている、もっと楽に射たねばと試行錯誤するうちクリッカーは先へ先へと押し出され、クリッカープレートギリギリまでになってしまった。
ここに至ってこれはいくら何でもおかしい。
アローレングスが適正でなくなってしまったことに否が応でも気がついた。
それで、待てよと改めてドローレングスを計算してみると27.5インチ、69.85僉△弔泙衞鵤沓悪僉
今使ってる矢を図ってみると72.2僉
驚愕の2.2僖ーバー。
どうりでクリッカープレートギリギリまで来るはずだ。
私の矢はセオリーを無視してなぜそうなってしまったのか。
出来るだけ引くことが命といったバカな妄想に囚われていたパワーシューターだったことを思い出した。
体力があるうちはそれで通用したが今は土台無理なチューニングだったのである。
こんな状態を長年放置しいくら押し手だ引き手だと言っても始まらない。
致命的チューニングミスを犯していたのだった。
それで久しぶりにシャフトカットを断行。
10年前に手作りしたアローカッターは今回もよく働いてくれた。
70冖陲縫螢縫紂璽▲襪靴銅佑辰討澆襪箸匹Δ澄
グルーピングが良くなり暴発的射も激減したのだ。
そして今30m1ラウンドを点取りしてみたら312点。
これまで本当に情けない位点が低くもう競技者としてはダメかも知れないと思っていたので嬉しい限り。
アーチェリーは適正なチューニングなしに高得点を上げることはできない。
7年も8年も低迷していたのは根本的には不適切な矢の長さにあったのである。
反省仕切りの旅人であった。

開く コメント(1)

人間、何もしないとすぐ弱ること弱ること。
特に歳をとれば尚更である。
地元の温泉である「ヘルシーパーク芦北」へ通い出したのが去年の10月頃から。
最初は能天気に「極楽極楽」と言っていたのだが、ある日脱衣場の大鏡で自分の体型をマジマジ見てビックリした。
パンパン張ったドンバラ(熊本の方言で「腹」のこと)、肉が落ちた肩と胸。
正にライザップのCMのビフォー状態に唖然としたのだ。
「こらぁ、あかん!」
一念発起体を鍛えるため行動を起こしたのが12月だった。
それは、週3,4回通う温泉のサウナで
カカト上げ200回、スクワット100回、腰回転運動100回、斜め腕立伏せ20回から始めた。
サウナの温度はセンサーに水を掛けマックスにするので半端ない暑さになるがそれがかえって根性を刺激する。
そうこうしているうちにトレーニング量は増え現在は、
カカト上げ1000回
スクワット250回
腰回転運動500回
斜め腕立伏せ1回目200回・2回目100回・3回目50回・計350回
おまけに座位用ジェットバスに腹を当て込み100数え、うたせ湯の滝下に腹を据えて100数え念を入れる。
とこんな感じ。
お陰でドンバラは引っ込み余った皮が垂れている。
そして、肩、胸の筋肉もガッシリしてきたことがハッキリ自覚できるところまできた。
左手で右肩を触ってみると我ながら「オオーーー、赤身で美味そうだっ」と惚れ込む肉付きになっている。
機能的には、慢性化していた膝の痛みが取れリズムよくサッササッサと歩けるように改善した。
階段も苦にならない。
ビフォーでは重力を感じながらドスンドスンとカカトに重心を据えて歩いていた。
アフターではつま先、特に強力になった親指で歩いている感じに変化した。
この変化は大きい。
街角のドアガラスに自分の全身が映るとそこには若返ってスリム化した旅人がいたのだった。

実際は体重そのものは減量はしているが大したことはない。
おそらく腹の脂肪は落ちたが筋肉量が増えたことも関係あるのではないかと思っている。

また、私は病院へは行っていないものの毎年の健康診断で10数年間空腹時血糖値が基準を超えている。
(115〜140程度で重症までは行ってない。)
それで時に喉が異常に渇くなど自覚症状もあるのだが運動を始めてその頻度が激減した。
私の血糖値はその喉の渇き度でおおよそわかるのだ。
やはり食事だけではダメ。
運動が極めて重要であることを再認識した次第である。

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

悪友のヒール・ア・ギーラから株主優待券を貰ったものだから、
孫娘たちと大分県にあるハーモニーランドへ行ってきた。
調べたら自宅から3時間10分程度であることをグーグルマップが教えてくれた。
実際の所要時間は、午前7時30分出発、同11時着で3時間30分。
61歳の老体にはちと堪えたが最低限のトイレ休憩で済ませた成果である。
ハーモニーランドとは言わずと知れたサンリオハローキティのテーマパーク。
キティちゃんが暮らす夢の楽園である。
であるはずである・・・・・・・・・・。
しかし、如何せん老朽化は隠し通せず至る所で露呈しており現実世界の厳しさを知る。
ウキペディアで調べてみたら1991(H3)年4月21日開園とある。
27年が経過しているのだ。
私自身は硬派な人生を送ってきたのでキティちゃんには全く興味がなかった。
表情もなく取っつきにくいキャラクターで何がいいのかサッパリな世界だったのだ。
ところがここへはるばるやって来て孫娘たちとキティちゃんショーを一緒に見学し、
いつの間にか感動し幸せな気分になっている自分に気がついた。
明るく躍動的で夢一杯の華やかなショーは本当に素晴らしいものだったのだ。
日本人以外にも言葉から中国台湾人と思われる客も多かった。
だからこそ施設の老朽化の放置が惜しまれる。
サンリオは売上高600億円、経常利益70億円の会社である。
東京多摩のサンリオピューロランドとともに子供たちの憧れる実物のキティちゃんと会える唯一の場所なのである。
そこは徹底した夢の国であってほしいと思う。
子供たちの夢を壊さないようもっと手を入れて欲しい。
キティちゃんをもっと大事にして欲しいのだ。
そういう気持ちが施設から感じられなかったのは極めて残念なことだった。
ここに来れば老若男女浮世を忘れ「うわ〜〜!すってきぃ〜!!」と心ときめく夢の国にしてもらいたい。
私が社長ならこんな風には決してしない。
テーマパーク単体で赤字であったとしても存在している以上は最大限投資してイメージの保持とアップにこれ努めることだろう。
そういう気持ちがないのであれば閉鎖した方がかえってよい。
存在が逆に夢を壊すからだ。
古くても構わないのだ。
錆を落としてペンキを塗り替えたりして清潔でコザッパリさせた上で園内をキティちゃんで一杯にし、現在ある桜に加え薔薇やモミジ四季折々のお花でデコレーション、夢のある心地よい音楽と漂う香りそれに工夫された美味しい料理、高価なものも結構だが安価なものも多数取りそろえた魅力的なグッズ展示販売など、一見しただけで素人の私があーしたいこーしたいと考えるほど工夫と投資が全く足らないと感じてしまった。
サービス精神が旺盛でレベルが高いショーは良いが、その他のインフラ、料理等はイマイチという厳しい評価となった。
「サンリオさん、外人さんもわざわざ大分のここまで来てるんだよ。このままじゃ恥ずかしいよ。見苦しいよ。外人さんをガッカリさせてはいけないよ。日本のキティちゃんは素晴らしかったまた来たいって思って帰ってもらおうよ。もっと本気出してよ!」
というのが私の言いたいことである。

私を住み込みの管理人で雇って貰えれば1年365日休みなく手を入れて見違えるようにしてやるのだが・・・・・。
継続は力なり。たった一人でも根性据えて毎日管理に没頭すれば必ず目に見える成果は出ると確信している。

とここまでは辛口評価となったが、孫娘はキティちゃんとご対面し満足だったようだ。
なお、ビンゴ大会では私が1等賞の毛布、孫娘が2等賞のポーチを獲得する奇跡が発生。
3等賞だけが他人様に当たった。
このように大変お世話になったので決してクレーマーではない。
ハーモニーランドの今後のご発展を強く祈念しているからこその文句、いやアドバイスということでご理解願いたい。

最後に、天候は生憎不順だったが何故かハーモニーランド上空だけ雲が割れて薄日が差し続けていたことを申し添える。
おそらく孫娘を可愛がっていた亡き我が父上がお守りたもうたものと確信している。
ありがとうございます!

開く コメント(2)

サイドアンカー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アンカーにはサイドアンカーなるものがあることは昔から知っていたが、
自分自身は頑なにこれを拒絶して今日に至っている。
今日の練習でも当然普通のアンカーでやっていたが、
そのアンカーがよもやの残された大きな課題であることに気づかされるとは・・・。
最近の練習ではアチコチ課題が見つかり都度修正していたが、どうにもシックリこない状況が続いていたのである。
今日もたった今までそうだった。
何がダメかというとリリースが気持ちよくないものだから力んだりして安定していなかった。
ところが今日はある1本のリリースがアレッと思う程にシックリ来たため、
それで忘れないようにすぐ頭の中で巻き戻しをかけチェックしてみたら
その時に限って後ろに強引に引きたいがためにヤケッパチになった結果として無意識でサイドアンカーにしていたことがわかった。
アンカーの顎の方に感触が残っていてその違いを教えてくれたのだ。
それで以降試しにサイドアンカーで射ってみたら当たる当たる。笑
明日は例によってわからないが今日のところは満足した旅人であった。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

不良老人の私は最近毎日のように夜間ジョイフルに通い詰めている。
目的はドリンクバーでホットコーヒーやアイスティー、ペプシコーラを飲みながら無料Wi-Fiで心ゆくまでYouTubeなどの動画を楽しむことだ。
今日も今ジョイフルにいる。
客は数人程度で貸切も同じ。
午前1時まで営業しているが、ねっちゅうしてくれば12時頃までいる場合もある。
なぜこのようなパターンになったかと言うと、まず家で毎日のようにアルコールを飲まなくなったことが大きい。
強くはないが何十年も毎日飲んでいたのがウソのようだ。
次に毎日のように温泉へ行くようになり午後9時前までは温泉タイムとなっておりそのルート上にジョイフルがあること。
三番目は妻ジェーンがパートで働いている職場でもあるので売り上げに貢献すること。
等の理由による。
そんなこんなで通ううちに居心地がよくなったという次第。
YouTubeでは私の好きなマジックをよく見る。
特に種明かし付きが興味深いので食い入るように見ている。
それに政治ネタやトンデモ系、動物系などを見ている。
10インチタブレットなので疲れないし両耳イヤフォンで聞いているから回りのことなど全く気にならない。
毎日2時間から3時間、少しだけ社会に触れながら自分だけの時間をタップリ楽しんでいる。
もちろん妻ジェーン公認であることは言うまでもない。

開く コメント(0)

全1051ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事