これからは足もとも“重ね着”がオシャレ?

 足元のおしゃれを楽しむ若い女性が増えている。タイツにレッグウオーマーを重ねるなどの“重ね着”やデコレーションアイテムで印象に変化をつけるというもので、新たに靴や服を買い足すより安く、さまざまなバリエーションが楽しめる。生足ブームが続き、ストッキングの需要が落ち込む中、メーカー各社もこうしたアイテムに力を入れる。(道丸摩耶) ●手ごろで豊富 「レギンス文化が熟成したのでしょう。アクセントをつけたレギンスや、上に重ねてはくアイテムが増えています」と説明するのは、日本橋高島屋(東京都中央区)の担当者だ。 レギンスとは、ふくらはぎ?足首部分までのタイツのこと。スパッツとほぼ同じもので、4、5年前から女性の間でブームとなっている。足に引っかけてはくタイプの「トレンカ」も人気だ。 日本橋高島屋の婦人靴下売り場には、流行のファー(毛皮)やラメが入った長すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事