よし☆の木登り

千葉県白井市 よしの木登り

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日今日と2日間、シイノキの枝降ろしに行ってきました。

新規の同業者さんからの依頼です。僕が夏に作業した25m級のエノキ枝降ろし後を見たそうで、その時のお客さんから紹介のかたちで連絡を頂き今回の依頼を頂けました。依頼を頂いたのはまだスケジュールの余裕のあった9月でしたがなかなか出来ずに待ってもらって今回の作業なりました。

そのシイノキですがこんな感じでした。
イメージ 1
分かりづらいですが、根元付近では幹周3m以上はあると思われるシイノキです。
上部のキノコ状の樹冠はそのままに、途中の枝を降ろす注文でした。
ちなみに赤丸の屋根の部分は恐らく20年前位前かと想像しますが前回に登った職人さんが壊した跡です。



話は戻りまして、降ろす部分を樹上で見てみると、全部は近すぎて写せませんが、
イメージ 2


下から見るよりも枝数が多いように感じました。
イメージ 3
余りの狭さに、1枝丸ごとは殆ど降ろせずに細かく降ろしましたので、数十、もしかしたらそれ以上を吊って降ろしましたので時間が相当掛かりました。


10時に降りてきた時の画像です。まずは降ろす通り道を作りました。
イメージ 4


次に時計回りに回頭させる枝群に取り掛かりました。
イメージ 5
屋根に当たらないよう時計周りに回頭させて降ろします。

画像からは伝わらないと思いますが、細かい枝数の多さに腰にぶら下げたチェンソーがぶつかったり挟まったりで壊れそうだったので携帯をやめて鋸で作業する場面もありました。
イメージ 6


お昼にやっと時計周りに回頭させる枝が終わりました。
イメージ 7

こちら側は真下に電線がありますので反時計回りに回頭させて画像で言う奥に降ろしました。
イメージ 8
矢印はユニックのカゴに乗って隣のシイノキの枝降ろしをしている今日のメンバーです。ユニックが使える部分はそのチームが、登りの必要な部分は僕のチームが作業しました。ユニックのカゴでの作業を見て思いましたが、やはり便利そうなのでうちのユニックにも近い内にカゴを付けたいと思いました。


真下を見てみると、屋根が両側、途中にガラス窓あり、真下に外灯、電線も横切っています。そしてこの狭さ。
イメージ 9
ひと昔前に登って降ろした職人さん、おそらくその枝を降ろした時にそこにぶつけたのね、。当時どんな装備だったのか、気になるところではあります。


夕方にはなんとか当初の注文箇所は終わりました。でもキノコの部分で降ろす枝も出たり、枯れ枝も見えるようになって降ろすことになったので続きは明日に。
イメージ 10


2日目、真下からだと見えないんだけどアパートの屋根に垂れ下がっている枝数本と、お隣の屋根に下がっている枝1本を降ろして、後は枯れ枝を取る作業です。
イメージ 11


これはキノコ状の樹冠の中です。まずはこっち方面の枝を降ろして、
イメージ 12


こっち方面の枝も降ろして、
イメージ 13
最後、正面に見える青い屋根の上の枝も1枝降ろして、枯れ枝も1周取って終了しました。


住宅街の一角に生えてた大きなシイノキでした。
イメージ 14

2日目の今日は、台風一過以来ずっと伐採仕事で疲れ切っていたので半日でやすみにしました。
イメージ 15

巨大な植木が出来ました。
イメージ 16

この記事に

開く コメント(23)

開く トラックバック(0)

台風その後

台風の倒木処理の続きです。9月にも同じ現場で同じ作業をしましたが、、その5m位横の木がまた梨畑へ倒れました。
イメージ 1
前回は途中で折れての倒木でしたが、今回は根っこからの倒木でより奥へいってました。


すごい先まで、、
イメージ 2


ここが一番引っかかっているので
イメージ 3

持ち上げて、
イメージ 4


回頭させました。
イメージ 5


次にこの現場です。電線の上へ2本倒れていました。ユニックで吊っておいて伐っていきました。
イメージ 6


1本目はこんな感じでした。
イメージ 7


2本目は途中で折れてました。
イメージ 8
ユニックを使っているので衝撃が掛からないよう伐っていきました。


次はこの現場です。この現場は台風とは関係なくて断幹を頼まれた現場です。
イメージ 9
樹高を1/3程度に詰めます。

これもユニックが届きましたので楽に作業できました。
イメージ 10


イメージ 11
断幹はこんな感じに。


イメージ 12
この後、生垣風に剪定しました。


話は変わって、嫁さんの実家にトラクターがやって来ました。
イメージ 13
うらやましいです。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

今日は台風被害の現場5か所を廻りましたが内3件は30分づつと掛からない仕事でしたので割愛します。

まずは朝一はこの現場から始めました。今日はグランドさん2人に来てもらって3人体制で臨みました。
ソロの木が8m付近で折れて住宅2軒にもたれかかっていました。
イメージ 1

下から見ると、
イメージ 2


折れた木に登って見てみるとこんな感じでした。でかいです、。
イメージ 3
倒木はそれ自体が折れていて荷降ろしのアンカーが無いので困るんですが、正面に少し写ってますが庭の駐車場からユニックがぎりぎりで届きましたので作業する事が出来ました。


折れた元は後で降ろせるようにロープで固定しておいて、先はベランダで一番重さを受け止めていた枝をユニックで吊っておいて、後はいつものようにロングランヤード仕様でロープで吊りながら小さく降ろしていきました。
イメージ 4


赤い方の屋根はこんな感じでしたが、
イメージ 5

枝先が触っていただけで素人目には被害はありませんでした。
イメージ 6

黒い方の屋根は、
イメージ 7

こちらも被害はほぼありませんでした。
イメージ 8


棒状にしてからゆっくりと降ろしていきました。なかなか降りなかったので折れた箇所が相当ねばっていたみたいでした。それで被害が少なかったのかもしれません。
イメージ 9
ここまで来たときはほっとしました。

最後に大きな幹は最初の仕掛けを使って降ろしました。作業後です。
イメージ 10

イメージ 11
この時点で11時でしたが、どうしても3人体制の今日に作業したい現場がありましたので、昼は後回しにしてもらって小さな3現場を連続で廻りました。

その3現場を13時に終わらせて、移動しつつの昼も食べて14時からいよいよこのスギと対決してきました。
イメージ 12
25m超のスギです。途中で折れて後ろのスギに掛かっていて、更に真下にはお墓があります。前回のブログの登ってお墓に落ちないよう樹上で2か所縛っておいたスギです。


一倍左が僕が登っているスギで、中央が掛かられているスギ、右が折れて掛かっているスギです。
イメージ 13
まずは枝を降ろしていきましたが、真下にお墓があるのでほぼ全部ロープで引っ張りも付けて吊って降ろしました。


次に頭から降ろしていきました。
イメージ 14

あとは幹を降ろしていくだけです。上にアンカーが作れるのですごく楽に降ろせました。全部で10玉位吊って降ろしました。途中からは隣のムクノキも使って2系統にして2本の木を縛ったおいた下でも、もし外れてずれ落ちても吊った状態になるようにして交互に降ろしていきました。
イメージ 15
ちなみにユニックの左側がお墓なんです。ほぼ真下で大変でした。

折れた箇所まで降ろして、最後に荷降ろしで使ったフリクションリングを回収するのに登り返した場面です。下の矢印が折れたスギです。
イメージ 16
ここで17時でした。急いで道具をしまって暗くなる前に終わることが出来ました。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

台風の風倒木数現場

今日は昨日の夜中に縦断した台風による風倒木の注文が殺到しました。

植木手入れの注文が20件近く滞っているので一刻も早く進めたいのですが、風倒木は危険ですのでさすがに優先しなければいけませんので今日伺う予定だった植木手入れのお客さんに謝って風倒木処理に行ってきました。

今日まず1件目です。カシが途中で折れて落っこちて道路に立っていました。車も通れない状況でした。
イメージ 2
ユニックで吊ってだるま落としで短くしていきました。ゴミはそのまま森の中へ。


2件目、サワラ3本が根っこから浮いていました。
イメージ 1



横には小屋が
イメージ 3

この現場での木登り作業は小屋に伸びている大きな枝を降ろす作業でした。
イメージ 4


ユニックで吊って降ろしました。
イメージ 5
この状態にしてから、森の中の枯れ木2本も倒してスペースを作って3本とも倒しました。

イメージ 6


3現場目です。ヒイラギの古木でした。
イメージ 7
根っこから浮いてます。

保全対象は下にあった井戸ポンプでした。
イメージ 8
井戸やアジサイなどに気を付けながら脚立の上から小さくカットしていって、最終的に根元から伐採しました。


4現場目です。スギが途中で折れて隣のスギに引っかかっていました。
イメージ 9
真下にお墓、。

違う角度から見てみるとこんな感じでした。
イメージ 10
この時点で15時でこのレベルじゃ今日はもう出来ませんでしたので、スギが落ちないように上で縛ってくれれば後日でも良いとのありがたい言葉に甘えて、2本隣のスギにスパーで登って掛かっているスギと折れているスギを上部2か所で縛ってきました。
イメージ 11
今日はとにかくお墓に落ちないよう縛っただけです。なるべく早くに取り掛かりたいと思います。

今日はここまでと思っていたら、2現場目のお客さんから電話が掛かってきまして先ほどの更に横の2本も危ないから伐ってほしいとの事でした。明日でも良いと言われたのですが、明日も時間がありませんので今日作業する事にしました。
再び同じ現場に向かい今日5現場目です。
イメージ 12
この端の2本です。

人が入りずらいよう切り株を高く残してほしかったそうで、、この2本は先ほどよりも高く残しました。
イメージ 13
明日以降も植木手入れと風倒木の処理をうまく組み合わせてこの危機的な状況をこなしていきたいです。


話は変わって、先日こんな買い物をしました。
イメージ 14
ハセガワの土壌はしご3.0mです。使う場面が想像できないんだけど、、近所のホムセンで新品がなんと税込み1,980円で売ってたんで買ってみました。ネットだと2諭吉以上で売ってます。長期在庫みたいで新品なのにちょっと汚いですが、売れてなければまだ後1本だけありましたよ。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

先日の台風で倒木がありましてその処理に行ってきました。今回も1人作業です。


では現場です。梨畑にスギが倒れていました。
イメージ 1
枝をなるべく伐って網に引っかからないようにしてから斜め上に引き上げることにしました。

網を切らないように気を付けながら枝を殆ど外しました。
イメージ 2
網の外に投げた枝はお客さんが下で片付けてくれました。その後、右上方向に引っ張り上げました。


無事に外せました。この後、幹は刻んで森の中まで運びました。
イメージ 3


作業中の発見となりましたが、滑車を取り付けたスギの横に生えてたケヤキが枯れてました。
イメージ 4
これも梨畑のすぐ横ですので倒すことになりました。


森の隙間へ倒しました。これで一安心です。
イメージ 5



話は変わって、仕事の合間をみて、うちの裏庭に道を造っています。まだ完成にはほど遠いですが一応開通しました。

現場はこんな感じでした。
イメージ 6
崖が竹林になっていて、そこに道を造って崖上と崖下を繋ぐための道です。


ミニユンボでこつこつと進めました。最初はこんな感じでした。
イメージ 7


横も前も崖です。転びそうで怖かったです。
イメージ 8


徐々に進んでいきました。
イメージ 9

途中がこうで、
イメージ 11

最後、敷地外に出ないよう少しカーブします。なんとか崖下まで開通できました。
イメージ 10
蚊の大群が凄いですのでとりあえずこのまま冬まで工事はストップの予定です。土留めをして道幅を広げて砂利も敷くかもしれません。

凄い勾配かと思っていたら、近所のおじさんが出てきて、今出張で週6泊まりで飛騨高山に道を造りに行ってるそうなんですが、勾配が40〜50度の場所でユンボで作業しているそうで、、こんな勾配はまだまだと笑われてしまいました。

この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事