よし☆の木登り

千葉県白井市 よしの木登り

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

クヌギの伐採3日間

16日〜昨日の雨休みを挟んで今日まで3日間、クヌギ11本の伐採をしてきました。

では作業前です。
イメージ 1
このクヌギ見えてないのも含めて11本全部の根元からの伐採です。後ろが川を挟んで空き地になっていて殆どをそこに倒しましたが、この中で3本は木登りをして枝を降ろす必要がありました。

まずは一番手前の大きなクヌギから始めました。これと次の2本目までの範囲で空き地にも電線が来ていたのでそのまま倒すことは出来なかったので枝を全部降ろしました。樹上で見るとこんな感じです。
イメージ 2
この電線がコの字状に後ろまで来ていました。

保全対象はゴミステーションもありました。後ろは川が流れてます。
イメージ 3


イメージ 4

下に切り株が見えますが、クヌギの他にもエゴノキ2本とコナラ1本もユニックで吊りながら伐ったりもしました。こっちの方が光ファイバーの線も近かったので難しかったりしました。
イメージ 6


1本目終了です。この後、川と平行方向に倒しました。
イメージ 5

その隣の2本目も登って枝を降ろしました。お辞儀させたら電線に掛かってしまう枝をリムウォークで降ろした場面です。ここまで短くしてから今度は元をお辞儀させて降ろしました。
イメージ 7

特に見せ場もなく、、2本目終了です。この次の木からは保全対象が無くなったので後ろの空き地へドカンドカン倒しました。
イメージ 8


木登り伐採に比べて根元から一気は10倍は早いです。
イメージ 9
↑ユニックで枝片付け中です。


最後に残った1本です。これはなるべく空き地より横方向に倒したかったので枝を降ろすことにしました。ちなみに下の車は移動してもらいました。
イメージ 10

簡単そうに見えますが、途中3m位枝が無かったのでここまで来るの結構大変でした。
イメージ 11


ここまで降ろして、後は手前方向に倒しました。
イメージ 12


全体的な作業後です。ここまで3日掛かりました。
イメージ 13
後は片付けです。現場積み置きなので明日に終わる?予定でいます。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

昨日、今日と2日間、地上での伐採に行ってきました。

では作業前です。
イメージ 1
スギやサワラなど針葉樹が10本位と、シイノキ、カシ、ソロなど広葉樹が4本です。
手前が栗や植木などが植えてあり、奥はお隣さんの敷地、右向は電柱の頭だけが見えますが崖となっていて下に道路と家などがあり、それらが保全対象です。
なので殆どを左方向へ倒しました。

1日目は画像の左から伐採を始めました。大きなシイノキもありました。
イメージ 2
竹藪の際を狙って倒します。

お隣の方が見に来て、ドカンと凄い地響きだったそうです。
イメージ 3

その他、同じ方向に倒していきました。
立ってるスギも見えますが、スギも結構な大木でした。
イメージ 4


次に2日目です。スギやサワラなど数本倒してからこのソロに取り掛かりました。
イメージ 5
細い木でしたが崖方向に寝ていたので慎重に作業しました。


スギの切り株で跳ねないように高い位置で伐ってます。だいぶ起きてきました。
イメージ 6


このソロも無事に終わって、次に崖上のカシに取り掛かりました。
イメージ 7
崖側にしか枝が無くて起こすのも大変なので、登って枝を降ろすことにしました。


崖側はこんな感じでした。
イメージ 8

樹上でここまでにして、後は牽引して手前に倒しました。
イメージ 9


スギとサワラのなかでこれ1本だけ紹介します。太さ的には皆こんな感じでしたが
イメージ 10


この1本だけ栗畑方向に片枝状態で若干偏心してました。倒す方向は画像奥です。
イメージ 11

針葉樹まとめて作業後です。
イメージ 12


では全体的な作業後です。
イメージ 13
景色が変わりました。



話は変わって、14年の11月に作業したサクラの断幹のその後を確認できましたので紹介します。
イメージ 14
枯れても良いと言うことでここまで短くしたサクラですが、やはりその後が気になってました。


昨日確認。なんとか育ってるようです。
イメージ 15

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

激闘な8日間

前回の記事のムクノキと同じ現場なんですが、その他に作業した木についても書きたいと思います。

ここ勤務8日間、ブログの更新は毎日出来なかったですが、ほぼ朝から夕まで連続で木に登ってました。では、前回の記事のムクノキ以外のその現場作業前です。
イメージ 1
またもやアフロ頭のような雑木が見えますが、この木は1本ではなく、ケヤキ2本、ムクノキ2本が1つの塊のように見えてます。

前回の記事のムクノキの樹上から見た作業前です。
イメージ 2
電線にも届きそうな枝もあり注意が必要でした。

イメージ 3

一番手前のケヤキから始めました。枝はこんな感じです。回頭させながら吊って降ろしました。
イメージ 4

次に左後ろのムクノキに取り掛かりました。作業前です。
イメージ 5


この木もロングランヤード仕様で。
イメージ 6

こんな枝も全部降ろします。
イメージ 7

下にスペースがあったのでそこ目掛けて吊り降ろししました。
イメージ 8

次に、崖の一番上のムクノキに取り掛かりました。
イメージ 9


樹上では崖の高さも加わりなかなか良い風景でした。
イメージ 10

次にこの箇所最後のツタ絡みのケヤキに取り掛かりました。
イメージ 11

樹上ではやはり作業しづらかったです。地上からはよく見えませんでしたが太いくて長い枝が多かったです。
イメージ 12


この箇所の作業後です。
イメージ 13
日当たりが違いますね。


次にこの崖上のムクノキに取り掛かりました。立ってる枝をおろします。
イメージ 14



こんな枝を降ろします。
イメージ 15


下には保全対象も。
イメージ 16

画像は撮ってなかったですが、この木も無事に終わって、次にこのムクノキの枝も降ろしました。作業前です。
イメージ 17
崖上の大きなムクの木です。手のひらのようになってる部分から立ってる枝だけ降ろす注文でした。

イメージ 18


作業後です。
イメージ 19
この赤い線までが今回の範囲です。記事にしてない木を含めて8日間で約13本登りました。まだ小さい木は残ってますが、大きな木は何とか終了出来てほっとしているところであります。

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

巨大サイズなムクノキの断幹枝降ろしをしてきましたので書きたいと思います。
ちなみに3日間掛かりました。ゴミを置いておけないので搬出しながら、しかも予算がギリで2人作業という過酷な、、仕事でした。

では作業前です。
イメージ 13
保全対象は主にフェンスです。ユニックは借りてきました。


樹上はこんな感じです。
イメージ 1


イメージ 2

伐っても伐っても全然減らない、。
イメージ 3

また登って頂上付近です。
イメージ 4


振り返ってみると、
イメージ 5
やっとここまで降ろしました。根元まで見えませんが大きな木です。


手前の幹の高い部分を残して、後ろの幹の枝も降ろしたりもしました。
イメージ 6


利用する枝を降ろした後は、この1本残した枝も降ろしました。その風景です。
イメージ 7


その後降りてくる時の風景です。
イメージ 8


ここでここまでになりました。この後、後ろの幹の枝は防風目的でカシなどの高さに合わせ、前の幹は2重になってる奥のフェンス内に収まるよう、ずっと下まで断幹します。
イメージ 9

断幹する幹はこんな感じです。大体1玉200㎏前後(計算が間違ってなければ、、)で降ろしていきました。
イメージ 10

ここまで短くしました。
イメージ 11


終了です。作業前と作業後です。
イメージ 14


イメージ 12
とにかくゴミの搬出が大変ですが、なんとかここまでたどり着きました。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

ほっとしました

今日は昨日の続きで朝一はシイノキの枝ゴミを搬出しました。

その後、移動して違う現場に行きました。作業前です。Oさんはいつもどんな木か言わないので現場に着くまで僕も落ち着きませんが、今回は見た瞬間ほっとしました。
イメージ 1
何年か前に僕が作業して短く詰めた木でした。今回はその後に伸びた枝を降ろします。

作業中の画像です。ちなみに下に見えるユニックには朝に積んだシイノキの枝ゴミが載ってます。昨日の枝降ろしはちょっと降ろしただけでしたが、こんなにたくさんの量となります。
イメージ 2
その他、裏庭の生垣の剪定などもして今日は終了しました。

明日からは久々にOさんの所を半月ほど休み、違う仕事に行ってきます。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事