緑内障改善エクササイズ実践日記〜効果と口コミ

緑内障改善エクササイズは、日本リバースという目の美容室?の 今野清志という方が作った緑内障の改善プログラム
緑内障改善エクササイズは、日本リバースという目の美容室?の
今野清志という方が作った緑内障の改善プログラムのようです。

確かに手術はしたくありませんが、
このようなプログラムで改善できるのかは、
正直、人それぞれなのかもしれません。

実際には、やってみないと何ともいえませんが、
もしこれで改善できるなら、それは非常に有難いことです。

これから改善していくにあたって、何が効果的で
何が駄目だったかなど、私個人の経験としてまとめていきたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

「目」の悩みを持った患者を救ってきた目の美容室「日本リバース」が改善率90%以上の緑内障の進行をぴたっと止める緑内障改善法を伝える。失明の恐怖と闘う緑内障を改善出来る3つの理由を包み隠さず公開。この方法は現在までに緑内障で悩みの多くの人達を失明の恐怖から救ってきた“やれば効果が得られる”確かな方法だ。

通常、緑内障を改善するためには、〝点眼薬〟や〝手術〟による治療方法が一般的だが、しかしこの「自宅で出来る改善法」は一切お金を掛けることなく、特別な道具も使わずに、緑内障を改善することができるのだ。

自宅で自分で行うことができるのにもかかわらず、まるでその効果は、手術を行ったかのように緑内障を改善することができる。緑内障とは、視神経乳頭変化、及びそれに対応する緑内障障害を認める慢性の病気で分かりやすく言い換えると、視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる病気で、ゆっくりと症状が悪化していき、放置して治る病気ではない。

「隅角線維柱帯切開術」も「隅角線維柱帯切除術」も平均1週間から10日間の入院が必要になり、どちらの手術も長期的な効果があまり見込めず、ほんの数年で眼圧が手術前に戻ってしまい、再手術が必要になる場合が多いのだ。

「緑内障改善エクササイズ」は手術を行わないので後遺症や再手術の心配がなく内服薬や点眼薬に頼らずに眼圧をコントロールできるのだ。また緑内障だけではなく他の目の疾患も予防改善でき難しいテクニックは必要無いので6歳から88歳の方まで実践できて金銭的な負担が一切無いのだ。

本来、緑内障は正しい知識さえ持っていれば、どの様なタイプの緑内障であっても、改善できるのだ。緑内障を改善できない原因として考えられるのは緑内障になる本当の原因を知らないからと対症療法に頼り切った治療、緑内障を改善できない原因はここにあるのだ。

ご家族や両親が緑内障だからといって、緑内障が遺伝したと思う人も多いようだが、それは緑内障自体が遺伝したのではなく、緑内障になりやすい体質が遺伝しているのだ。それに体質は遺伝要素だけのものではなく環境要素に大きく影響されるため、同じ環境で生活している家族は、同じ病気や症状を発症することが多いのである。

血流障害がおこることによって、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり、房水のバランスが崩れて眼圧が上昇し、視神経を傷つけ視野が狭くなっていくので血流障害を改善することにより緑内障も改善されるのだ。

全身運動を行い、臓器に汗をかかせることによって、より自律神経は整えられ、血流障害を起こさない体を手に入れられるのだ。血流障害を解消し、全身のエネルギーの流れを活性化して、自律神経の乱れを整えれば、緑内障は改善される。

「緑内障改善法」に難しいところは少しもなく緑内障の原因を正しく理解してある方法で血流を改善し緑内障の原因を取り除いてある方法を日課にして緑内障を改善する生活を送る、たったこれだけなのだ。


>> 緑内障改善エクササイズのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事