映画を観る日々

DVDの鑑賞が映画から海外テレビドラマになってます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

VHSで鑑賞。


のはず。
ということで古い記憶の引き出しから引っ張ってまいりました。

夏だしホラー映画を何か、と思って頭の中を探してましたが。もともとホラー映画見ない(笑)
そんな私が観た中でゾッとした映画をと思ってこれをチョイス。



【あらすじ・解説】巨匠ロマン・ポランスキーが悪魔崇拝者たちに狙われたある主婦の恐怖を描いたオカルト・サイコ・ホラー。マンハッタンの古いアパートに、若い夫婦者が越してきた。やがて妻のローズマリーは身篭もり、隣人の奇妙な心遣いに感謝しながらも、妊娠期特有の情緒不安定に陥っていく。彼女は、アパートで何か不気味なことが進行している、という幻想にとり憑かれていた……。[Yahoo 映画]



はい、怖いですよね、この映画。
何が怖いって。

悪魔より、悪霊より、バケモノより、人の狂気が怖い。

もう、明らかに隣近所の人が怪しいことこの上ないんですけど。今なら、もう少し危ぶむこともあったでしょうが。当時はカルト教団なんて認識も薄かったでしょうから、当時はもっと怖かったのかな?と思います。

日本も94年以降はカルトという怖さを思い知りましたから。
それ以降に見たのでありえない話じゃない、という怖さをひしひしと感じたのを覚えてます。


洋物ホラーファンからすると物足りない、作品かもしれないですけども。
血がどぱーと人体切断なんてゴア描写があるわけではなく。人間が怖い、というのだけを抽出した映画です。


ま、正直映画を見たあとよりも。
監督の人生を知ったときのがもっと怖かったんですけども。

詳しくはロマン・ポラスキー監督で検索するとわかるんですけども。

この映画の発表が68年。その一年後の69年に監督の人生に降りかかった悲劇。まさかの虚構から生まれた話が現実に起こるとは・・・事件のあらましを検索すると。チャールズ・マンソン ローズマリーの赤ちゃんで検索かけると解りやすい?余計に混乱する?ブログに行けました。
もしはチャールズ・マンソンで検索したほうが解りやすいかも。

気持ちのいい話ではないので調べるときはお気をつけて。


話は映画本編から逸れてしまいましたが、その部分がなくても充分、人の怖さを感じられる映画です。


総評:★★★★☆
映像 (4) 構成力・展開 (4) 脚本(4) 役者 (4)
演出力 (4) キャラクター (4) オリジナリティ(4)
五段階評価です

よろしければ、応援ボタンをクリックお願いします
↓(ブログ村ランキングポイントにご協力をお願いします<(_ _)>)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(クリックの際はこちらの文字からお願いします)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最後まで赤ちゃんが映らない、でもそれが「いったい何が生まれてくるのか?」という心理的な怖さがありましたね。
カルトって大昔からありますから、それを描いた原点のメジャー作品では?
TBお願いします。

2015/8/13(木) 午前 8:23 atts1964

顔アイコン

> atts1964さん
見えない怖さもありましたね。
最近はすぐ見えちゃうのでこういう手法ももっと使ってほしいところです。
カルトは昔っからありましたが、隣近所にある怖さってのは意識として当時は薄かったかな〜と思ってました(^^;)ゞ
TBありがとうございます<(_ _)>

2015/8/14(金) 午前 11:22 ryane

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事