映画を観る日々

DVDの鑑賞が映画から海外テレビドラマになってます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

映画館で鑑賞。


キャスト、監督をチェックしたら見たくなる1本。
やっぱり、マッド・デイモンはポスト「トム・ハンクス」の一番手ともいえるミスターアメリカをまい進中。
問題はリドリー・スコット監督は最近は小難しくか、映像美、ど迫力映像押しでエンターテイメント成分が不足してるのでまった鬱屈となる話になってないか心配でした。

あと、設定が地球滅亡を救うべく、宇宙探検に行ったヒット作に似てる部分があったので、最終的に地球外殺人事件再びか?!との部分だけ不安でした。まー、さすがに無いとは思うんですけど(笑)



【あらすじ・解説】『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインや『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリーに注目。[Yahoo 映画]


リドりー・スコット監督作品なのか?!と思いたくなるほど爽やかな1本。
どうしたスコット監督。
なんて素敵な作品を作ってくれたんだスコット監督。

です。


悪人やゲスな人はいないんです。
みんな精一杯やった上での結果。
しかし、一人残された主人公。

彼は死んだものと思ってしまうのも致し方なし、というかそりゃ死んだと思うでしょうという状況。

イメージ 2


イメージ 3


しかし、彼は運が良いのか悪いのか命は助かりサバイバルが始まります。数字を見ると絶望的な数字。サバイバル技術があってもそこは火星。食料どころか水の確保も至難の業。一つ間違えて事故が起きれば空気すら危うい世界。

しかし、彼の心は折れません。
知識もさることながらその強いハートがこの物語の鍵。
いくつもの試練、いくつもの絶望が彼を襲うのですが折れずに進みます。ここが見所です。もう、後半の状況とかさすがに心折れるだろうって展開ですから。
私なら意識から回復した時点で絶望で気絶してそのまま死んでると思います・・・


後半からはNASAの技術者の活躍もスポットを浴びていてそこも面白かったです。


「宇宙兄弟」などで知りましたが、宇宙での行動は地球での幾重ものシュミレーションの積み重ねがあってこそ。クルーの安全、事故の確率のパーセントを0に近づける。そのために何回も実験とシュミレーションを重ねて成功へ導く。
今回も主人公を救うべく、色々な可能性を探るためシュミレーション行ってるシーンあり。しかし、救出までのリミットもあってそれが出来ない、という苦しみも描かれてます。いかにぶっつけ本番が危険か。数センチの誤差が命とになる世界の緊張感もひしひしと伝わります。


冒頭に書いたポスト「トム・ハンクス」の件ですが。
彼も「キャストアウェイ」で遭難者を演じてます。

この二つの作品の共通点は、、、
相手の居ない一人芝居で場を持たせる空気。
独り言を独り言と思わせない、間が埋まるなどポッと出の役者さんと至難の業。それをサラっとやり遂げてるところがさすがです。


唯一、小言を言わせて貰いますと。
中国が協力するのはほんとにSFですね。中国人が協力ならそれほど違和感ないでんすけど。
中国政府が協力はありえんだろう、って思っちゃいますので。

イメージ 4


映像に関しては、すんごいことになってます。
火星感が普通に描かれてます。この普通が凄い。大々的に描かず、普通に描くことで自然にその世界に入り込めた点。
宇宙船のシーンも無重力がこちらも“普通”に描かれてます。この自然体の映像が監督の力ゆえでしょう。
ラストも幻想的になってて映像もさすがのリドリー・スコット監督印の作品です。


最近の鬱屈した雰囲気、空気の作品が多かったリドリー・スコット監督とは思えない、爽やかな感動巨編です。
SFとしても面白いですし、感動物としても満足できる1本だと思います。



総評:★★★★☆+
映像 (5) 構成力・展開 (4) 脚本(4) 役者 (5)
演出力 (4) キャラクター (5) オリジナリティ(5)
五段階評価です

よろしければ、応援ボタンをクリックお願いします
↓(ブログ村ランキングポイントにご協力をお願いします<(_ _)>)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(クリックの際はこちらの文字からお願いします)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

やっぱり中国との協力のところこそ、SFですよね(^^)
あんなにスムーズに行くんだったら、もう世界的なプロジェクトにして、火星に人は住んでいるんでは?
作品としては、前向きで、元気の出る作品でしたし、あの水を作るところは初時期感嘆しました。
TBお願いします。

2016/2/22(月) 午前 10:08 atts1964

顔アイコン

> atts1964さん
水のところはぼかーんと爆発してあちゃーと思いましたが、あそこでもめげない心で見事に水を勝ち取りました、「おっほー!」となるシーンですよね。
最近のスコット監督にしては良い予想外の作風で楽しめた作品です^^
中国のはホントSFですよね(笑)
TBありがとうございます<(_ _)>

2016/2/22(月) 午後 1:00 ryane

状況は絶望的で置いてけぼり映画なのに、こんなに明るい雰囲気とわ。
リドリーは宇宙を描くのはお手のものなのか、どんどんリアリティになっているように思いました。
あの無重力もまったく普通に見えてました。
なるほど、ハンクス&マット。お互いイケメンてワケではないし、普通っぽさにあふれてますね。

TBお返しヨロシクです。

2016/2/28(日) 午後 9:20 どらごんづ★

顔アイコン

> どらごんづ★さん
もっと鬱屈した映画を想像してましたので良いほうの予想を裏切ってくれた映画でした。無重力のシーンとかサラッと描いていてますよね。ハリウッドまじパないです。

TBありがとうございます<(_ _)>

2016/2/29(月) 午後 8:43 ryane

顔アイコン

マトニーのポジティブさは到底マネできないな〜と感心しきりでした。
宇宙飛行士だから色んな能力や知識が秀でてるのはわかるけれど、一人きりであの状況を冷静に判断できるなんてすごいなと。
救い出そうとする周りの人たちの描き方もまたよかったですね。
TBお願いします!

2016/5/24(火) 午前 8:09 かず

顔アイコン

> かずさん
心の強さが生死を分ける!というのが伝わる作品でした。
周りのスタッフ、クルーの絆もグッとくるものがありますよね。
TBありがとうございます<(_ _)>

2016/5/29(日) 午後 8:51 ryane

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事