映画を観る日々

DVDの鑑賞が映画から海外テレビドラマになってます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

映画館で鑑賞。


1月の見たいな〜映画リストに挙げてましたが近所の映画館で公開しておらず。
それが、なんと、近所の映画館で期間限定公開していたので見てきました。
特に大きな期待もせず、まーったりな映画を。



【あらすじ・解説】夫の死後家族に行方を告げず姿を消した祖母を捜す旅に出た孫が、祖母の知られざる過去や秘めた夢に触れていく人間ドラマ。シャルル・トレネの「残されし恋には」をバックに、パリとノルマンディーを舞台にしたストーリーが展開していく。監督は、『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』などで俳優としても活動しているジャン=ポール・ルーヴ。歌手のアニー・コルディ、『タキシード』などのミシェル・ブランらが出演。[Yahoo 映画]



うーん・・・ヤフー解説のイメージと違う。
3世代の家族の話で、中心は孫にあたるロマンという青年目線。

冒頭は祖父のお葬式。墓地を間違えて走るロマン。
葬式には間に合わなかったけども祖母に慰められ墓地をあとにする。(結局どの墓地を間違えたかラストまで
解らず)
文系を卒業後、定職にはまだ就いておらず。
運命の人を求めてふらふらする日々。しかし、仕事はしなければと、ホテルの夜勤のアルバイトに就き。
ルームシェアをしてるイスラム系のカリムのお馬鹿なノリを一緒に笑う日々。
しかし、祖母の健康を不安に感じ老人ホームに入ってもらうよう父が動き出してしまったことから、祖母が行方不明になり。

お婆ちゃんが行方不明になるのは物語の中盤を過ぎてから。

前半から中盤まではお婆ちゃん、父親、ロマンの話が中心。
ロマンはお婆ちゃんを大切にしていて、お婆ちゃんもそんなロマンが好きで。
父はちょい落ち着きが無いけど郵便局を定年まで仕事を全うし。母とはなんかすれ違いしていてギクシャクしてるけど仲は壊れておらず。祖父を亡くしてから少しづつ3人のといいうか父と祖母と父とロマンの歯車がかみ合わなくなり。


特に大きな事件は起きません。
お婆ちゃんも悠々なホテル暮らしをしていたり。
悪人!ってのも出てきません。


父と母が定年後の喪失感から仲たがいしてるように見えてもじつはラブラブだったり。


そう、愛にあふれた作品です。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


家族愛、夫婦愛、恋人愛がサラッと描かれた良作です。
あと、フランス文化のなれない一面を見てびっくり。
キスの連続です。職場でも道でもいたるところで。と、書くと誤解を生みますね。
ほほとほほのキスで、こういうスキンシップがフランスの恋愛文化、スキンシップの文化が育まれたのかな。たまーにフランス映画も見ますけど、ここまでキスをちゃんとするのは珍しい気もします。

祖母も祖父を失って、半身がなくなったように思ってしまいラストはそうなったのかな。これも愛ですかね。
大切な失った人の悲しみが・・・という。よく、伴侶を失ってしばらくすると残された人も・・・って聞きますので。


ただ、サラっと描くだけではなく。

先に書いたロマンの友人のカリムのお馬鹿っぷりが妙に愛嬌があって面白く。

イメージ 5


自室から見える向かいの彼女に見せようとスーツ姿で待機していたり。ロマンが上手くいった理由がお婆ちゃんと一緒にその彼女とあったからというとお婆ちゃんを連れて狙ってる子のお店に行ったりと行動力のあるお馬鹿キャラは楽しいです。


そして、もう一人ツボだったのが。
高速のSAにいる店員のおじさん。あだ名はチョコバーのおじさんでしょうか。
ロマンがたまたま寄ったSAで小腹が空いたので何を食べようか迷ってると、チョコバーにする?と聞かれて購入。
そのあと、その決断力はどこから?とロマンが興味をわき、運命の人と出会うにはどうしたらいいですか?と聞き。
ここでよく聞けるよな、とその時点でロマンの行動力で充分、運命は引き寄れそうですけども。じっとしてるより、運命の人に出会おうと行動すれば24時間もしないうちに出会えるよとお告げが。
そう、もうお告げレベル(笑)
ラスト前にもう1回お告げ?がありますけど、ちゃんと答えてくれるいいおっちゃんだなーと。これ演じてるの誰なんでんしょ。実はこの映画、フランス映画の有名人がいっぱい出てるみたいで。このおっちゃんも実は?


もう一つ。
ロマンの父の口説き文句が超かっこいい。
「あなたは美しすぎる、二度と会いたくない」
行ってみてー(笑)
9割は失敗しそうな口説き文句ですけどインパクトは高そう。



燃えるような恋も祖母の命の危険が迫る、なんてシーンも展開もございません。
ただ、三世代の家族が愛にあふれた穏やかな日常とちょっと非日常を過ごす姿を描いてます。
見終わったあとはじんわりもしませんし、悲しみもありません。愛っていいな〜とスーッとなる映画かなと思います。



総評:★★★★☆
映像 (4) 構成力・展開 (4) 脚本(4) 役者 (5)
演出力 (4) キャラクター (5) オリジナリティ(4)
五段階評価です

よろしければ、応援ボタンをクリックお願いします
↓(ブログ村ランキングポイントにご協力をお願いします<(_ _)>)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(クリックの際はこちらの文字からお願いします)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事