映画を観る日々

DVDの鑑賞が映画から海外テレビドラマになってます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

DVDで鑑賞。


監督が好きなブラッド・バードでしたので映画館で見ようと思ってましたが時間の都合で見ることが出来ず。
レンタルスタートしてようやく見ることが出来ました。不安要素はウォルト・ディズニーの秘密。うーん、ディズニー映画でそこまで壮大なサスペンス劇が出来るのか?という不安。あとはファミリー向けの映画かな?という不安。この不安もあって映画館に行くか悩んで後回しにして見られなかったんですけども。



【あらすじ・解説】『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などのブラッド・バード監督と、名優ジョージ・クルーニーのタッグで放つ話題作。ウォルト・ディズニーが想像した未来を軸に、“トゥモローランド”のことを知っている主人公と17歳の少女が未知の世界への扉を開く姿を描く。共演は『愛する人』などのブリット・ロバートソンやテレビドラマ「Dr.HOUSE」シリーズでおなじみのヒュー・ローリーら。ウォルト・ディズニー社の保管庫で発見された資料を基に創造された世界に息をのむ。[Yahoo 映画]



なかなか面白い秘密と仕掛、そして壮大な映像で楽しめました。
CGチックなのは今さら気にしない方向で。


キャストも上々。
ケイシー・ニュートン演じるブリット・ロバートソンはキャラクターの年齢の割には・・・と思ったら、もう25歳でしたか。そりゃーティーンエイジャーやるにはちと無理か。けど、10代です!って言われたら納得も出来るんですけどね。
今後の期待度が高いのは謎の少女アテナを演じたラフィー・キャシディーですね。ポスターの真ん中に写ってる子。こりゃー綺麗な10代を迎えて上手く行けば・・・道を逸れないことをほんと祈ります。


と、さすがディズニー映画ということで子役はよく見つけてきます。



そして、この映画の中身。
普通に仕掛けを楽しんで、オチはディズニーらしく大騒動でなんとか一見落着という展開に。ちょいと寂しいシーンもありますが。てっきり直せるもんだと。あれは予想外。


まあ、それは置いといて。
以外にも途中でも首がポーンとか倒れても何度も叩くとかあってディズニー審査をよく通ったな〜と不思議でしたが。一応人間じゃないのでOKだったんですかね。


ストーリーに関しては説明しようにも以外に小難しいので説明できず。
色々なもの省いて言えば。
どこかで進んでる未来世界「トゥモローランド」
そこに行くには招待状が必要で。極々一部の人間にしか手に入れられず。
新しい未来を作れる知能が必要で。
偶然にもそれを手にした少女がたどり着く先は?!という話。

しかし、それの謎が解ける頃、少女は人類の先が見せられてしまい・・・


この、見せられた世界ってのが面白く。
これ、日常にもあふれてますよね。温暖化、地球汚染、戦争、貧困。どれもテレビやネットをつなぐと見る光景。劇中では別の方法で刷り込んでましたが。これって現実のメディアと大差ないかも。実はそうやって人々の心をコントロールして負の感情を蓄積していたら・・・?!と考えると怖いもの。

そうですよね。
私も幼いころ、ノストラダムスの予言やらで21世紀は迎えられないと。そう思ってるとやる気がでなくなり・・・というダメなおっさんの言い訳なんですけど(笑)
まあ、これは冗談として。
先の未来が暗いと文化的にも社会的にも明るい発展はないのでは?というのは核心かもしれません。高度成長期には「鉄椀アトム」とかで手塚先生が描かれた明るい未来、ドラえもんの23世紀のような世界があふれてたから進めたのかも。
今は、そんな明るい世界を想像した作品も少ないですよね・・・

なんて思うとなかなか面白い作品として楽しめました。
映画館でも良かったかもしれないですけど、映画館だと、ちょっとファミリー映画だったね。で、終わってたかもしれないのでDVDでよかったのかも。


そして。
ヤフー映画でのレビューで面白いレビューがたくさんあるのでそれを見てから作品を見るともっと楽しめたのかも。
UrbanDockGoerさんとgre*****さんのレビュー。レビューの役立ち度順で上のほうに居る方のレビューですけど。
キーワードは「ニコラ・テラス」と「プルスウルトラ」だそうです。ニコラ・テラスは実在の人物で、プルスウルトラは都市伝説みたいな話にような、実は・・・のような。どうなんでしょうね。こういうところを知っていて見るとまた楽しめるそうです。
この辺はまったく解らず。偉大な人物たちが関わってたのね、くらいにしか見てなかったです(^^;)ゞ


と、いう以外なし掛けもある映画です。
けど、解らなくても楽しめる作りでした。知ってるともっと楽しめるスパイスくらいです。


一応、星4でカテゴリーしてますけど、そこまではまらなかったのでマイナスをつけて調整してます。


総評:★★★★☆−
映像 (4) 構成力・展開 (4) 脚本(3) 役者 (4)
演出力 (4) キャラクター (4) オリジナリティ(4)
五段階評価です

よろしければ、応援ボタンをクリックお願いします
↓(ブログ村ランキングポイントにご協力をお願いします<(_ _)>)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(クリックの際はこちらの文字からお願いします)

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事