映画を観る日々

DVDの鑑賞が映画から海外テレビドラマになってます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

映画館で鑑賞。


エピソード4〜6は子供心を掴まれ何回も見てました。最終的にVHSの画像乱れて見えなくなっちゃいましたけども(笑)
けど、エピソード1〜3はあんまりはまらず。凄い映像!って部分は楽しんだんですけど、最後までの流れを知っちゃってるのでオチを知ってる話はどうもダメなので1回見たっきりで終わりました。
そんな、スターウォーズファンとは言えない私ですけど。やっぱり、続きが気になりますので早速、観てきました!
けど、大体の流れ知っちゃってたんですよ。だって、ルーカスが続きを作らない!って言ってたから、原作小説を読んだ友人にどうなるか聞いちゃったので・・・


【あらすじ・解説】SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を融合した映像にも期待。[Yahoo 映画]



おぉ!な1本。
ドッグファイトあり、ライトセイバーの戦闘シーンあり。フォースの力ありで、スターウォーズおかえりなさい!を堪能。
しかし。
ジェダイは相変わらずメンタル弱いな!と嘆きもし。家族問題が銀河レベルかい!などストーリーに突っ込みを入れつつ楽しんでまいりました。実はあの人があの人と関係があって、あの人も・・・なんて驚きエピソードたくさんなんですけど、上で書いたとおりある程度の流れは知ってたので驚き無し。あの時の自分よ、止めておけばよかったのに・・・
まあ、それでも1箇所だけめっちゃ驚いたシーンありましたが。あれは驚いた。


さて。
ルーカスからエイブラムスに監督が代わり。
実績のある監督なので不安要素は薄かったですが。私の中では前半盛り上がり型、後半失速タイプのイメージが強い監督なのでそこだけが不安。しかし。見事な演出で盛り上がりが失速することなく、次回に繋がる熱気を残したまま見事にエピソード6を完成してくれました。

エピソード4を彷彿させるシーンなど多いので懐かしい!と思いながら楽しみ。これは監督のオマージュな部分もあるかも。
そして、キャストをしっかり集めるところも流石。
ファルコン号でのドッグファイトシーンなどはさすがに映像技術。旧シリーズでも見所の一つでしたけど、今回は臨場感が半端でなく。ここだけ3Dで見たかった(笑)
そして、レイア姫にルーク・スカイウォーカーも。そしてハン・ソロもオリジナルキャストで参戦。これは嬉しい反面、みんな年とったな〜とちょい苦笑い。けど、ハン・ソロとチューバッカのやり取りはこの人じゃないとダメですよね。施設への潜入シーンで。雪が降る中で、フィンの作戦に対して突っ込みを入れてるソロにいつもの「うお゛おぉぉ」を横から割り込み。何を言ってるのかと思いきや、「寒い?俺だって寒いよ!」って突っ込み(笑)そうそう、このソロの突っ込み大事!
逆にソロの大法螺に本当のことを言って突っ込むチューバッカもあり、ああ、戻ってきたなが充実してました。

イメージ 2



これだけだと、懐かしいだけで終わっちゃいますが。
新ジェダイの騎士候補のレイ。

イメージ 3


女主人公でライトセイバーの戦闘シーンがちゃんと出きるのか?と不安でしたが、杞憂でした。
演じるはデイジー・リドリー。この作品まで大きな出演作無しも見事にこの大作の大役を見事に演じきってました。
よくまあ、こんな人材を見つけてきますよね。
ちょい幼く見えたり。ずっと孤独だったので所作とか荒い部分とか弱い部分がちゃんとあって。ジャクーではずっと独りだったので中腰での食事してたりしてましたレイが今後どう成長するのかも楽しみ。

そして、もう一人。
なんと、あの白いヤツことストーム・トルーパーがマスクを脱いだ!

イメージ 4


私は最初のシリーズを見ていたときはロボットだと思ってました^^;

イメージ 5


クローン人間だったりした場合もあるようですけど、実は生身の人間だったんですね。故郷での虐殺を見て恐ろしくなって脱走した男が誕生。その名もフィン。元は番号が名前でしたけど、脱走したときにレジスタンスのボーに命名されてこの名前を名乗ってます。名前の無い男から物語の重要な役へ。彼の今後も楽しみ。

イメージ 6


そう、ボーも良い役ですよね〜以前からXウィングのパイロットはキャラクターいっぱいでしたけど、今回はもっとスポット浴びてます。その男がボー。


ジェダイの騎士の話も面白いですけど、周りのキャラも面白いのがスターウォーズ。この新章にも新しいキャラが出てきまして続きが楽しみになってまいりました。


あとは。C3POも登場、R2D2は動き無かったですけども・・・

イメージ 7


代わりにBB−8なるキャラが生まれて新しい魅力を放っております。なんでしょうね。小型犬てきな可愛さがあります(笑)次も活躍しそうで楽しみ。


新シリーズ3部作のまだ1作目。
次は中繋ぎの1本なので期待は膨らませないようにして。ついに始まった新スターウォーズを楽しもうと思います。

今年の締めの1本として満足の1本でした。



総評:★★★★☆
映像 (5) 構成力・展開 (4) 脚本(4) 役者 (4)
演出力 (4) キャラクター (5) オリジナリティ(4)
五段階評価です

よろしければ、応援ボタンをクリックお願いします
↓(ブログ村ランキングポイントにご協力をお願いします<(_ _)>)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(クリックの際はこちらの文字からお願いします)

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事