全体表示

[ リスト ]

クズネツォフの航跡

イメージ 1

重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」の略歴。
(写真は、1996年に地中海で行動中のクズネツォフ)


★1982年9月1日:ウクライナ共和国ニコラーエフ生産公団・チェルノモルスキー造船所(第444海軍工廠)で起工。
当初の予定名はリガРига
★1982年11月26日:レオニート・ブレジネフЛеонид Брежневに改名
★1985年12月5日:進水。
★1987年8月11日:トビリシТбилисиに改名。
★1989年9月:公試開始。
★1989年11月1日:Su-27K、MiG-29K、Su-25UTGが初着艦。
<初代艦長はヴィクトル・ステパノヴィッチ・ヤルイギン大佐>
<この当時の同艦のコールサインは「サラマンドラ」だった>
<公試中の同艦の写真が西側にも公開される一方、連邦軍機関紙「赤い星」に、同艦の人員不足や消火体制の不備等を指摘する記事が掲載された>
★1990年10月4日:国防相命により、艦名をアドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフАдмирал Флота Советского Союза Кузнецовに改名
(当時、ソ連邦からの分離独立運動が盛んになっていたグルジア共和国の首都名は、「ソ連邦海軍の新鋭艦」の名前としては相応しくないとの政治的判断による)。
★1990年12月25日:艤装完了、正式に海軍に引渡し。
★1991年8月:ソ連邦政府は、トルコ、アメリカなどに対し「今月中にクズネツォフがボスポラス、ダータネルス海峡を通過する」旨を通知。しかし人員不足で実現に至らず。
★1991年12月1日:ウクライナによる接収を避ける為、乗員定数の30パーセントしか乗せずに急遽セヴァストポリを出港。
黒海を抜けボスポラス、ダータネルス海峡を通過。
(その後、エーゲ海でスクリューに地元漁船の網が絡まる)
警備艦プイトリーヴイがジブラルタルまで護衛。
★1991年12月21日:北方艦隊基地ヴィジャエヴォに到着。
★1994年:航空群配備(Su-33(Su-27K)艦上戦闘機×18機、Su-25UTG艦上練習機×2機、Ka-27PL対潜ヘリ×16機、Ka-31早期警戒ヘリ×2機)
<この間、何度かムルマンスク近海で行動>
<フェイズドアレイレーダー「マルス・パッサート」などの電子機器類は、予備パーツの不足により、アドミラル・ゴルシコフのパーツを「共食い」して維持された>
★1995年12月8日:駆逐艦ベスストラーシュヌイ等を伴いウラ湾を出航、地中海に向かう。指揮官は海軍総司令官第一代理(副総司令官)イーゴリー・カサトーノフ大将。
★1995年12月23日:地中海入り。
★1996年1月7〜17日:チュニジア寄港。
★1996年1月29日〜2月2日:シリアのタルトゥス寄港。
★1996年2月17〜19日:マルタのヴァレッタ寄港。
<セヴェロモルスクへ帰還途中の本艦を「標的」にして北方艦隊が「対空母迎撃」演習を行う>
★1996年3月22日:ウラ湾に帰還。
<以後、ほとんど整備もされずに放置状態。機関部の状態が悪化>
★1998年7月下旬〜8月上旬:バレンツ海で演習
<1999年4月28日:本艦搭載予定のSu-33の発展型(並列複座型)Su-27KUB試作第1号機初飛行>
★1999年10月6日:Su-27KUB試作第1号機、初着艦
★2001年〜:機関部を含む本格的な修理開始。
<蒸気タービンのチューブは全て交換>
★2004年9月:修理完了、現役復帰。
★2004年10月:原子力巡洋艦ピョートル・ヴェリキー、ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフ、駆逐艦アドミラル・ウシャコフ等と共に北方艦隊の大西洋演習に参加。
★2004年11月:Su-27KUB(Su-33UB)のシートライアルを実施。
★2005年3月21日〜4月9日:バレンツ海で演習を実施。
★2005年8月〜:北大西洋の演習に参加。
★2005年9月5日:演習中に搭載機Su-33が墜落(パイロットは脱出)。
★2006年:着艦拘束装置などの修理のためドック入り。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事