全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ロシア・ソ連海軍の艦艇ではありませんが、
クリヴァクIII型ことプロジェクト1135.1「ネレイ」型警備艦。

海軍用のプロジェクト1135(対潜)警備艦の派生型で、
1983年〜1990年にかけて旧ソ連KGB国境警備隊用に7隻が建造され
全て極東のカムチャツカ方面に配属されました。

現在も国境警備庁に所属しており、3隻が在籍しております。
写真を御覧頂ければお分かりの通り、船体舷側に3色のストライプが描き込まれ
ヘリ格納庫横に国境警備庁のエンブレムが付いているのが海軍艦艇との違いです。

・ジェルジンスキィДзержинский(1984年12月29日就役)

・ヴォロフスキィВоровский (1990)1990年12月29日就役)

・オリョールОрел (1986年9月30日就役)
(旧イメーニXXVIIセーズダKPSS Имени XXVII съезда КПСС)


この他の4隻は、2000〜2003年に除籍されました。

・メンシンスキィМенжинский (1983年就役)
2000年除籍、解体。

・プスコフПсков(1987年就役)
(旧イメーニ70リェーチヤVChk-KGB Имени 70-летия ВЧК-КГБ)
2003年除籍、スクラップとして中国へ売却。

・ケドロフКедров (1990年就役)
2003年除籍、スクラップとして中国へ売却。

・アナディーリАнадырь(1989年就役)
(旧イメーニ70リェーチヤ・ポグランヴォイスク Имени 70-летия Погранвойск)
2003年除籍


現役にある3隻は、カムチャツカ半島周辺(クリル諸島北部)で活動しており、密漁船の取締に当たっています。
一例を挙げると、2006年8月23日、「ヴォロフスキィ」は、カムチャツカ沖で密漁船4隻を拘束しております。
(この内3隻は日本船)


http://www.interfax.ru/e/B/politics/28.html?id_issue=11577219
【ロシアは、オホーツク海で4隻の漁船を密猟の疑いで拘留した】
ペトロパヴローフスク・カムチャツキー、8月24日(インタファクス)

オホーツク海において何隻かの漁船が、カムチャツカ・カニの認可されていない操業を行った為、ロシア国境警備局の北東方面警備隊によって拘留された。

水曜日(8月23日)、警備艦「ヴォロフスキィ」は、カムチャツカの西部海岸近くで4隻の漁船を発見した。
漁船は、彼らが警備艦に気づいた時、逃げようとした。
しかしながら、それらはすべて、エリゾーヴォ航空隊所属の航空機の助けを借りて拘留された。
予備尋問によれば、4隻の漁船は全て無許可でカニを捕っていた。


[写真の解説]
1枚目:ヴォロフスキィ(2004年4月10日撮影)
2枚目:米コーストガード艦艇とランデブーするヴォロフスキィ(2004年4月10日撮影)
3枚目:ヴォロフスキィ(2004年4月28日撮影)
4枚目:ヴォロフスキィ(2005年6月2日撮影)
5枚目:オリョール(2005年10月3日撮影)
6枚目:除籍前のプスコフ(2002年10月26日撮影)
7枚目:除籍前のケドロフ(2002年10月26日撮影)
8枚目:ナホトカに係留中のメンシンスキィ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事