全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2005年2月15日から2007年7月17日まで黒海艦隊司令官を務め
現在はロシア海軍総司令官第一代理となっている
アレクサンドル・アルカジエヴィッチ・タタリノフ大将
Александр Аркадьевич Татаринов


1950年10月25日、チタ州に生まれる。
1967年にP.S.ナヒモフ名称黒海海軍高等学校へ入学、1972年卒業。

卒業後、バルト艦隊で機雷魚雷兵器・後方装備基地研究室長を務める。

1973年、高射砲中隊長に就任。
1976年、大型対潜艦「スラーヴヌイ」砲術長に任命。

1977年から1979年まで、警備艦「ボードルイ」先任副艦長と
警備艦「ネウクロチームイ」先任副艦長を務めた。

1980年に高等海軍将校過程を修了した後、大型対潜艦「オブラズツォーヴイ」艦長に就任。

1988年、ミハイル.G.クトゥーゾフ名称海軍大学校を卒業した後、
バルト艦隊対潜艦旅団参謀長に就任。

1990年、バルチースク海軍基地(BNB)司令官第一代理(副司令官)に任命。
1996年4月、バルチースク海軍基地司令官に昇格。

1997年9月22日、黒海艦隊参謀長に任命。

2005年2月15日、アレクサンドル・タタリノフは、連邦大統領令第152号及び連邦国防相令第137号により
黒海艦隊司令官に任命された。

2005年12月12日、連邦大統領令第1431号及び連邦国防相令第533号により、海軍大将へ昇進。

2007年7月17日、アレクサンドル・クレツェコフ中将と交代して黒海艦隊司令官を退任。

アレクサンドル・タタリノフは、定年(60歳)を迎えて退職するミハイル・ザハレンコ大将の後任として
ロシア海軍総司令官第一代理に就任した。

第3等「軍における祖国への奉仕に対する」勲章、「武勲に対する」勲章を授与されている。


妻と息子1人、娘1人が居る。




ウラジーミル・ヴィソツキー海軍総司令官(2006年12月15日、海軍大将昇進)よりも先任の提督であり
海軍総司令部付きの顧問・相談役といったポジションにあるようです。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、未だ「黒海艦隊司令官」のままです・・・・・(^^;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%95

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事