全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/17285804.htmlでも取り上げた
駆逐艦「ベズジェルージュヌイ」Безудержный(406)

2007年12月9日からは、4代目親衛駆逐艦「グレミャーシチー」Гремящийとなりました。
(Гвардейский Эскадренный Миноносец"Гремящий")


レニングラード市のジュダーノフ造船所で建造。
1987年2月24日起工、1989年9月30日進水、1991年12月30日就役。

就役後は、ロシア北方艦隊へ配属。

大西洋の戦いの50周年記念式典に参加するため、
1993年5月26日〜31日、ニューヨーク(アメリカ)を訪問。

1993年夏から1994年までドックで修理。
1998年、オーバーホール実施。

しかし財政難の為、以後の行動は不活発になり、外洋で姿を見る事は無くなった。

2007年12月9日、除籍された先代グレミャーシチーの後を継ぎ
4代目親衛グレミャーシチーを襲名。親衛旗を受け継いだ。

親衛旗が継承された日、モスクワ州、チェリャビンスク州、
ペトロフスキー区が、本艦の親衛称号継承を祝い、乗員に
プレゼントを贈った。

2007年12月、本艦の艦長は、アンドレイ・ナボコフ2等海佐が務めている。


本艦の舷側番号は、以下のように変わっている。
1991年:682
1992年:444
1993年:435
1994年〜:406


[写真の解説]
1枚目:大西洋上のベズジェルージュヌイ(1993年6月撮影)
2枚目:造船所入りするベズジェルージュヌイ(1993年夏撮影)
3枚目:セヴェロモルスクのベズジェルージュヌイ(2004年7月撮影)
4、5枚目:セヴェロモルスクのベズジェルージュヌイ(2005年頃撮影)
6枚目:セヴェロモルスクのベズジェルージュヌイ<右側>(2007年8月19日撮影)
左側はアドミラル・ウシャコフ



というわけで、非常にややこしいのですが、
ソブレメンヌイ級駆逐艦グレミャーシチー(404)が除籍され、
同型艦ベズジェルージュヌイ(406)がグレミャーシチーと改名されました。


この辺りの事情を知らない人は、グレミャーシチーが残され、ベズジェルージュヌイが除籍されたと思うかもしれません。
(特に、『世界の艦船』とか岡部いさくは怪しい・・・・(^^;)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ソブレメンヌイ級って大戦略とかで名前ぐらいしか知らなかったんですけど、スタイリッシュなシルエットがとても美しい軍艦ですね!

2007/12/17(月) 午後 5:25 [ Черная акула ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事