全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

<画像は、Google Earthで見たサンクト・ペテルブルク市の旧海軍省>

アサヒ・コム(朝日新聞)より。

http://www.asahi.com/international/update/0328/TKY200803280002.html
【ロシア軍で内紛か 改革めぐり国防相と参謀総長が対立】
2008年03月28日06時53分

ロシアで軍改革をめぐり、国防相と参謀総長の対立が激化し、国防相の軍改革案に反対する参謀総長が辞表を提出した、と主要紙が報じる事態になった。
国防相はプーチン大統領の強い支持を受けているが、軍の内紛はメドベージェフ次期大統領にとって大きな重荷となりそうだ。

独立新聞などによると、今年1月、セルジュコフ国防相の指令で準備が進む海軍総司令部のモスクワからサンクトペテルブルクへの移転について、バルエフスキー参謀総長が軍関係の会議で「時期尚早だ」と反対を公然と唱えた。

さらに国防省など軍の中央機関に働く要員の4割削減や、モスクワなど大都市にある軍の用地や施設を民間に売却・賃貸する国防相主導の政策でも対立が深まった。

国防省は26日、参謀総長の辞表報道を否定。一方で、「軍改革で不利益を得る者たちが、機先を制そうと不正確な情報を流している」とし、内紛は否定していない。

セルジュコフ氏は、連邦税務局長から昨年2月に文民の国防相に任命された。
軍事機密の絡みで透明度の低い軍予算へのクレムリンの管理を強める狙いから、プーチン大統領が決めた人事だ。

しかし、国防省に近い筋は「軍事ドクトリンもなく、いきなり要員削減や資産の処分を命じられることに軍内部の不満が高まっている」とする。

報道などによると、辞表は作戦・指揮部門トップの参謀総長のほか、国防省や参謀本部の幹部数人も提出したという。
しかし、政権側は5月のメドベージェフ次期大統領の就任までは、内紛の表面化を避けるため辞任を認めない方針という。

参謀総長は25日まで休暇扱いとされ、米国のミサイル防衛施設配備問題を巡って18日にモスクワであった米ロの外相・国防相会議にも関与をしない異常な状態だった。




この朝日新聞の記事は、本当の事です。
少なくとも、ロシアでは、そう報じられている事は確かです。

産経新聞みたいに、歪曲も曲解もしていません。




ロシア海軍総司令部移転の件については、今年1月23日、
ロシア連邦共産党のスヴェトラーナ・サヴィツカヤСветлана Савицкаяが
連邦議会下院で、この問題を取り上げています。

http://www.severnyflot.ru/news.php?extend.965
【ロシア連邦議会下院は、海軍総司令部移転問題を調査した】

この中で
"連邦軍参謀総長ユーリー・バルエフスキー上級大将は、ロシア海軍総司令部の移動に不同意である事を示した。
「私は個人的に、それは今日、必要性が無いと考える」
と彼は、モスクワのロシア連邦軍事科学アカデミーの会議で示した。"
と書かれています。


海軍総司令部移転には、ロシア海軍退役提督達も反対しているようです。

ソ連邦解体時の海軍総司令官ウラジーミル・チェルナヴィン海軍元帥
元海軍総参謀長ヴィクトル・クラフチェンコ海軍大将
元海軍総司令官第一代理イーゴリィ・カサトノフ海軍大将
元北方艦隊司令官ウラチェスラフ・ポポフ海軍大将は、大統領に宛て、反対の意見書を送付しています。


退役提督達は意見書で、総司令部移転費用は40〜50億ルーブル掛かると推定されるが、
これに対し、コルベット「ステレグーシチィ」型は1隻あたり20億ルーブルである、と述べています。

そんな金が有るなら、他の事に使え、というコトでしょう。

また、海軍総司令部移転は、「海軍全体を指揮統括する安定したシステムを損う」とも述べています。



RIAノーボスチでも、3月24日付で、こういう記事が有ります。

http://en.rian.ru/analysis/20080324/102103231.html
【セルジュコフは、バルエフスキーを引かせる】

"先週、ロシア連邦軍参謀総長ユーリー・バルエフスキー上級大将が辞任するつもりである事が報じられた。
この報道は、公式に否定される事は無かった。"

上記の朝日記事の
「参謀総長は25日まで休暇扱いとされ、米国のミサイル防衛施設配備問題を巡って18日にモスクワであった米ロの外相・国防相会議にも関与をしない異常な状態だった。」
についても、こう書かれています。

"公式には、彼が休暇中だったので、バルエフスキーは不在だった。
休暇中である専門家を数日、呼び出すことは珍しい事では無い。
しかしバルエフスキーは、その理由の為、出て来るようには要請されなかった。"


海軍総司令部移転問題についても、こう書かれています。

"彼(バルエフスキー)は、1月19日、軍事科学アカデミー会議で、聴衆からの質問に答え、
「時機をわきまえないもの」と、
モスクワからサンクトペテルブルグへの海軍総司令部の移転を評した。
それはセルジュコフの決定である。"

付け加えると、この決定は、ソ連邦英雄の高級提督および海軍総司令部の元総司令官、幹部による大統領への手紙の中で批判されている。"


ちなみに、1月19日の軍事科学アカデミー会議とは、
バルエフスキー参謀総長が「核兵器使用」発言をしたとして報じられた時のものです。
(http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/28524663.html参照)

この時は、バルエフスキー参謀総長の「核使用」発言がクローズアップされたので、
海軍総司令部移転問題は陰に隠れてしまいましたが。



現ロシア海軍(ВМФ)主要幹部は、海軍総司令部サンクト・ペテルブルク移転には反対していないようです。

というか、する筈がありません。

海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、セルジュコフ国防相によって抜擢された提督です。
セルジュコフ国防相に逆らうような人物であれば、そもそも、海軍総司令官に抜擢されないでしょう。

そして、ロシア海軍各艦隊司令官は、ヴィソツキー大将の意に沿う(比較的)若手の提督達です。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

返信有難う御座います。

海軍総司令部移転問題を含めて対立の原因になっている問題は、それぞれの問題自体よりも派閥対立の道具にされているみたいですね。まあ、改革を推し進めようとする時期にはそういう対立が激化するものなのかもしれませんね。改革が良い方向に進んでくれる事を願うだけです。 削除

2008/3/29(土) 午前 10:56 [ ビクター ] 返信する

顔アイコン

>ビクター様、どうも。
セルジュコフ国防相の「改革」に反発しているのは、「旧世代」の将校のようですが。
上記で名前を挙げた退役提督は、1990年代に現役だった方々だし、ユーリー・バルエフスキー上級大将にしても、今年初めに61歳を迎えており、定年退職する年齢です。

上記RIAノーボスチの記事では、バルエフスキー上級大将の後継者になると見られている参謀総長第一代理アレクサンドル・ブルーチン大将は、1956年12月24日生まれ。
現在51歳の若い将軍です。

2008/3/29(土) 午後 8:37 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事