全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【ロシアは、2060年までに5〜6隻の航空母艦を保有する】
モスクワ、4月4日(RIAノーボスチ)

ロシアは、2050〜2060年までに5〜6個の航空母艦統合任務部隊を編成する構想を描いた新しい海軍戦略を立てている。
金曜日、海軍総司令官は、こう発言した。

「我々は、別々に戦闘用艦艇、航空機あるいは宇宙船を建造すべきではありません。全ては統合システムとして稼働しなければなりません」
ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将は、モスクワでの記者会見で、こう伝えた。

「これは、航空母艦にも同様に当てはまります。私達は、5〜6個の海軍の航空母艦グループを編成する事を計画しています」

これらの統合任務部隊は、戦闘用艦艇、無人航空機(UAV)を含む様々な航空機、衛星および潜水艦を含むだろう。

「これら統合任務部隊の存在は、海軍の戦闘有効性を、幾つかの点で60パーセントから300パーセントまで増加させるでしょう」
とヴィソツキーは語った。

新しい航空母艦の建造は、2012〜2013年に開始されると予想されている。

現在、ロシアは、1990年代初頭に就役し、長期に渡るオーバーホールの後、最近、再就役した唯一の運用可能な航空母艦「ニコライ・クズネツォフ」を有している。

既知の通り、プロジェクト1143.5重航空母艦は、26機までの固定翼戦闘機および24機のヘリコプターを搭載できる。

「ニコライ・クズネツォフ」は、現在、ロシア北方艦隊に配備されており、世界の海洋の異なる海域で、再び継続的に存在を示すロシアの計画の一環として、最近、地中海への2か月の遠征に参加した。
(2008年4月4日16時32分)

http://en.rian.ru/russia/20080404/103745057.html

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お世話になっております。
空母5,6隻ですかぁ…現在の米海軍のようにローテーションで活動させるには補給とか補助艦艇も増やさないといけないんでしょうが、予算繰りも大変でしょうね。
尤も基盤になる資源や経済も今の所順調なようですのでなんとかしてしまうのかもしれませんね。
その時まで順調に経済成長していれば、ですが…。 削除

2008/4/7(月) 午後 0:59 [ BELL ] 返信する

顔アイコン

>BELL様、どうも。
何せ、6隻揃うのが半世紀後という事ですから、
随分と気の長い「計画」です(^^;

半世紀後のロシアが、世界が、一体どうなっているかなど、
誰にも予想できないでしょう。

2008/4/7(月) 午後 10:01 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

お世話になっております。
ふと思ったのですが、空母機動部隊を「有機的に」運用するには何隻の艦艇が理想的なんでしょう?
護衛にあたる巡洋艦や駆逐艦も必要だし、補給艦も必要ですよね?
補助艦で「ユーリ・ガガーリン」や「ゲルマン・チトフ」みたいな通信・情報艦(スードノ・スヴィヤージー・・・でしたっけ?)もそれなりの数も必要だろうし・・・
それを考えると前途遼遠ですね。いくら経済が成長しても足りないような気がしてきました。
・・・半世紀も先の話ですが。 削除

2008/4/8(火) 午後 0:53 [ BELL ] 返信する

顔アイコン

>BELL様、どうも。

アメリカ海軍の空母打撃群の場合

・空母1隻
・イージス巡洋艦1隻
・イージス駆逐艦2隻
・原子力潜水艦1隻
・高速戦闘支援艦1隻

が標準的な構成となっております。

ただ、高速戦闘支援艦はアメリカ海軍に4隻しか居ないので
代わりに給油艦や戦闘給糧艦が随伴する事も有ります。

2008/4/8(火) 午後 9:49 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事