全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

[写真の解説]
1枚目:1995年秋、バルト海で撮影
2、3枚目:1996年7月、サンクトペテルブルクで撮影
4〜6枚目:1997年秋、北東大西洋で撮影

キーロフ級原子力巡洋艦の4番艦「ピョートル・ヴェリキー」は、サンクトペテルブルクの『バルト工場』で艤装を終えた後、1995年秋に、バルト海で最初の洋上テストを実施しました。
この時点では、同艦は太平洋艦隊へ配属される予定だったようです。

1996年からは国家受領テストを開始しましたが、この間に太平洋艦隊配属の話は消え、同年11月、北方艦隊基地セヴェロモルスクへ回航されました。


1997年、北東大西洋で最終テストを行った後、1998年4月、正式にロシア海軍へ就役しました。

上掲写真は、「就役前」の「ピョートル・ヴェリキー」です。
この時、舷側番号は「183」でしたが、就役後、現在の「099」に変更されました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事