全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

http://rian.ru/defense_safety/20081228/158228548.html
【「ネウストラシムイ」は、アデン港で水と食糧を補充する】
モスクワ、12月28日(РИАノーボスチ)

バルト艦隊の警備艦「ネウストラシムイ」は、日曜日、イエメンの港アデンへ寄港した。
ロシア海軍総司令官補佐官イーゴリィ・ディガロ1等海佐は、РИАノーボスチに伝えた。

「警備艦ネウストラシムイは、アデン港で食糧と真水を補充し、乗組員は短期間の余暇を過ごせます」ディガロは言った。

彼によれば、短期間のアデン訪問の後、「ネウストラシムイ」は、アフリカの角海域で海上運行の保護を続け、船舶コンボイをソマリア海賊の攻撃から護る。


艦の任務は、2009年1月中旬まで続く。 同艦と交代する為、太平洋艦隊の大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラドフ」が到着する。

ディガロは、現在、大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラドフ」、救助曳航船「フォーチィ・クリロフ」、給油艦「ペチェンガ」および「ボリス・ブートマ」で構成される太平洋艦隊の艦艇支隊は、インド洋で行動を続けていると発表した。
来年1月中に、ここで、ロシア・インド合同海軍演習「インドラ-2009」が行なわれる。
(2008年12月28日14時15分)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ネウストラシムイの後に海賊対策に就くのはウダロイ級のヴィノグラドフですか。
以前シアさんはウダロイ級がソマリアに行くかもと予想しておられましたが、
見事的中、と言うことでしょうか。

確かにヘリを運用できる比較的大型の艦艇となるとしっくりきますね。
もしネウストラシムイ級の2番艦が稼働状態にあればそれが行く可能性もあったのかもしれませんが。

2008/12/29(月) 午後 5:17 [ ふかきもの ] 返信する

顔アイコン

>ふかきもの様、どうも。

ネウストラシムイのソマリアにおける活動実績を見ても、
ヘリ搭載・運用能力は欠かせないでしょうし、かと言って、
巡洋艦クラスでは過大でしょうし、ソブレメンヌイ級ではイマイチだし・・・

消去法で行けば、ウダロイ級が適任という結論になるでしょう。

問題は、ネウストラシムイ級もウダロイ級も無い黒海艦隊ですが・・・
出すとすれば、カーラ型あたりでしょうか。

2008/12/29(月) 午後 6:25 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事