全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

7月18日、ロシア海軍総参謀長第一代理オレグ・ブルツェフ中将は
ラジオ放送局「エコー・モスクワ」の生放送に出演しました。
(http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/39604467.html参照)

この中で、ブルツェフ中将は、黒海艦隊とノヴォロシースク海軍基地についても発言しました。


http://www.rian.ru/defense_safety/20090718/177800731.html
【ロシア連邦黒海艦隊には、セヴァストーポリとノヴォロシースクの海軍基地が必要である】
モスクワ、7月18日(ロシア通信社ノーボスチ)

ロシア黒海艦隊には、セヴァストーポリだけではなく、ノヴォロシースクと2つの海軍基地が必要である。
土曜日、ロシア海軍総参謀長第一代理オレグ・ブルツェフ海軍中将は伝えた。

「艦隊は、1つの基地(セヴァストーポリ)だけに駐留すべきではありません。卵を1個のバスケットだけで貯える事は出来ません」
ラジオ放送局「エコー・モスクワ」の生放送でブルツェフは語った。

彼によると、2017年以降のセヴァストーポリ黒海艦隊基地存続の可能性に関するロシア連邦・ウクライナ間の交渉の結果とは関係なく、ロシアは、ノヴォロシースク基地のインフラストラクチュアを開発する。

「ノヴォロシースクにおいて、私達は、インフラストラクチュア開発を予定しております」
ブルツェフは注意を促した。

海軍中将は、黒海艦隊に関するウクライナとの交渉で、黒海艦隊に関する1997年付の合意の枠組の修正を認める可能性は無い事を強調した。

「私達には、これらの合意の修正を容認する意図は有りません。
私達は、特に、在庫と兵器に関する未決問題を有しておりますが、これらの問題は、黒海艦隊に関する合意の枠組に基づいて現在のロシア・ウクライナ合同委員会が、的確に解決するでしょう」
ブルツェフは述べた。

ノヴォロシースクの海軍基地建設プログラムは、2020年までに成就されなければならず、ロシアは、その実現の為に500億ルーブルを拠出する。
(2009年7月18日14時20分)



ラジオ放送局「エコー・モスクワ」
http://echo.msk.ru/

ブルツェフ中将が出演したのは、これでしょう。

http://echo.msk.ru/news/606417-echo.html
【ロシアは、セヴァストーポリの状況とは関係なくノヴォロシースクに黒海艦隊基地を建設する】

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

セヴァストーポリをロシアが失うことは無いでしょうね。
この港はロシアにとって特別な物だとモスクワやウクライナにいるロシア人から良く聞きます。難しいことは分からないですがクリミアタタールの問題やいろんな事が駆け引きになっていくのでしょうが最終的にはウクライナ国内のNATO加盟反対派(国民の70%以上は反対とする国内報道も)に押し切られてしまうのではとの見方が大ですね。

2009/7/19(日) 午後 3:32 [ ua ] 返信する

顔アイコン

>ua様、どうも。

ティモシェンコ閣下は、ロシア黒海艦隊の2017年以降の駐留を認めない意向のようですが・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/39322661.html

2009/7/20(月) 午後 9:36 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事