全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

ロシア海軍太平洋艦隊所属の大型揚陸艦「アレクサンドル・ニコラエフ」
(Большой десантный корабль"Александр Николаев")

プロジェクト1174(イワン・ロゴフ級)の2番艦です。
現在は、予備役保管されています。

上の写真は、2009年8月31日にアブレーク湾(フォーキノ)で撮影されたものです。

同艦は、1990年代末以降、この場所に係留されています。

本艦(イワン・ロゴフ級)は、ヘリコプター搭載・運用能力を有していますが
(艦尾部分はヘリコプター発着甲板)
ロシア海軍は、新たなヘリコプター揚陸艦として、フランスの「ミストラル」級を購入する計画であり、
本艦が修理され、現役復帰する可能性は無いでしょう。


「アレクサンドル・ニコラエフ」の左舷(写真で言えば同艦の右側)には、ソヴレメンヌイ級駆逐艦が3隻停泊しています。

1枚目の写真右端の手前の艦は「ブイストルイ」、その奥は「ボエヴォイ」です。

2枚目の写真では、「アレクサンドル・ニコラエフ」の向こう側に3隻のソヴレメンヌイ級が見えますが、
右端の「715」は「ブイストルイ」、その隣は「ボエヴォイ」、その左隣は「べズボヤズネンヌイ」です。

ソヴレメンヌイ級駆逐艦は、以前はアブレーク湾南端の桟橋(原子力巡洋艦アドミラル・ラザレフが係留されている場所)に停泊していましたが、最近、「アレクサンドル・ニコラエフ」が係留されている湾中央の桟橋(揚陸艦用停泊所)に移動したようです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事