全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

ロシア連邦国防省公式サイトwww.mil.ruより。

http://www.mil.ru/848/1045/1274/8948/8950/tof/19371/index.shtml?id=70800
【太平洋旗艦の巡洋艦「ワリャーグ」をフランス公使が訪れた】
2010年2月12日


フランス公使ジャン・ド・グリニアスティは、ウラジオストク港(金角湾)に停泊しているロシア太平洋艦隊旗艦の親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」を訪問しました。

太平洋艦隊司令官コンスタンチン・シデンコ中将も同行しました。


写真で見る限り、「ワリャーグ」の隣には、少なくとも3隻のプロジェクト1155大型対潜艦(ウダロイ型)が停泊しているようです。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

この種の記事良いですね。日本はこういう記事が配信されることは、地域紙においても少ないでしょうが、面白いです。「ワリヤーグ」の隣に接舷しているのは、ウダロイ級ですか。さすがですね。「アドミラル・チャバネンコ」のソマリア沖延長警備との由、やはり、北洋艦隊、バルト艦隊も、太平洋艦隊と同じレベルで、3艦隊が平等で、ソマリア沖で任務につかせるというような、シアさんのブログにあった情報は生きていたのだと知った次第です。
いたのだと 削除

2010/2/15(月) 午前 7:39 [ カワウソ ] 返信する

顔アイコン

わざわざウラジオストクまでフランスの公使が出向いて「ワリャーグ」を訪問したということにちょっと驚きました。
この前日の2月11日には、今年の5月9日の例の対独戦勝記念日パレードにアメリカ、イギリス、フランスの部隊が初参加するほか、サルコジ大統領も参加する見通し、といった報道があったばかりです。このこととこのフランス公使による「ワリャーグ」訪問、直接関係があるかどうかはともかく、絡めて見るとなかなか面白い話ではあると思います。 削除

2010/2/15(月) 午後 6:44 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

顔アイコン

>カワウソ様、どうも。

ウラジオストク港にはウダロイ型4隻が駐留していますが、この時期に3隻しか定位置に居ないという事は、あとの1隻は、ソマリア派遣前にドック入りして入念な整備を行なっている可能性が高いと思います。

2010/2/15(月) 午後 7:01 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>秋幸華様、どうも。

おそらく、このジャン・ド・グリニアスティ氏は、ウラジオストク駐留フランス公使でしょう。

2008年4月には、当時の在ウラジオストク日本国総領事・蒲原正義が太平洋艦隊司令部を表敬訪問し、シデンコ司令官と会談しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/30662718.html

2010/2/15(月) 午後 7:02 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

そうですね。おそらくその1隻は前にシア様が仰っていたまだソマリアに派遣されていない次期派遣予定艦の「マーシャル・シャポシニコフ」であろうとは思いますが、いかんせんこの写真、艦橋の形やその窓数からウダロイ級であることは分かりますが(4枚目の写真等)艦番号までは確認できないことが「玉に瑕」ではあります。残念! 削除

2010/2/15(月) 午後 8:05 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事