全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

ロシア黒海艦隊旗艦の親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」は、今年(2010年)春に極東方面で実施される戦略演習「ヴォストーク-2010」へ参加する為、近い内に母港セヴァストーポリを出港し、ウラジオストクへ向かうようです。


ロシア海軍ポータルサイト『フロート・コム』より。

http://flot.com/news/newsofday/index.php?ELEMENT_ID=44278
【黒海艦隊旗艦は、初めてウラジオストクへと出航する】

黒海艦隊旗艦のミサイル巡洋艦「モスクワ」は、(同艦隊の)艦船を伴い、5月20日頃までに、初めてウラジオストクへ到着し、太平洋艦隊の艦艇と共に実地戦略演習「ヴォストーク-2010」へと参加する。
インタファクスは、黒海艦隊司令部関係者の話として報じた。

巡洋艦「モスクワ」は、出航してから、ほぼ半年間に渡る航海を実施する。
インド洋への遠距離航海では、同艦はロシア戦略航空部隊との相互運用を行ない、主要打撃複合体P-500「バザリト」による海上目標へのミサイル攻撃を実施する。
同艦は、インドとの合同海軍演習にも参加する予定である。

更に2010年春、「モスクワ」は、地中海でフランス及びイタリアの艦艇との連携機動訓練を実施する。

「モスクワ」は、プロジェクト1164ミサイル巡洋艦「アトラント」の1番艦である。
(2010年3月9日配信)


2009年12月1日、黒海艦隊司令官アレクサンドル・クレツェコフ中将は、同艦隊の艦船が戦略演習「ヴォストーク-2010」へ参加する為の準備を始めていると発言しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40471548.html

同時期、黒海艦隊旗艦「モスクワ」は、ドック入りしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40488582.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40611991.html


上の記事によると、出港後の巡洋艦「モスクワ」のスケジュールは、以下のようになるでしょう。

1:地中海でイタリア、フランス海軍と合同演習を実施
2:インド洋でロシア空軍戦略爆撃機と共に対艦ミサイル発射訓練を実施
3:インド洋でインド海軍と合同演習を実施
4:ウラジオストクに到着、実地戦略演習「ヴォストーク-2010」に参加

2の件ですが、モスクワ(スラヴァ型)の長距離対艦ミサイル「バザリト」は、その長射程(バザリトで約550km、モスクワが搭載する改良型のヴルカンは700km)をフルに活用する為には、航空機やヘリコプターにより中間誘導を行なう必要が有ります。

ロシア空軍戦略爆撃機では、Tu-95がバザリト/ヴルカン誘導用システム「ウスペフ-U」を搭載しています。

長距離対艦ミサイル複合体バザリト/ヴルカン
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/28716373.html


黒海艦隊旗艦モスクワが遠距離航海を行なう場合には、同艦隊の司令官代理(副司令官)が乗り込んで指揮を執ります。

現在の黒海艦隊司令官代理は、セルゲイ・メニャイロ中将ですから、彼が乗る可能性が高いでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/39645762.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/26906391.html

メニャイロ提督は、2008年8月の南オセチア紛争において、アブハジア方面のロシア海軍部隊を統括指揮しました。
アブハジア沖海戦のロシア部隊指揮官もメニャイロ提督でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/38720405.html


実地戦略演習「ヴォストーク-2010」には、おそらく太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(モスクワの同型艦)も参加するでしょう。

極東でスラヴァ型ミサイル巡洋艦2隻が一緒に演習を行なうとは、数年前ですら予想できなかったね。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

記事をいつも読ませていただいてます。
出航してから半年に及ぶ航海をするとは、中々スケールの大きい話ですね。日本に住んでると地球まで小さく感じてしまいます(笑)
希少なスラヴァ型が2隻も極東に集まってくるとはビックリですね。

ところで記事中の『フロート・コム』ではミサイル巡洋艦「アトラント」と表現されていますが、ロシア国内では「スラヴァ型」よりも「アトラント型」と表現することの方が多いのでしょうか? 削除

2010/3/9(火) 午後 8:17 [ dyson ] 返信する

顔アイコン

感謝×100 太好了×1000
スラヴァ級が極東に2隻、一緒に演習………。感涙ものであります。
とりあえずは、これ以上言葉が思いつきません。
あと、我らが海上自衛隊の活躍にも期待しましょう。 削除

2010/3/9(火) 午後 8:35 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

顔アイコン

>dyson様、どうも。
既に1番艦はスラヴァからモスクワへ改名されていますから、тип"Слава"(スラヴァ型)と呼ばれる事は滅多に有りません。

それよりは、プロジェクト1164のニックネームであるАтлант(アトラント)の方が使われているようです。

2010/3/9(火) 午後 9:21 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>秋幸華様、どうも。

>海上自衛隊の活躍

これですね。
http://www.mod.go.jp/jso/press2010.htm

2010/3/9(火) 午後 9:21 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

いつもお世話になっております。
興奮と感動の一夜(笑)が明けました。(と言うかもう夜です。24時間近くが経過しました。)やっとのことで鎮静化してきました。(でも昨日は興奮と感動で混乱しておりました。シア様とロシア海軍のせいですからね。(笑))
まさか、「モスクワ」が、艦隊旗艦が………。
こうなると北方艦隊からは何が極東方面に向かうのか非常に楽しみになってきます。(なるだけ「大物」が来ますように。戦略原潜がカムチャッカ方面に向けてSLBMだけ発射して終わりと言うのではもったいないもったいない。)
あと極東方面に向かう部隊の編成は、この「モスクワ」の他に、補給艦、航洋曳船(サルベージ船)あと、揚陸艦(輸送艦)といったところでありましょうか??? 削除

2010/3/10(水) 午後 8:22 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

顔アイコン

先日のドック入りは、今回の大遠征の伏線だったんでしょうか。まだ修理中だとばかり思っていたら、いきなりのサプライズ……。
予想外の大物のご登場ですが、ご老体(失礼)の「ケルチ」や「スメトリーヴイ」では、やはり心許ないでしょうし、順当な選択でしょうか。

これで、北方艦隊から「マルシャル・ウスチノフ」が参加すれば、アトラント型3隻そろい踏みで、「壮観な眺めだわい」となるところですが、果たして?

2010/3/10(水) 午後 10:04 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

>秋幸華様、どうも。

原文では、"вместе с судном"(船を伴って) と書いてありますから、給油船(補給艦)や救助曳船といった支援船が随伴するのは確実でしょう。

ウラジオストクまでの往復航海ですから、給油船イワン・ブブノフ(ボリス・チリキン型)と、黒海艦隊所属の救助曳船で最も大きなシャフテル(シルヴァ級)あたりになると思います。

2010/3/10(水) 午後 10:22 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>bygzam_ma08s 様、どうも。

黒海艦隊を代表して極東まで行くわけですから、見劣りしない軍艦を派遣したいところでしょう。

北方艦隊の参加艦艇は分かりませんが、黒海艦隊が旗艦の巡洋艦を派遣するのですから、こちらも巡洋艦クラスの艦を出してくるかもしれません。
ちなみに、北方艦隊の旗艦はピョートル・ヴェリキーです。

2010/3/10(水) 午後 10:22 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

3月13日付の産経新聞(笑笑)の朝刊の国際欄を見たら、タス通信を引用する形で、6月にロシアの黒海艦隊がウクライナ海軍と7年ぶりに合同演習を実施するという話が掲載されておりました。
(ヴォストーク2010とのかねあいから、「モスクワ」の参加は無理だと思いますが)
大統領選挙後、親露政権が誕生した影響が早くも表れている模様であります。(このままいくとセヴァストーポリの使用期限も延長されるやも………。) 削除

2010/3/14(日) 午後 9:43 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

顔アイコン

ウクライナ海軍は、今年5月9日の対独戦勝65周年記念の観艦式にもロシア黒海艦隊と共に参加するそうです。
http://www.rian.ru/defense_safety/20100311/213587641.html

2010/3/14(日) 午後 10:03 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事