全体表示

[ リスト ]

スホーイ試作設計局が1990年代に開発した試作前進翼戦闘機S-37(Su-47)ベルクト
(1997年9月25日初飛行)
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8

ソ連邦解体(1991年)後に登場したベルクトですが、同機の開発は、ソ連邦時代の1980年代初頭に遡ります。

1980年代初頭の計画開始時のベルクト
Su-27KM(Су-27КМ)
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
元々は、ロシア(ソ連)海軍の空母艦載機として計画されました。
スホーイ試作設計局は、この計画に対応してSu-27の艦載機型を計画していました。
 
しかし、1970年代に計画された「原子力空母」計画は、全て国防省やソ連邦軍上層部に「撃沈」され、1980年代初頭に建造が認可されたのは、スキージャンプ台を備えた「重航空巡洋艦」プロジェクト11435/11436(アドミラル・クズネツォフ型)の2隻でした。
 
当然ながら、この「重航空巡洋艦」はアメリカ空母に比して寸法が小さく、これに伴い、搭載機数も少なくなっていました。
しかもSu-27は大型双発戦闘機であり、主翼と水平尾翼を折り畳んでも、格納庫に収容出来る機数は限られていました。
 
Su-27Kと同時期に、より小型の戦闘機であるMiG-29の艦載機型も試作されていましたが、同機だけでは制空・防空能力が不足すると考えられていました。
 
この問題を解決する為には、主翼をコンパクトに折り畳める大型戦闘機を新規に設計する必要があるとスホーイは考えました。
そこでスホーイが目を付けたのが、前進翼でした。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
当時、ソ連でも前進翼機の研究は進められており、これを艦上戦闘機で初採用しようとしたわけです。
 
1980年代初頭、Su-27KMの設計がスタートしました。
名称こそSu-27Kですが、全く新規設計の機体でした。
 
前進翼は、以下のような長所をもたらすと考えられました。
・低速域での空力効率が増加
・揚力の増加
・亜音速での航続距離の増加
・亜音速での良好な操縦性
・着陸距離の短縮
・低速度の失速
・アンチスピン性能の改善
・機体容量の増加

「重航空巡洋艦」アドミラル・クズネツォフ型2隻が起工された後、1980年代後半には、拡大型で蒸気カタパルトを備えた「原子力重航空巡洋艦」プロジェクト11437(
ウリヤノフスク型)の建造が決定され、1988年に1番艦が起工されました。
Su-27KMは、プロジェクト11437の艦載機としても期待されました。
 
Su-27KMのエンジンは、二次元推力偏向ノズル付きのRD-79M(アフターバーナー使用時推力17.500kg)2基となる予定でした。
このエンジンは、一足先に開発が進められていた垂直離着陸艦上戦闘機Yak-141の推進用エンジンと同系列のものです。
 
しかし、1989年5月、ソ連軍事産業委員会は、Su-27KMの開発中止を決定しました。
こうして、ソ連(ロシア)海軍の前進翼艦上戦闘機は幻と消え、Su-27Kが量産される事になりました。
 
その後、ソ連邦は解体され、ソ連海軍の「空母」も幻と消えましたが、スホーイ設計局は、自力で前進翼戦闘機の開発を続行、艦載機としての機能を省き、要撃戦闘機MiG-31のエンジンD-30F6(アフターバーナー使用時推力15.500kg)を搭載した試作機が完成し、1997年9月25日に初飛行しました。
艦上戦闘機Su-27KMとして計画がスタートしてから約15年が経過していました。
 
これが、S-37「ベルクト」です。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
『軍事研究』1998年5月号ミリタリー・ニュース
「ロシア海軍-S37先進機は単なる実証機か」より抜粋。
 
・ロシア人は同機に言及するのをためらったが、S37、またの名ベルクートの派生型が初めて、そしておそらくロシア海軍の作戦主体となるという西側の見方を崩せなかった。

・スホイ設計局長ミハイル・シーモノフも同機は海軍の要求に合わせたものとすることに反対したものの、結局はロシア空母における役割を果たすことを認めた。
・ロシア空軍関係者は、1997年10月のモスクワ郊外ジューコフスキー飛行テストセンターにおけるS37特別実証デモ飛行に臨席しなかった。しかしロシア防空軍と海軍の両代表は出席した。
・1980年代初期に空母との適合性をテストされたMiG-23変型機、その他の航空機に対して、FSW(前進翼)タイプの機をロシア海軍が評価したものと、JDW(ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー)は見ている。

 
もともとは海軍の艦上戦闘機として計画された機体ですから、海軍関係者がデモフライトに臨席したのは当然でしょう。
 
なお、安彦良和氏のコミック『韃靼タイフーン』において、S-37ベルクトが空母に着艦するシーンが有ります。
 
これが、ベルクトの本来の姿だったのです。
 
 
日本では、Su-27KMは、Su-27K(Su-33)の派生型だと思われているようです。
 
>Su-27KM Su-33Mの別名称。
>Su-33M TVCを装備する筈だったが、実現していない。

『日本周辺国の軍事兵器』
[Su-33艦上戦闘機(フランカーD)]
>Su-27KM(Su-33M) スホーイが提案したSu-33の能力向上型。
>レーダーやアビオニクスを一新。エンジンには推力偏向装置を採用。
>本格的な対地・対艦攻撃能力が付与された多用途戦闘機となる予定であったが、不採用に終わった。
 
むろん、これは間違いです。

閉じる コメント(19)

顔アイコン

勉強になります。傑作★

2010/3/23(火) 午後 7:42 ryo 返信する

顔アイコン

いつもいつもありがとうございます。
Su-47って元々は艦上戦闘機だったんですね。びっくり仰天おったまげました。普通の日本語の文献にはここまで詳しく書かれていないので本当に勉強になります。Su-47の下部の写真にも興味がつきません。にしても前進翼機の開発をやってたスホーイ、不覚にも涙がほろり。ここで出る話全部が何故か感動的に(笑)。

Su-27KM開発中止は予算の都合なのでしょうか。それとも前進翼導入のリスクを嫌ったからでしょうか。それともそれ以外の理由なんでしょうか? 削除

2010/3/23(火) 午後 8:13 [ dyson ] 返信する

顔アイコン

安彦良和氏の『韃靼タイフーン』にそんなシーンがあるとは存じませんでした。
(安彦良和氏の著作は大好きでありますが、(例:『ガンダム・ジ・オリジン』、『虹色のトロツキー』等)『韃靼タイフーン』は読んでいませんでした。)
色々な意味で勉強になります。 削除

2010/3/23(火) 午後 8:46 [ 秋幸華(チゥ・シンファ) ] 返信する

顔アイコン

>Ryo​-様、どうも。

傑作に推して頂きまして有り難うございます。

おそらくは、日本初公開の情報になるでしょう。

2010/3/23(火) 午後 9:58 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>dyson様、どうも。

おそらくは、日本の航空評論家も軍事評論家も、誰一人として知らない情報でしょう。

Su-27KM開発中止の主な理由は、仰る通り、財政難(予算の都合)のようです。

2010/3/23(火) 午後 10:01 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>秋幸華様、どうも。

もうかれこれ10年くらい前になりますが、真っ黒いベルクト(作中ではスホーイ局内の愛称「ブラタン」が使われていた)が空母に着艦するシーンを見て
「ベルクトは艦載機じゃないだろう」と思っていたものです(笑)

これが「本来あるべき姿」だったというわけですね。

2010/3/23(火) 午後 10:03 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

初めまして。貴重な情報を得る事ができ感激しております。

ところで、ACE COMBAT5及びXにはS-32という前進翼機がSu-47のプロトタイプとして登場していますが、Su-27KMはこれとよく似ていますね(ノズルや垂直尾翼の傾き方など・・・)。
ttp://acecombat.wikia.com/wiki/S-32

調べてみるとスホーイが空軍のMFI計画を受けて提案したのがこのS-32で、結果的にはミグのMiG-1.42(1.44)に敗れてしまった。その後MFI計画自体が中止されてしまったがスホーイが自主制作したのがS-37(Su-47)とのことです。

ですから経緯としては
Su-27KM(艦上戦闘機)→S-32(空軍MFI)→Su-47(自主制作デモ機)
といった感じでしょうか。 削除

2010/3/23(火) 午後 10:52 [ ppl ] 返信する

顔アイコン

これまでにもシアさん情報には随分と驚かされてきましたが、今回は極めつけでした。なんじゃあ〜、こりゃあ!? と松田優作、あるいは『魁!男塾』風に叫び出しそうに。
「死んだ子の年を数える何とやら」ではありませんが、こんなイカれた……、もといイカした戦闘機が、ウリヤノフスクの飛行甲板上にズラリと並んださまを想像(妄想)すると、マジでちびりそうです。
実機が完成していたとしても、ステルス性がどうので、案外短命に終わっていたかも知れませんが。T-50が登場した今では、再開発の可能性もゼロでしょうし。
しかし、確か「某傭兵航空部隊」では、前進翼のX-29をエンタープライズ2番艦で運用するなんてシーンがあったかと思いますが、あと何年かソビエトが存続していたなら、実物でそんなシーンが拝めていたかもしれないと思うと……、実に惜しい、悔しい(T~T)。
(まあ、冷戦の終結は、世界にとってはめでたいことでしたが)

2010/3/24(水) 午後 7:53 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

ところで、このSu-27KM、よく見るとエンジンも独特ですね。平べったい、二次元型の推力変更ノズルのようですが、単発なのか、双発なのか。
なんだか、あの「コスモタイガー」のようにも見えたりして。いったい、どんなエンジンを積むつもりだったんでしょう。

2010/3/24(水) 午後 7:55 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

>ppl様、初めまして。

経緯としては、その通りでしょう。

確かに、ミグの試作機1.44は、新型エンジンAL-41Fを貰ったのに、ベルクトにはMiG-31のエンジンD-30F6が回されていますから、当初の扱いには差が有りましたね。

2010/3/24(水) 午後 9:14 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>bygzam_ma08s様、どうも。

Su-27KMに搭載予定のエンジンは、RD-79M(推力17.500kg)2基でした。
これは、Yak-141のエンジンと同系列のものです。

実機が完成していれば、今頃、MiG-29K(9-41)の出る幕は無かったかもしれません。
Su-27KUBも作られなかったかも・・・


ところで、X-29が「某傭兵航空部隊」に配備された時点で、同部隊は、以前に放棄された元の陸上基地を取り戻していた筈です。

ただ、F-5EタイガーIIやクフィールC2は空母に乗せられたようですね。

2010/3/24(水) 午後 9:15 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

お世話になっております。
これまた独特の形ですね。RCSも意外と小さそうで、実戦配備されてほしい機体です。

そういえば、「マクロス」シリーズにVF-19ってありましたねw 削除

2010/3/25(木) 午前 7:50 [ BELL ] 返信する

顔アイコン

>BELL様、どうも。

RCSに関しては、Su-27系列機よりは小さい、といった程度でしょう。

前進翼は、むしろステルス性を損なう形状です。

2010/3/25(木) 午後 7:31 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

シァ・クァンファ様h・hです。このSU27KMですが、もしかして中国の空母の搭載機として採用されるのではないでしょか(もちろんその際は中国が資金を提供して)。今日のニュ−スでアメリカ合衆国の公聴会で海軍首脳が中国は2012年には、空母就航させるだろうと述べていましたから。 削除

2010/3/27(土) 午前 1:00 [ h・h ] 返信する

顔アイコン

>h・h様、どうも。

ロシアからのSu-33艦上戦闘機購入交渉すら破談に終わっていますからね。
ましてや、1980年代の計画機を完成させる資金を出す可能性などゼロでしょう。

ここで誤解してはならないのは、現実に存在するS-37(Su-47)ベルクトは、艦上機としての機能を一切有していないという事です。


それに、2012年に就役すると言っているのは、旧ソ連空母ワリャーグでしょう。
この艦は、試験・訓練艦ですよ。

この艦で、中国が自力で開発するであろう艦上機の試験を行なうつもりのようですから、2012年までに艦上機が完成し、揃っている必要は有りません。

2010/3/27(土) 午前 2:23 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

シァ・クァンファ様、お答えありがとうございます。
シァ・クァンファ様のご指摘をもとに考えてみれば、S−37がSU27kmとして艦上戦闘機としてよみがえることはないでしょう、が昔見たS−37が戦闘機として、よみがえり地上基地・空母から空を飛ぶ姿を見れたらなあ、という思いがどうしても.....スホ−イさんSJ100やSU−80が世界中の空で見られるように頑張ってもらいたい。 削除

2010/3/27(土) 午前 10:04 [ h・h ] 返信する

顔アイコン

>X-29が「某傭兵航空部隊」に配備された時点で、同部隊は、以前に放棄された元の陸上基地を取り戻していた筈です。

あ〜、そうでしたっけ。アカン、かなり記憶がおぼつかなくなっている……(TT)。
X-29が登場した頃は、将来の米空軍にはこんな機体がずらりと並ぶのかと、期待に胸膨らませたものですが。理論だけならナチス・ドイツの頃から存在したのに、量産・実用化された前進翼機といえばHFB320・ハンザジェットくらいのもの。
前進翼機が活躍するのは、フィクションの中だけで終わってしまうんでしょうか。h・hさんと同じく、ワタシも全く残念です。

せめてもの慰めといいますか、Su-27KMの詳細な(予定)スペックが紹介されているサイトなど、ご教授いただけませんでしょうか? 妄想の中だけでも、大空を舞わせてやりたいもので。
(腕に覚えのある人なら、フルスクラッチでモデル化するところでしょうか)

2010/3/28(日) 午前 0:02 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

拝啓 シア・クァンファ様

ご無沙汰しております。
『日本周辺国の軍事兵器』の執筆者の1人のrglc85tj8hです。

ご紹介いただいている貴重な情報はいつも参考にさせていただいております。

この度は、当サイトの訂正をいただき深く感謝申し上げます。
ご指摘いただきました点についましては、早々に訂正いたしたく存じ上げます。

青海湖級補給艦の件と合わせて改めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

敬具 削除

2010/4/3(土) 午前 2:11 [ rglc85tj8h ] 返信する

顔アイコン

貴重な情報どうもです
しかし英国面っぽさを感じるのは私だけでしょうか…?(ニヤッ 削除

2010/4/23(金) 午後 1:14 [ 通りすがり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事