全体表示

[ リスト ]

ロシア海軍の新型潜水艦発射海洋弾道ミサイル「ブラヴァー」

周知の通り、2009年12月9日の発射試験は失敗に終わりました。
 
この時点で、ブラヴァーの発射試験は3回連続で失敗しており、
「このミサイルはもうダメだ」と思った人は少なくありませんでした。
しかし、ロシア国防相も海軍首脳も、ブラヴァー開発中止の噂を否定しました。

ブラヴァー発射試験は、前回の失敗から約10ヶ月後に再開されました。

[2010年10月7日]
ミサイルはタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイから発射
弾頭はカムチャツカ半島のクラ射爆場に着弾
 
[2010年10月29日]
モスクワ時刻05時10分(グリニッジ標準時01時10分)、白海の原潜ドミトリー・ドンスコイから発射
弾頭はカムチャツカ半島のクラ射爆場に着弾
 
2010年のテストは2回だけでしたが、2回とも成功裏に終わりました。
そして、年は明けて2011年・・・・
 
 
[2011年6月28日]
モスクワ時刻15時55分(グリニッジ標準時11時55分)
ボレイ級戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーから初のミサイル発射
弾頭はカムチャツカ半島のクラ射爆場に着弾
 
というわけで、2011年の1発目の試験は、新型原潜K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」によって行われ、
見事成功しました。
 
K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」
イメージ 2
 
 
そして、約2ヶ月後に再び発射試験が行われました。
 
 
[2011年8月27日]
モスクワ時刻07時20分(グリニッジ標準時03時20分)、白海のユーリー・ドルゴルーキーから発射
ミサイルはカムチャツカ半島を超えて太平洋上に着弾
 
『くろいあめ、あかいほしM2』
★「ブラワー」SLBM第16回目の発射試験に成功
 
この時の試験は、いつもの白海からカムチャツカ半島クラ射爆場というお決まりのコースではなく、
そこから先の太平洋上まで飛ばすという大胆な試みでした。
 
イメージ 1
 
この時の飛翔距離は、約9300kmに達しました。
 
『イズヴェスチア』2011年8月27日
【ブラヴァーは9300kmを飛翔した】

これが、ブラヴァーの最大射程という事になるようです。

「全力全開」試験から2ヶ月後、再び発射試験が行われました。
 
モスクワ時刻08時01分(グリニッジ標準時04時01分)、白海のユーリー・ドルゴルーキーからミサイル発射
弾頭はカムチャツカ半島のクラ射爆場に着弾
 
 
これまでのところ、ブラヴァー発射試験は、5回連続で成功しています。
 
ロシア側の報道によれば、今年中にもう1度発射試験を実施したい意向のようです。
 
 
しかし、ロシア国防相アナトーリー・セルジュコフは、次回のブラヴァー発射試験は2012年5月以降になるだろうと発言しました。
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事