全体表示

[ リスト ]

現在、ロシア海軍には、旧ソ連時代の1980年代からソ連邦解体後の1990年代前半に掛けて建造されたキロ級ことプロジェクト877「ワルシャワンカ」潜水艦が在ります。

プロジェクト877「ワルシャワンカ」(キロ級)は、1980年から1994年に掛けて計24隻がロシア(ソ連)海軍へ就役しました。
 
 
ロシア海軍向けの最後のキロ級が就役してから16年後、新たなキロ級がロシア海軍向けに起工されました。
これが、プロジェクト06363です。

プロジェクト06363は、すべてサンクトペテルブルク市のアドミラルティ造船所で建造されます。

【プロジェクト06363】
 
・B-261「ノヴォロシースク」(Б-261 Новороссийск)
建造番号01670
2010年8月20日起工/2013年就役予定
黒海艦隊に配備予定
 
・B-237「ロストフ・ナ・ドヌー」(Б-237 Ростов-на-Дону)
建造番号01671
2011年11月21日起工/2014年就役予定
黒海艦隊に配備予定
 
・3番艦
2011年末起工予定/2015年就役予定
黒海艦隊に配備予定
 

4〜6番艦も建造される予定です。

 

 
「ロストフ・ナ・ドヌー」起工式典
イメージ 1
 
イメージ 2
 

『ロシア通信社ノーボスチ』
キロ級およびラーダ級を設計した海洋工学中央設計局「ルビーン」の総取締役アンドレイ・ジャチコフへのインタビュー記事
 
一番下に、ロシア海軍向けの新たなキロ級についての質問があります。

-それでは、(ロシア)海軍が今になってまた、とうに検査済みのプロジェクト636潜水艦「ワルシャワンカ」型を発注したのは何故ですか?
 
-納入の為の時間と費用の点においてです。
これらの潜水艦は、安価かつ速やかに建造できます。
しかし、これは輸出用のプロジェクト636ではない事を覚えておく必要があります。
これは近代化された艦です。
 
 
プロジェクト06363は、プロジェクト636をさらに改良したタイプのようです。
 
プロジェクト06363の模型
イメージ 3

 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

傑作ポチ☆^^
潜水艦として 完成の域の艦容ですね。

2011/12/8(木) 午後 9:05 ryo 返信する

顔アイコン

ロシア海軍向けの最後のキロ級が建造されてから、すでに16年が経つんですね。

今回、建造されたタイプ06363は近代化され、ロシアに配備されているキロ級と同等以上の性能を持っているでしょうから、6隻と言わずにもっと建造して、黒海艦隊だけでなく他の艦隊にも配備してもらいたいような気がします。

もちろんラーダ型を低コストで短期間にある程度の数をそろえられたら、それに越した事は無いのでしょうが・・・。 削除

2011/12/9(金) 午前 9:32 [ ビクター ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事