全体表示

[ リスト ]

現在のロシア連邦海軍は、大きく分けて北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊、カスピ小艦隊の5つの部隊から成り立っています。
 
そして各艦隊には、公式に旗艦(Флагман)が定められてます。

『ロシア連邦国防省公式サイト』によると、各艦隊の旗艦は以下の通りです。

[北方艦隊旗艦]
重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」
(第43ロケット艦師団所属)
Тяжелый Авианесущий Крейсер "Адмирал Флота Советского Союза Кузнецов"
イメージ 1

 
[太平洋艦隊旗艦]
親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」
(第36水上艦師団所属)
Гвардейский Ракетный Крейсер "Варяг"
イメージ 2

 

[黒海艦隊旗艦]
親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」
(第11対潜艦旅団所属)
Гвардейский Ракетный Крейсер "Москва"
イメージ 3


[バルト艦隊旗艦]
駆逐艦「ナストーイチヴイ」
(第128水上艦旅団所属)
Эскадренный Миноносец "Настойчивый"
イメージ 4

 
[カスピ小艦隊旗艦]
警備艦「タタールスタン」
(第327親衛水上艦艇大隊所属)
Сторожевой Корабль "Татарстан"
イメージ 5

 
 
以前、北方艦隊旗艦重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」だった筈ですが、最近になって交代したようです。
少なくとも、2010年半ばくらいまでは「ピョートル・ヴェリキー」が北方艦隊旗艦であった事は、ロシア通信社ノーボスチの記事で確認できます。
 
2010年5月20日11時31分配信
【北方艦隊旗艦の巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」は沿海地方に到着した】
巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」、5月20日-ロシア通信社ノーボスチ特派員ドミトリー・ミハーレフ
 
ここで誤解してはならないのは、これらの「艦隊旗艦」には、艦隊司令部要員が乗艦して勤務しているわけではないという事です。

上記の各艦隊/小艦隊の司令部は、陸上に置かれています。
そもそも、これらの「艦隊旗艦」は、艦隊司令部直属ではなく、各艦隊指揮下の艦艇師団/旅団/大隊に所属しています。
 
かつての旧日本海軍の聯合艦隊旗艦とか第一艦隊旗艦とか第二艦隊旗艦などとは違い、儀礼的象徴的なものでしかないのです。
昨年(2010年)春、当時の北方艦隊旗艦「ピョートル・ヴェリキー」黒海艦隊旗艦「モスクワ」が遥々極東まで来ましたが、むろん、北方艦隊司令部と黒海艦隊司令部は乗っていませんでした。
 
「アドミラル・クズネツォフ」は、以前はロシア海軍の旗艦と言われていましたが、むろん、ロシア海軍総司令部が乗り込んでいたわけではありません。
 
 
ロシアの地理的条件上、「艦隊旗艦」同士が会合する事は滅多に無かったのですが、2010年5月下旬、当時の北方艦隊旗艦「ピョートル・ヴェリキー」黒海艦隊旗艦「モスクワ」は遥々極東まで来航し、太平洋艦隊旗艦「ワリャーグ」と会合しました。
ただし、一緒に演習を行なう事は有りませんでした。
何故なら、「ピョートル・ヴェリキー」と「モスクワ」が極東演習に参加する前に、「ワリャーグ」はアメリカ訪問の為、極東を離れてしまったからです。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

>親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」

この名前を聞くと昔のヘリ空母を思い出します。
傑作!

2011/12/11(日) 午後 10:33 [ 小窪兼新 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事