全体表示

[ リスト ]

2011年12月23日、ロシア海軍の新型戦略原子力潜水艦K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」は、
潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「ブラヴァー」2発の一斉発射に成功しました。
 
イメージ 1
 

 
モスクワ、12月23日-ロシア通信社ノーボスチ
 
金曜日、原子力潜水艦「ユーリー・ドルゴルーキー」は、2011年国家飛翔試験プログラムの最後に、白海から2発の「ブラヴァー」ミサイル一斉発射に成功した。
ロシア国防省の代理人イーゴリ・コナシェンコフ大佐はロシア通信社ノーボスチに伝えた。
 
「白海の水中から発射したミサイルは、通常モードでカムチャッカのクラ射爆場まで飛翔し、戦闘ブロックは公正な制御により予定時刻に着弾しました」
コナシェンコフ
は述べた。
 
イメージ 3
 
彼によると、今回の試射の特徴は、正規の(ミサイル)搭載艦である第4世代プロジェクト「ボレイ」ロケット艦の1番艦(原子力水中巡洋艦「ユーリー・ドルゴルーキー」)から2発のミサイル一斉射撃を実施した事にある。
 
「ウラジーミル・シーリン1等海佐が指揮する原子力水中巡洋艦の乗組員は、半年で4度の大陸間弾道ミサイル"ブラヴァー"の試験を成功裏に実施し、優れた戦闘技量の伝統を証明しました」
国防省の代理人は語った。
 
海洋配置大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」の試験は2004年に開始された。
18回の試射のうち、11回が成功した。2011年は最も成功した。
潜水艦「ユーリー・ドルゴルーキー」による4度の試射は全て成功した。
 
それ以前の全ての試射は、このプロジェクトの下で特別に近代化された重戦略用途ロケット水中巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」(プロジェクト941UM「アクラ」)から実施された。
 
国防省は、複数回の試射で肯定的な結果が出た場合に、「ブラヴァー」「ユーリー・ドルゴルーキー」を同時に正式採用すると繰り返し述べてきた。
標準的な飛翔開発試験の手順によると、ミサイル複合体の一斉発射の後、採用が最終的に決定される。
(モスクワ時間2011年12月23日20時10分配信)
 

 
2010年以降、今回も含めると、弾道ミサイル「ブラヴァー」6回連続で発射試験に成功しています。
 
 
 
記事中で「試験は2004年に開始された。18回の試射のうち、11回が成功した」と書かれていますが
その内訳は以下の通りです。
 
1回目:2004年9月23日-成功
2回目:2005年9月27日-成功
3回目:2005年12月21日-成功
4回目:2006年9月7日-失敗
5回目:2006年10月25日-失敗
6回目:2006年12月24日-失敗
7回目:2007年6月28日-成功
8回目:2008年9月18日-失敗?
9回目:2008年11月28日-成功
10回目:2008年12月23日-失敗
11回目:2009年7月15日-失敗
12回目:2009年12月9日-失敗
13回目:2010年10月7日-成功
14回目:2010年10月29日-成功
15回目:2011年6月28日-成功
16回目:2011年8月27日-成功
17回目:2011年10月28日-成功
18回目:2011年12月23日-成功
 
このうち、1〜14回目(2004〜2010年の試験)が「タイフーン」級戦略原潜TK-208「ドミトリー・ドンスコイ」によって実施、15回目以降(2011年に実施された発射試験)が「ボレイ」級戦略原潜K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」によって実施されています。
 
K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」
イメージ 2
 
 
1〜14回目「ブラヴァー」発射試験に従事した「ドミトリー・ドンスコイ」は、既に「ブラヴァー」発射試験艦としての役割を終え、今後は別の試験を行なう為の試験艦として現役に留まり続けます。
 
 
次回(19回目)の「ブラヴァー」発射試験は、来年(2012年)5月下旬以降に実施される予定です。
 
モスクワ時間2011年12月24日13時52分配信
【続く「ブラヴァー」試射は2012年5月になると情報筋は伝えた】
モスクワ、12月24日-ロシア通信社ノーボスチ
 
ブラヴァー国家試験実施委員会の関係者は
「続く試射は、結氷状態を含む(白海の)気象条件が改善される2012年5月下旬以降になるでしょう」
「今後数日間で、昨日(12月23日)のミサイル一斉発射の検討が行われますが、我々は、このブラヴァーが近い将来にロシア海軍で採用されると確信をもって申し上げる事が出来ます」
と述べています。
 
 
なお、「ブラヴァー」Булаваとは、メイス(Mace)の事です。
メイスは、長い柄の先に球状の頭部が付いた殴打用の武器です。
 
ロールプレイングゲーム(RPG)では、主に神官(聖職者)の武器として登場します。
史実でも、キリスト教の神官が使っていました。
つまり、「神に代わって下す正義の鉄槌」という事です。

 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

6回連続の成功ですね。ミサイルの構造的な不具合や生産ラインの品質管理などの問題は全て解決したようですね。

確かもうそろそろ白海は氷で閉ざされると思いますので、一斉発射実験は来年の春以降ですね。そして来年中には正式採用が決まりそうですね。 削除

2011/12/24(土) 午後 9:18 [ ビクター ] 返信する

顔アイコン

仰る通り、次の発射試験は来年春になります。

12月24日のロシア通信社ノーボスチの記事
http://www.ria.ru/defense_safety/20111224/525014457.html
【次のブラヴァー発射は2012年5月になると情報筋は伝えた】

2011/12/24(土) 午後 10:41 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

「全力全壊」ではあまり都合がよろしくないのではないでしょうか…

そういうものだったら、すみません。 削除

2011/12/25(日) 午後 9:55 [ Sabi ] 返信する

顔アイコン

ロシア国内でも国外でも、これまでの経緯からブラヴァーに懐疑を抱く人々は多く、「ロシアの技術力の低下」などと言う人も少なくありませんでしたが、6回連続成功により、そういう連中を「全壊」させたという事です。

2011/12/25(日) 午後 10:02 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

それは失礼致しました
私の不十分な読解力にただ反省しきりです。

遅れましたが、いつも楽しみに拝見させていただいております。
そろそろ2011年も過ぎ行こうとしておりますが
来年もあなたに幸多からん事を。 削除

2011/12/25(日) 午後 10:52 [ Sabi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事