全体表示

[ リスト ]

現在、ロシア連邦軍は、徴兵制から志願制への移行を進めていますが、その一環として、ロシア海軍北方艦隊所属の大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラコフ」乗員が、初めて契約軍人(志願兵)のみになりました。

イメージ 1


モスクワ、2月3日-ロシア通信社ノーボスチ

北方艦隊の水上艦部隊の大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラコフ」は、初めて100パーセント契約軍人が乗っている。
金曜日、西部軍管区・北方艦隊の代理人ワジム・セルガ1等海佐はロシア通信社ノーボスチに伝えた。

以前、ロシア連邦大統領ドミトリー·メドベージェフは、近代的で設備の整った軍隊は、徴集兵を削減し、職業軍人により代替する首尾一貫性が必要であると述べた。
2017年までに、軍の契約軍人の数は42万5千人(現在の軍の兵力は100万名)に到達する必要がある。

「北方艦隊水上艦部隊の大型対潜艦ヴィツェ-アドミラル・クラコフの乗組員は、完全に契約職業軍人の兵卒と下士官で充足されています。
同艦の乗組員は、全て契約軍人が勤務しております」
セルガは述べた。

契約軍人のみを乗せた艦は、北方艦隊水上艦部隊の刷新であり、潜水艦では、この演習前に存在していた。

同艦隊の代理人は、2012年1月1日から増加した軍の手当金が、艦で勤務する候補者の質的な選択に寄与していると説明した。
「現在、契約軍人に支払われる給料は、北方艦隊の水上艦で勤務する場合、平均で6万ルーブルです」
代理人は指摘した。

メドベージェフは、以前の契約軍人と徴集兵の正確な割合は経験的に確立されると述べた。
国家元首は、バランスの取れた軍の序列編成の為に努力する必要があり、契約軍人の具体的な割合は毎年増加する事を指摘した。

最高司令官によると、我が国の人口状況だけではなく、職業軍人養成と軍人の士気が軍には必要である。
(2012年2月3日15時01分配信)

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

日本では徴兵制を過大評価する向きもありますが、装備の高度化、ハイテク化の足を引っぱるというんで、問題視もされていたんですよね。
(徴兵された兵は、兵役を終えるとほとんどが軍には残らない→いつまでたっても、軍には新兵に毛の生えたような未熟な兵しかいない→扱いに習熟を要するハイテク兵器を導入できない→湾岸戦争で、ソビエト製兵器がアメリカのハイテク兵器にメタクソに負けて引きつった)
ソビエト末期から志願制への切り替えは検討されていたと記憶していますが、志願兵オンリーの水上艦が初めてとは意外でした。

ところで久々のA.クラコフですが、艦橋上にキンジャールの管制レーダーが見当たりませんね。ヘリ格納庫上にはレーダー装備されているから、近代化改装の際にキンジャール自体は追加されたんでしょうが。
レーダーは一基だけで十分と判断されたのか、それとも、まさかの予算不足?

2012/2/5(日) 午後 8:22 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

確かに、「ポドカート」は1基しかありませんね。

ロシア語版ウィキペディアによると、「ヴィツェ-アドミラル・クラコフ」は、キンジャールの8連装垂直発射機を4基しか搭載していないそうです。

2012/2/5(日) 午後 8:58 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

早速のレス、ありがとうございました。
以前のKa-52の発着艦試験の画像( http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/43648176.html )を見ると、前甲板の発射機には蓋がされているようなので、キンジャールは後部のみ装備されているんでしょうか。

よくよく考えると、キンジャールも1世代前のミサイルになりつつあるし、現在の非対称戦や海賊狩りには無用の長物だし、フル装備する必要もないと判断されたかもしれませんね。
余裕があれば、前甲板にリドゥートを新たに装備するなんて手もあるんでしょうが、ゴルシコフ型の完成も間近な今となっては、今更でしょうね。

2012/2/5(日) 午後 9:41 [ bygzam_ma08s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事