全体表示

[ リスト ]

ロシア黒海艦隊所属の掃海艦「コヴロヴェッツ」は、アブハジア沿岸の海上境界線パトロールの為、セヴァストーポリを出港しました。

イメージ 1


動画ニュースサイト『TV-Zvezda』より。

2012年2月29日09時16分配信 

黒海艦隊掃海艦「コヴロヴェッツ」は、アブハジア沿岸での戦闘勤務に出発した。
1ヶ月間に渡り戦闘艦の乗組員は、水中の機雷の探知と除去に従事し、ロシア海上境界線を防衛する。

航海に出る前、乗組員は慎重に砲塔の試験を行ない、様々な掃海作業を行なった。

これは、アレクサンドル・プーゼフ先任中尉の最初の独立航海となる。
それは乗組員と艦の責任のみならず、北カフカース地域における国家安全保障の為である。


海洋掃海艦「コヴロヴェッツ」プロジェクト266M「アクヴァマリン」(アクアマリン)の1隻で1974年11月21日に就役しました。
就役時の艦名は「ナヴォードチク」でしたが、2000年に「コヴロヴェッツ」と改名されました。

海洋掃海艦「コヴロヴェッツ」
イメージ 2

現在はロシア黒海艦隊の第68艦艇旅団・第418掃海艦大隊に所属し、セヴァストーポリ南湾に駐留しています。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事